少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)

薀蓄(うんちく)2流、腕3流。ゴルフへの愛情だけは1流のゴルファーのブログ。ゴルフギア・メカの薀蓄や練習場の評価など、好き勝手書いてみます。

5回目の人間ドック @春日クリニック ~今年は鼻からの胃カメラに挑戦!~ (胃カメラVSバリウム比較表確定版付)

投稿日:2015年11月20日  カテゴリ:体のケア


「体のケア」カテゴリファン?の皆様、お待たせである。
この時期恒例の、人間ドックの記事のお届けだ。

↓以前の記事はコチラ↓

初めての人間ドック @六本木ヒルズクリニック
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-63.html

2回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~胃カメラへのリベンジ~
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-120.html

3回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~今年はバリウムに挑戦~
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-179.html

4回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~セデーション+胃カメラ最強説に異変あり!?~
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-203.html


人間ドックの記事はゴルフとは直接的には関係がないのだが、ゴルフを楽しくプレイするには身体が健康であることは必須なので、間接的には関係しているとも言えよう(無理矢理(^^;))





人間ドックは過去4回受けたことがあり、全て六本木ヒルズクリニックを選択していた。

しかし、今年は受ける場所を変更してみた。
(場所は、勤務先の健保が提携している病院・クリニックの中から自由に選択できる。)

今年選択したのは、記事タイトルにもある文京区小石川の春日クリニックである。

春日クリニック 人間ドック公式HP
www.kasuga-clinic.com/


クリニックを変えた最大の理由は、口からの胃カメラではなく、鼻からの胃カメラを経験したかったからだ。(六本木ヒルズクリニックは口からの胃カメラのみ。春日クリニックは口と鼻と選択可能)

人間ドック初心者?のために、胃の検査の種類をまとめておくと・・・

①バリウム

②胃カメラ(口から)

③胃カメラ(鼻から)


の3種類がある。

バリウムは(ほぼ)全ての病院やクリニックで選択が可能であるが、胃カメラについてはそもそも対応していないクリニック等も存在するので事前に確認が必要だ。

また、胃カメラは口と鼻を選べる場合でも、施設によってはどちらか択一であることが多い。
(今回の春日クリニックのように口と鼻を選択できるクリニックは稀である。)

費用面については、胃カメラを選択する場合は追加料金になる場合とそうでない場合があるので、各クリニックに尋ねてほしい。
(六本木ヒルズクリニック、春日クリニックともに、私の健保の場合は追加料金が不要であった。)





そして、カメラを使う場合には「セデーション」という軽い全身麻酔を選択できる病院・クリニックもある。

対応している施設でも追加料金が必要な施設とそうでない施設があるので、予約時に確認が必要である。
(ちなみに、六本木は追加料金必要でセデーション対応可、春日クリニックはそもそもセデーション対応なし)




今回は、昨年のセデーション+口からの胃カメラを選択したものの麻酔が効かずに拷問を受けた苦い経験があるので、そもそも六本木ヒルズクリニックのセデーションには抵抗があったし、鼻からの胃カメラを経験せずに人間ドックを知り尽くした顔をして語ることに自分自身納得できないところもあるので、自らの体を張ってみたのだ(^^;)



なお、鼻からの胃カメラの選択は、決してブログネタとしてのマンネリ化の回避が目的では無い点は強調しておきたい。本当ですよ笑。


というのも、初めて人間ドックを受ける方は、不安から胃カメラとバリウムについて色々な人に相談するものだ。

しかし、①バリウム ②胃カメラ(口から、全身麻酔なし)、③胃カメラ(鼻から、全身麻酔なし)、④胃カメラ(全身麻酔あり)の4種類を全てを経験している人は稀である。

多くの人は①バリウムだけで逃げ続けたり笑、④全身麻酔の胃カメラのみで、拷問を受けた経験が無かったりするものである。

つまり、胃の検査について客観的に語れる経験豊富な人材が、日本には不足しているのである笑

そこでプチマニは自己犠牲の精神から?皆様に役立つ情報を提供しようと過去4年様々な経験を積み、時としては拷問とわかりながらも苦痛を受け入れてきたのである。

そしてこの度、鼻からの胃カメラを経験することにより胃の検査については一通りコンプリートした貴重な人材になれたと自負している。

各検査の辛さ度合いとメリット・デメリット等については、この記事の最後に表でまとめるので楽しみにしてほしい。



~検査当日

前日までに検便と問診表を埋めておき、検査当日に検尿を取ってから春日クリニックに向かう。


春日クリニック マップ 
住所は文京区小石川1-12-16TGビル


電車でのアクセスの場合は、

都営地下鉄三田線・春日駅 徒歩1分
都営地下鉄大江戸線・春日駅 徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線・後楽園駅 徒歩8分
東京メトロ南北線・後楽園駅 徒歩5分

