少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)

薀蓄(うんちく)2流、腕3流。ゴルフへの愛情だけは1流のゴルファーのブログ。ゴルフギア・メカの薀蓄や練習場の評価など、好き勝手書いてみます。

パター・パッティングについて考えてきたこと

 投稿日:2016年6月13日  カテゴリ:パター・パッティング


プチマニも来月で36歳。大雑把な言い方をすると30代後半になろうとしている。。。

30台後半といえば・・・最近のパット数・・・。そう、プチマニはパットがド下手なのである。


パットは奥深いし、それだけでブログを書いている人もいるジャンルだ。

ツアープロの試合をみていても、最後に勝敗を分けるのはパットだよなーと感じる。プロとアマチュアの一番の差はパッティングだという人すらいる。


参考 2015年度 日本女子ツアープロ 平均パット数。
https://www.lpga.or.jp/stats/putt/2015



1位は賞金女王の
イボミ選手で1.758。
ランキング下位の選手でも平均2は叩かないようだ。


ちなみに、(プチマニもそうだが)アマチュアが言うパット数は「グリーンの上でパッティングした回数」であるが、プロのパット数は、パーオンした場合だけのカウントである。

つまり、プロの場合は寄せワンなどのワンパットは平均パット数にカウントされていないのである。


寄せワンとかを含めた「グリーン上でパターを使った回数」でカウントすると、イボミの場合は平均1台前半くらいになりそうな予感・・・。







プチマニは自分でもパットが下手だということは認識しており、色々なパターをとっかえひっかえしてきた。今手元にあるものだけでも6本ある(^^;)

パター6本CIMG8963



従来からプチマニは、上手くならない理由の半分(以上?)は道具だと考える悪い癖がある(^^;)。

まぁ、本当はパットの練習を全然してないことが一番の要因なのだろうが・・・。しかし、毎日0時前後に帰宅するサラリーマンとしては、平日にパット練習する時間は残念ながらない。土日は家でパター練習をしようとすると息子がチョイチョイ邪魔をしてくるので、これまたなかなかできない。(はいはい、言い訳バッカリですよ・・・)


以前に紹介した素晴らしいパターマットも、なかなか使われる機会がないのだ(^^;)

スーパーベントパターマット (パターマット工房 PROゴルフショップ)★最高評価獲得 【練習器具5】
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-216.html




練習量が確保できないならば、なるべく少ない練習量で安定したストロークができる道具や方法を探そうではないか!というのがプチマニの思考回路なのである(^^;)




パットについて、主に論点を整理してみると・・・

(1)打ち方

(2)道具

(3)ラインの読み方

(4)練習方法・練習道具
 

の4つくらいに分類できるかと思う。


このうち、(1)打ち方 (2)道具 についてプチマニが思いつく範囲で書いてみると・・・



(1)打ち方

 ①グリップ方法(握り方)
 ②スイング軌道(まっすぐ引いてまっすぐ出すか、インサイドインか)
 ③強弱はふり幅かタッチの強さか
 ④テークバックとフォローの長さ



(2)道具
 ①形状(ピン型、マレット型等)
 ②長さ
 ③重さ
 ④グリップ(道具)の種類
 ⑤ロフト角
 ⑥シャフトの入り方


などが挙げられるかと思う。



(1)打ち方 と(2)道具 は表裏一体の関係にある場合も少なくないと
思う。


さて、今回はプチマニがゴルフを始めた当時から考えていることに絞って書いてみたいと思う。


(1)打ち方の論点

プチマニを一番悩ませてきたのは、②スイング軌道の論点である。

世の中には「まっすぐ引いてまっすぐ出す派(ストレートトゥストレート派)と「開いて閉じる(インサイドイン)派」の2大勢力が存在する。

物理的には多少のインサイドイン軌道になっているのだろうが、両者の主な違いは個々人の意識ではないかと思う。

プチマニは自分ではストレート派だと思っていたが、PINGのアプリで計測すると、多少のフェースローテーションがある分類と診断された。(PINGのアプリについては話がそれてしまうので、また後日機会があれば・・・)

プチマニは、普通のスイング(ウッドとかアイアン)については、フェースローテーション意識する派・必須派なのだが、パットに関してだけは、フェースローテーションは極力抑えるほうがよいのではないかと考えている。

パットはショットと違って飛ばす必要はなく、ショットと比べ物にならないくらいフェースのちょっとした向きが大事なのだから、あまり積極的にローテーションすべきではないと思うのだ。(上級者で「そうじゃないよ」という人も多数いらっしゃるかと思うが、一素人の意見として生暖かく見守ってほしい)

まっすぐ引いてまっすぐ打出すには、クラブを吊るす様にストロークする方法が、プチマニは打ちやすいと感じている。


(2)道具の論点
①ライ角

皆様はパターのライ角は気にしたことはあるだろうか?