とのことである。



春日クリニックIMG_0441
私は一番遠い、丸の内線の後楽園駅より向かった。


春日クリニックIMG_0444
文京シビックセンターを右手に見ながら歩いていくと





春日クリニックIMG_0446
春日クリニックの登場だ。


建物は8階建てで、ほぼこのビル一棟全体が人間ドック専用の建物である。

一般の人間ドックの受付は5階である。
(なお、建物内は撮影禁止だったので、あらかじめご了承願いたい。)

 


受付フロアの5階に到着すると、その人の多さに驚いた。
8時過ぎに行ったのだが既に50人以上が待機しており、私の受付番号も100番に迫る勢いであった。
(1日に200人以上は捌いているものと思われる。。。)


なお、今日は鼻から麻酔の胃カメラだったのだが、問診表には「鼻から入らない場合(鼻の穴が小さすぎる等1割くらいの人が鼻の胃カメラが物理的に不可能らしい)は、口からの胃カメラに変更する」と記載があった。

なので、万が一鼻の胃カメラが通らなかった場合は、口からではなくバリウムにしてもらうよう、あらかじめお願いしておいた。
(セデーションなしの口から胃カメラは拷問ですからね(^^;))





受付を済ませると、1つ上の6階に上がって着替えをし、2つ上の8階で検査を受ける。

検査内容は、身長・体重や、眼圧、採決、肺活量、聴力など基本的なものが中心だ。

プチマニの基本的データの備忘しておこう。

■身長
178.7cm(前年比1cmアップ笑)
インチキはしていないので誤差だと思われる。

■体重
→72.3kg(昨年より3kgくらい減少)
ベルトサイズは大きくなっているのに、なぜか昨年から体重は減少。。。


なお、六本木ヒルズクリニックには標準でついていたMRIは、春日クリニックにおいては追加オプションの対応のようだ。
(私の健保の場合だと思われるが・・・この点は、六本木ヒルズクリニックに分があるかな。。。)




~鼻からの胃カメラ検査~

8階から4階に移り待機する。いよいよ、胃カメラ検査である。


鼻からの胃カメラの手順としては

①鼻の穴を広げるスプレーを両方の鼻の穴にされる
 →痛くはない。耳鼻科にあるネブライザーのような感じ。

②胃の泡を取る液体のクスリを飲む(おちょこ1杯程度)

 →ちょっと酸っぱいが問題なし。

③ジェル状の麻酔を、通りの良い方の鼻から注入
 →鼻を通って喉に達すると結構ヒリヒリするが、我慢可能。

④③で麻酔を入れた方の鼻の穴に、通りをよくするためのチューブを通す
 →痛いかと思いきや、スルスルーっと入り殆ど痛くない!

これで楽勝かなーと印象を持ち、内視鏡検査室に入ったのだったが



・・・・・・・・。



プチマニが見たのは予想よりも太めのチューブであった。
口より鼻の方が細いと聞いていたのに・・・(^^:)

まぁ、ここまで来てグダグダ言っても何も始まらない。
言われるがままに左腹を下にして横になる。











チューブが接近してくる。。。

















スルスル・・・(おぉ、意外と行けるか・・・!)
















コツッ。(痛っ・・・けどガマンガマン)








チューブが鼻を通過している間はガマン可能だったのだが、喉に差しかかったときだった。。。






プチマニ  「オッエーーーーーーxdfdfdsふぁ;ldkjfd」

医師&看護師  「リラックスして、呼吸しましょう、ゆっくり呼吸しましょう!」

プチマニ 「うxg;dfdjふぁ;lkjだふぁl;j」

医師&看護師  「呼吸が早くなってますよ、ゆっくり深呼吸しましょう!」

喉に刺さるような痛みが襲ってくる。






チューブが喉を通過し、胃の中に入っていったときも

プチマニ  「ゲプーーーーーー、おぇおせおぇふぇふぁふぁ」

医師 「順調ですよ、プチマニさん胃の中キレイですよ~^^」

プチマニ  「ゲプーーーーーー、おぇおせおぇふぇふぁふぁ
と30秒に1回くらいゲップと吐き気が襲ってくるのである。





とこんな感じで、ヨダレダラダラで約5分強の戦闘が終了である。

ただ、今回は前回と違って殆ど涙もでなかったし、目の周りが内出血することもなかったのは良かった。



~胃カメラVSバリウムの結論(確定版)~

ということで、お待ちかねの結果発表だ。

①バリウム

②胃カメラ(鼻から、全身麻酔なし)