ルール上は、パターのライ角は80度以下でなければらないされている。

厳密には

通常のアドレスポジションをとってクラブを置いたときに、シャフトは次のようになるように整えられなければならない:(i)トーとヒールを貫く鉛直面へのシャフトの真っ直ぐな部分の投影は、その鉛直線に対し10度以上なければならない


ゴルフ規則 付属規則Ⅱ クラブのデザイン (JGAのHP)
http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/rulebook/ch420/ch420.html



まぁ80度キッチリだと誤差もあるだろうから、79度以下の設定にするのが無難だろう。


真偽は確かではないが、昔はライ角90度のパターを使用したゴルファーがパットをガンガン決めまくったから難しくするためにルール変更されたとの情報もある。


単純に考えても、
ライ角がアップライトであればあるほど、まっすぐ引いてまっすぐ打ち出すストロークはしやすいことになる。

前述のようにパターを吊るす様に構えてストロークするには、ライ角はなるべくアップライトのほうがヒールの浮きを押さえられるため打ちやすいのだ。

仮にライ角が30度くらいのクラブがあるとすれば、まっすぐ打ち出すのは非常に難しそうなイメージはできるだろう。



現在、市販されているパターのライ角の平均は70度~72度程度である。

軟鉄鍛造のアイアンを使い、FWもライ角調整が可能なクラブを使うプチマニは、当然ながらパターのライ角も色々試行錯誤してきた。

プチマニは今までアップライトなパターを探求して、超マイナーメーカーのライ角75度のパター。(今はお蔵入りしているがw)を購入したこともある。しかし、それでも75度だ。

インターネット上ではプチマニと同じような考えでライ角79度を目指したツワモノも存在したが、クラブが折れるリスクを含んで強引に曲げるしか方法はないようだ。。。


うーん、なぜメーカーはライ角をルールスレスレまで調整したパターを発売しないのだろうか?

前述のまっすぐ引いてまっすぐ打ち出すというストロークを前提にすると、ライ角はなるべくアップライト(ルール上限の79度)のクラブのほうが打ちやすいではないか

さらに、できれば79度で固定されたクラブではなく、自分に合ったライ角をみつけることができる(調整できる)クラブが理想なのではないか?と考えるようになった。


②重量

ゴルフを始めた当初から、世の中のパターはなぜこんなに軽いのだろう?と思っていた。
ある程度重量があったほうが、安定したストロークができるのではないかと、ゴルフを始めた直後のド素人時代から感じていた。


このような考えのもと、超マイナーメーカーの850gのパターを購入したことがある(^^;)

しかし、確かに重さがあるほうがストローク軌道は安定するのだが、強弱のタッチが難しくなった。よって、この超重量パターもお蔵入りすることになった。

うーん・・・重すぎてもダメか・・・重量調整できるパターが理想なんだけどなー。


今までこんなような事を考えながら色々なパターを試してきたが、冒頭に書いたとおり1ラウンドのパッティング回数が40に迫る勢いのラウンドが続いているのである。


しかし最近、プチマニが理想とするようなパターがあることを知った。


ライ角も重さも調整することができ、フェース全面がスイートスポットという夢のようなパターだ。

パターは個体差も大きいので現物を見てから買うのがプチマニの自分に課したルールなのだが、思わずネットでポチってしまった。


そんな夢のようなパターとは・・・












































これだ!

【続編】 Cure Putters (キュアパター) RXシリーズ ★最高評価獲得★
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-242.html





パット練習にオススメ



関連記事
ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
きっとキュアパターかなー。(^^)

僕が思いますには、パターを決めたら変えずにストロークとかあらゆる場面での感覚とか経験値とかをフィードバックしながら蓄積していくのが良策のように思えてなりません。
パター変える度に距離感とか真っ直ぐとかの感覚が変わっちゃいませんか?
[ 2016/06/13 13:42 ] [ 編集 ]
Re:
>やきそばパンZさん

毎度!
正解です!さすがですね(^^)

おっしゃるとおり、道具はころころ変えるべきじゃないんですよね。私もパター以外は何年も買い替えしないのですが、パターだけはゴルフショップに寄るたびに物色していたくらいです(^^;) 
キュアパターでパター探しの旅も終わりにしたいものです!
[ 2016/06/15 03:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
最新記事
ポチっと応援よろしくです!
プロフィール