③胃カメラ(口から、全身麻酔なし)

④胃カメラ(全身麻酔あり)

の4つの比較の結論を述べていこう。




まず、苦しくないという意味でのオススメ度合いは、以下の通りである。


①セデーション+胃カメラ(ハマった時)>>>>>>>>>>>②バリウム>>>>>(越えられない1つ目の壁)>>>>>③鼻だけ麻酔の鼻からの胃カメラ>>>>>越えられない2つ目の壁)>>>>>>>>④喉だけ麻酔の口からの胃カメラ(セデーションが効かなかった場合も同様)


①セデーション+胃カメラ 

これは、評価が難しい。
麻酔がしっかり効けば全く苦しくないし、効かなければ(追加料金を払って)拷問を受けるという最悪の結果になってしまう。


セデーションが効いた場合は、「2回目の人間ドック」をご参照いただきたい。

2回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~胃カメラへのリベンジ~
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-120.html


セデーションが効かなかった場合は、「4回目の人間ドック」をご参照いただきたい。

4回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~セデーション+胃カメラ最強説に異変あり!?~
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-203.html


そもそも、六本木ヒルズクリニックの場合では、このセデーションはあまりオススメしていないようだ。
というのも、非常に稀ではあるが、合併症や死亡事例があり、リスクはゼロではないからだ。
あくまでも患者の強い希望があった場合に応じるということで、セデーションの選択肢を用意しているというスタンスである。

それから、六本木ヒルズクリニックはあくまでも「クリニック」であるから、そんなに強い麻酔にしているわけではなさそうだ。万が一の場合はやはり病院などに駆け込む必要があるため、強めの麻酔を希望するのであれば総合病院の方が良いのかもしれない。



②バリウム
 ゲップを我慢したり、その後お腹がゆるくなったりするのは気持ち悪いが、それほど辛くは無い。

詳しくは 「3回目の人間ドック」をご参照いただきたい

3回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~今年はバリウムに挑戦~ (胃カメラとの比較表付)
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-179.html

ちなみに、六本木ヒルズではバリウムと胃カメラを交互にするのが理想といわれたが、春日クリニックでは胃カメラの方が精度が高いので、できるだけ毎年胃カメラにしたほうがよいとのこと。この辺はクリニックや院長の方針によるものか。



③鼻だけ麻酔の鼻からの胃カメラ

④の喉だけ麻酔の口からの胃カメラに比べるとマシであるが、かなり拷問ではある。
詳細はこの記事を読み返していただきたい。

個人的には、鼻の胃カメラと口の胃カメラ(共にセデーションなし)の辛さの程度は、口からの胃カメラの辛さを10とすると、鼻からの胃カメラは6前後という感じである。

両者の違いは2点。

1つ目は、喉に突き刺さった感じの痛み強さと長引き方の違い。
口からの胃カメラは本当に喉に何か刺さっているような痛みであり、当日だけではなく3~4日痛みが残ることが多い。
コレに対し、鼻からの場合は、当日は若干違和感があるものの、残るような痛さはないのである。
(もちろん担当する医師の腕にもよると思うが)


2つ目は、やはり鼻の胃カメラは口からの胃カメラに比べて細いカメラを使っているからだろう、胃の中を見ている最中の辛さも2割程度は軽減されている印象である。
(これはプチマニが何回も経験しているから慣れてきているからかもしれないが・・・)




春日クリニックの案内では、口からと鼻からの胃カメラの違いはこのように解説されていた。


春日クリニックIMG_0438 

★経口内視鏡
 長所 ・カメラが大きいため画質が鮮明で、検査時間が多少短い
     ・生検などの処置が容易    
 短所 ・嘔吐反射が起こることがある →99%の人は発生すると思う
     ・検査後1時間は飲食不可   →1時間どころか数日痛みが残ることがある