TOMO

Author:TOMO
ゴルフ業界とは無関係なサラリーマンゴルファーです。
よろしくお願いします(^^)ノ
【居住地】 埼玉県さいたま市
【出身地】 石川県金沢市
【年齢】 35歳(1980年生まれ)

Twitter(ツイッター)
アメブロの「なう」みたいに使ってみます
タグ

評価・評判・口コミ・感想 おすすめ商品 ゴルフコース ☆意外とオススメ記事 東京都の練習場 アイアン 千葉県 23区内の練習場 AF-502 アコーディア・ゴルフ関連 石川県 地元 遠藤製作所(エポンゴルフ) EPON(エポン) 金沢市 購入記 ☆マニア向け記事 ゴルフ業界・ニュースの考察 筋トレ・飛距離アップ・ダイエット 正月 ゴルフの小物・アクセサリー 千葉県のゴルフ場 PGM オススメ度5つ◆の練習場 実測100ヤード以上の練習場 YUPITERU(ユピテル) 実測150ヤード以上の練習場 シャフト コンペの賞品(景品)にお薦め 実測200ヤード以上の練習場 TOB 埼玉県の練習場 ヘッドスピード測定器 痛い HS計測器 アルバトロスビュー 食べログ 足裏マッサージ・足ツボマッサージ 2ピースレンジボール採用のゴルフ練習場 ゴルフ社会学 東京都港区 人間ドック タイトリスト(TITLEIST) バリウムと胃カメラ アクアライン アニメのキャラクターのヘッドカバー ドクターフット(Dr.foot) ゴルフコンペ 六本木ヒルズクリニック GPSナビ計測器 会社の人とのラウンド 友人とのラウンド GPSゴルフナビ測定器 芸能人が来ると噂の練習場 石川遼 ゴルフフィールズ(QP) 朝日ゴルフ グリップ カシオエクシリムFC300S ダイナミックゴールド(DG) AGN3400 ハイスピードデジタルカメラ ショットナビアドバンス(Shot ゴルフのリスクマネジメント スパイン調整 ウェッジ 振動数 イーグルビジョン(EAGLEVISON) MODUS3(モーダス3) 目黒区の練習場 江東区の練習場 エポン(EPON)のアイアン比較 石川県の練習場 ゴルフ福袋 千葉県の練習場 トラックマン AF-tour 川崎市の練習場 プロアバンセ ロイヤルグリップMW ブリヂストン 三浦技研 ゴルフと麻雀の共通点 東京都のゴルフ場 910F カシオ(CASIO)のハイスピードデジカメ 栃木県 キャディ PING(ピン) ゴルフフィールズ(QP) PING(ピン) アイアン選びの5か条 宮里藍 虎屋(とらや)のホールインワン最中 バイク 和光市の練習場 学生時代 東京都 GST-2とGST-3とGST-4 AF-302 AF-702 PRGR(プロギア) オススメ度5つ◆のショートコース AF-503 本当の飛距離 試打 高津区の練習場 神奈川県の練習場 金沢市の練習場 木更津市のゴルフ練習場 栃木県のゴルフ場 千葉県のショートコース ショートコース ゴルフ練習場の閉鎖 木更津市 埼玉県のゴルフ場 フェアウェイウッド(FW) トリビア 大田区の練習場 コンペの幹事 立体で見えやすいボールマーカー WGSL さいたま市南区の練習場 ハーフラウンド 河川敷ゴルフコース GST-5GとGST-5GLとGST-5WとGST-6Wの違い(比較) QP 早朝ラウンド 神奈川県 長野県 軽井沢 東京都江東区 世田谷区の練習場 さいたま市中央区の練習場 大井町 調布市の練習場 ふじみ野市の練習場 千葉ゴルフフェスタ 野々市市の練習場 野田市の練習場 品川区の練習場 埼玉県 墨田区の練習場 港区の練習場 GST-2 石川県のゴルフ場 江戸川区の練習場 新宿区の練習場 北区の練習場 レッドアイズポケット GST-3AとGST-3BとGST-3Gの比較(違い) 諸藤正次 ボールラインマーカー NO1グリップ ゼクシオ 福島晃子 新座市の練習場 練馬区の練習場 所沢市の練習場 Nsプロ950 タイガー・ウッズ 長野県のゴルフ場 コンペの賞品(景品)にお勧め 松山英樹 ゴルフクラシック 新潟県 株主優待 価・評判・口コミ・感想