★経鼻内視鏡
 長所 ・嘔吐反射が少ない   → あくまでも口からの胃カメラとの比較の話。
     ・検査中に会話が可能 → プチマニは呼吸が精一杯で会話は不可能だった(^^;)
   
 短所 ・画質がやや暗く検査時間が長い → とはいっても胃カメラに比べても1~2分程度
     ・生検などの処置がしにくい
     ・鼻血や鼻の痛みが起こることがある。
     ・鼻から挿入不可能な人もいる(1割程度)


正直なところ、鼻の胃カメラは口の胃カメラ以上に個人差があると思う。
というのも、口からの胃カメラの場合は、そもそも管が通らないことはないし、あとは個人の痛みに対する許容度・強さだけが評価の基準となる。

一方で、鼻からの胃カメラの場合は、そもそも鼻の大きさの関係で10%程度の人は検査ができないし、そうでなくても鼻の穴が小さい人や鼻の粘膜が弱い人は鼻血がでてしまったりと、鼻の中の痛みの程度が人によって大きく異なると推測される。



④喉だけ麻酔の口からの胃カメラ

拷問である。

 「初めての人間ドック」もご参照いただきたい

初めての人間ドック @六本木ヒルズクリニック
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-63.html




セデーションが効かなかった場合も結果的に④となる。

詳細は、「4回目の人間ドック」をご参照いただきたい。

4回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~セデーション+胃カメラ最強説に異変あり!?~
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-203.html



表にもまとめてみたので、ご参照いただきたい。 
胃カメラセデーションの比較(春日C)  

 この表が、これから人間ドックを控える方に少しでも参考にしてもらえると大変幸いである。

体のケア カテゴリ一覧に戻るにはコチラから
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-8.html




~人間ドックのランチ券について~

人間ドックは、クリニックによってはランチ券をプレゼントしてくれるところもある。

例えば、六本木ヒルズクリニックは隣のグランドハイアットホテルのランチ券をくれる。

今回春日クリニックを選択したのも、そこを重視した結果だった。

鼻からの胃カメラを実施しているクリニックの有名どころでは、ミッドタウンクリニックなどが挙げられる。
しかし、ミッドタウンクリニックでは、プチマニの勤務先の健保ではランチ券が何もついておらず訪問するモチベーションがあげられなかったのだ。


その点、春日クリニックは地元のお店と提携して、人間ドック利用者に美味しそうな人間ドック専用のメニューを提携している。

春日クリニック プレミアムランチサービス
www.kasuga-clinic.com/doc/lunch.html

鉄板焼growの食べログの評価
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13139756/


プチマニは諸事情で昼まで待てなかったので、代替のシェフグルメカード1,000円分をいただいた。

春日クリニックIMG_0456


また、ビルの1階に、クロワッサンやバナナ、コーヒーなどの軽食が用意されており、人間ドック利用者は診断後、自由に利用できるのも嬉しいサービスである。
(このサービスを考えると、シェフグルメカードの方がコスパは高いかも笑)




春日クリニックは全般的に段取りもよく、全体で2時間程度で検査を終えることができた。
建物も人間ドック専用の建物で内装も美しく、気持ちよく受診することが可能だ。

ただ、フロアのいったりきたりがちょっと面倒なのと、セデーションが対応していない点などが今後の課題かなーと思われる。

検索用) 春日クリニック 文京区 人間ドック ランチ セデーション 全身麻酔 胃カメラ バリウム比較  どちらが オススメ 評価 評判 感想 口コミ 体験記 体験談 


関連記事
ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
[ 2015/11/20 00:15 ] 体のケア | TB(0) | コメント(2)
初めまして、いつも楽しく読ませて貰ってます。

プチマニさんの仰る1から4のすべて経験してます。
胃カメラは、もうひとつ方法が在りますよ。
口から、鼻用の胃カメラを入れるんです。
喉の麻酔だけでも、此れが一番楽でした。
(私の経験です)
[ 2015/11/27 22:00 ] [ 編集 ]
Re:
>k-maさん

コメントありがとうございます!

なんと!5つ目の方法があったのですか!
私もまだまだ経験不足でしたねー(^^;)
[ 2015/11/29 10:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
最新記事
ポチっと応援よろしくです!
プロフィール

TOMO

Author:TOMO
ゴルフ業界とは無関係なサラリーマンゴルファーです。
よろしくお願いします(^^)ノ
【居住地】 埼玉県さいたま市
【出身地】 石川県金沢市
【年齢】 35歳(1980年生まれ)

Twitter(ツイッター)
アメブロの「なう」みたいに使ってみます
タグ

評価・評判・口コミ・感想 おすすめ商品 ゴルフコース ☆意外とオススメ記事 東京都の練習場 アイアン 千葉県 23区内の練習場 アコーディア・ゴルフ関連 地元 石川県 AF-502 金沢市 EPON(エポン) 遠藤製作所(エポンゴルフ) 購入記 筋トレ・飛距離アップ・ダイエット ゴルフ業界・ニュースの考察 ☆マニア向け記事 千葉県のゴルフ場 実測100ヤード以上の練習場 PGM オススメ度5つ◆の練習場 ゴルフの小物・アクセサリー 正月 実測150ヤード以上の練習場 シャフト コンペの賞品(景品)にお薦め YUPITERU(ユピテル) ヘッドスピード測定器 TOB 痛い 埼玉県の練習場 実測200ヤード以上の練習場 HS計測器 アルバトロスビュー 2ピースレンジボール採用のゴルフ練習場 ゴルフ社会学 タイトリスト(TITLEIST) バリウムと胃カメラ 食べログ 人間ドック 足裏マッサージ・足ツボマッサージ 東京都港区 アクアライン 六本木ヒルズクリニック ゴルフコンペ 会社の人とのラウンド ドクターフット(Dr.foot) GPSナビ計測器 友人とのラウンド アニメのキャラクターのヘッドカバー GPSゴルフナビ測定器 芸能人が来ると噂の練習場 ゴルフフィールズ(QP) 石川遼 ハイスピードデジタルカメラ 朝日ゴルフ カシオエクシリムFC300S ダイナミックゴールド(DG) 振動数 グリップ イーグルビジョン(EAGLEVISON) スパイン調整 ゴルフのリスクマネジメント ウェッジ ショットナビアドバンス(Shot トラックマン AGN3400 MODUS3(モーダス3) 目黒区の練習場 江東区の練習場 千葉県の練習場 エポン(EPON)のアイアン比較 ゴルフ福袋 石川県の練習場 AF-tour 910F 三浦技研 高津区の練習場 和光市の練習場 カシオ(CASIO)のハイスピードデジカメ 栃木県 プロアバンセ ロイヤルグリップMW ゴルフと麻雀の共通点 東京都のゴルフ場 ゴルフフィールズ(QP) 虎屋(とらや)のホールインワン最中 PING(ピン) 宮里藍 PING(ピン) アイアン選びの5か条 キャディ バイク ブリヂストン 学生時代 東京都 GST-2とGST-3とGST-4 AF-702 PRGR(プロギア) AF-503 オススメ度5つ◆のショートコース 大田区の練習場 本当の飛距離 AF-302 神奈川県の練習場 川崎市の練習場 金沢市の練習場 木更津市のゴルフ練習場 試打 栃木県のゴルフ場 千葉県のショートコース ショートコース ゴルフ練習場の閉鎖 埼玉県のゴルフ場 トリビア コンペの幹事 木更津市 立体で見えやすいボールマーカー フェアウェイウッド(FW) GST-5GとGST-5GLとGST-5WとGST-6Wの違い(比較) QP 軽井沢 千葉ゴルフフェスタ さいたま市南区の練習場 早朝ラウンド 河川敷ゴルフコース ハーフラウンド 大井町 東京都江東区 世田谷区の練習場 神奈川県 長野県 WGSL 調布市の練習場 さいたま市中央区の練習場 タイガー・ウッズ 野田市の練習場 野々市市の練習場 野田市のゴルフ場 品川区の練習場 諸藤正次 墨田区の練習場 GST-2 レッドアイズポケット 石川県のゴルフ場 江戸川区の練習場 新宿区の練習場 北区の練習場 GST-3AとGST-3BとGST-3Gの比較(違い) 港区の練習場 埼玉県 ボールラインマーカー NO1グリップ ゼクシオ 新座市の練習場 福島晃子 練馬区の練習場 所沢市の練習場 Nsプロ950 新潟県 コンペの賞品(景品)にお勧め 松山英樹 長野県のゴルフ場 ゴルフクラシック ふじみ野市の練習場 株主優待 価・評判・口コミ・感想