少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)

薀蓄(うんちく)2流、腕3流。ゴルフへの愛情だけは1流のゴルファーのブログ。ゴルフギア・メカの薀蓄や練習場の評価など、好き勝手書いてみます。

3回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~今年はバリウムに挑戦~ (胃カメラとの比較表付)

投稿日:2013年12月19日  カテゴリ:体のケア


「体のケア」カテゴリファン?の皆様、お待たせである。
前回に引き続き、人間ドックの記事のお届けだ。

↓以前の記事はコチラ↓

初めての人間ドック @六本木ヒルズクリニック
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-63.html


2回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~胃カメラへのリベンジ~
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-120.html


なお、今日の記事はゴルフとは直接的には関係がないのだが、ゴルフを楽しくプレイするには身体が健康であることは必須なので、間接的には関係しているとも言えよう(無理矢理(^^;))


前回・前々回に引き続き、人間ドックの舞台として今回も選んだのは六本木ヒルズクリニック。


さて、前回(2回目)の人間ドックで「セデーション(軽い全身麻酔)+胃カメラが最強」と結論付けたのだが、今回はバリウムを選択した。

これには大きく3つの理由がある。

理由① 胃カメラでは発見できない、つまり、バリウムだからこそ発見できる病気が存在するらしい。

理由② バリウムを経験せずに「セデーション+胃カメラが最強」と結論付けてよいのかという葛藤。

理由③ セデーションだと、5,250円の追加料金の負担が発生してしまう。


今回はドック前日に、電話で「セデーション+胃カメラ」→「バリウム」の変更をお願いしOKの返事をいただいた。

しかし、「バリウム」→「セデーション+胃カメラ」の変更は、モニタリングする医師の準備やしばらく寝ておくスペースの確保等の問題があるので、 恐らく受け付けてもらえないと思う。

なお、直前で変更したのは、あくまでも上記3つの理由によるものであり決して「ブログネタとしてのマンネリ化の回避」が目的ではない点は念押ししておこう。(実はコレが一番大きな理由だったりして・・・(^^;))



今回もいつも通り、自宅からバスで六本木ヒルズに向かう。



CIMG0987.jpg
朝の時間帯といえど、ヒルズ行きのバスは15分に1本くらいしか走っていない路線もあるので、出発時間は要確認である



CIMG5410_R.jpg
六本木ヒルズ到着(昨年の使いまわしの写真です(^^;))



六本木ヒルズクリニックは、六本木ヒルズの6階にあるのだが、一般診察の入り口と人間ドックの入り口は異なっている点にご注意いただきたい。

CIMG0992.jpg
一般の入り口


CIMG0998.jpg
人間ドック専用の入り口



CIMG0997.jpg
中では繋がっているようだ。




毎度のことながら、ロッカーで着替えをする。


CIMG0989.jpg
このロッカーは本当に狭い(^^;)







CIMG0991.jpg
メタボチェック用のメジャーも置いてある(不使用)笑


CIMG0990.jpg 
メタボの測定方法





例年通り、様々な健診を受ける。

印象に残ったものを書いてみると・・・・

■身長
178.4cmにUP(前年比0.8mmプラス笑)誤差だろうか?
なお、2年前は178.3cmとの記録が残っていた。
続けて同じところで受けていると、履歴が見れるので便利である。

いつも実際より低い身長に見られるので自称177cmだったのだが、178cmに訂正しようかな・・・。

■体重
→73.5kg(昨年より1.5kgくらい増加)
また増量(^^;) うーん、忘年会シーズンだしなー、という言い訳をしてみる。
本当は仕事も11月の方が12月より忙しくないので、来年からは11月に受けるようにしよーっと。

■眼圧検査
→プチマニ君が非常に苦手としている検査である。
風が来るとわかっているので、怖いのなんのって(^^;)
今回は看護師さんが、瞼を押さえてくれた笑

■肺活量検査
→鼻を押さえる道具を使わず、手で鼻をふさいで吐いてみた。
  

ちなみに、この六本木ヒルズクリニック、この肺活量の検査だけ男性の看護師さんなのである。
女性ばかりの職場だと大変そうだが・・・(^^;)?
六本木ヒルズクリニックには、女性専用の人間ドックDAYもあるのだが、その時はこの男性の看護師さんはどうするのだろうか?と色々想像をしてしまうプチマニなのであった。


また、「初めての人間ドック」で「少しだけ井川遥に似た看護師、プチ遥」を紹介したが、今年改めてよく見てみると、井川遥ではなく田畑智子の方が近い気がしたので、来年以降このブログに登場する機会があれば「プチ智子」としようと思う。



~バリウム検査~

看護師 「プチマニさーん(仮名)」

ついに呼ばれた。 いよいよバリウム検査である。

バリウム部屋に入ると、どえらく大きな装置が待ち構えていた。

緊張した面持ちのプチマニに、看護師が声をかけてくれる。

看護師 「バリウム検査は、初めてですか?」

プチマニ 「は、はぃ(^^;)」

看護師 「心配しないで大丈夫ですよ(^^)」



まず始めに、機械の前に立った状態で、粉末状の物質と小さな紙コップに入った液体を渡される。
どうやら、胃を膨らますクスリらしい。

看護師 「では、まず始めにコレを飲んでくださいね、ゲップしたくなるかもしれませんが、我慢してくださいね(^^) 」

プチマニ 「はーい」


サラサラサラ・・・ゴクゴク








・・・・












・・・・


















ゲプ~~~

出ちゃった~(^^;)

っていうか、これを堪えるのはムリ~というくらい強烈にゲップしたくなるのである。

しかし、出た量が微量であったのか(個人的には大きめなゲップであったが)、追加で飲むことは要請されなかった。



続いて大きめの紙コップに入ったバリウムを渡される。やや温かい白い液体である。

看護師 「まず、1杯、飲んでください~」

プチマニ 「ゴクッ・・・」

  
うーん、なんとも言えない食感である。
味を感じたくないため鼻で呼吸はしなかった。
(ちなみに味はついていないようです)




看護師 「ではもう1杯、飲んでください~」

プチマニ 「ゴク・・・」


看護師 「もう1杯、飲んでください~」

プチマニ 「ゴク・・・」

この看護師、みかけによらず、なかなかの飲ませ上手である。


この3連続のやりとりはおよそ15秒~20秒程度であったと思う。



看護師 「では、残り全部、飲んでください~」

プチマニ 「ハウッΣ(・o・;) 、ゴクゴクゴク・・・」

まさかの一気コールにも応え、なんとか頑張って全部飲みきる。



その後、大きな装置に横たわり、自分で3回転するように指示を出される。
これはバリウムを胃全体に伸ばす重要な作業らしいが、もう気分は浅田真央である。


この間、気分は決してよくないものの、ゲップを我慢しないといけないような辛い状況ではなかった。


その後、機械上で様々な角度になったり、その機械自体が動いたりして、色々なアングルで撮影されていたようである。

最後に、最初の位置に戻ってきて、ボクシングのグローブみたいなモノが付いた棒でボディーブローを3発くらって終了である。(痛くはない)

最初から最後までで、所要時間はおそらく約10分弱だと思う。





検査終了後は、トイレに行き、看護師から「酸化マグネシウム」というクスリを渡される。


CIMG1032.jpg 


この薬は便を柔らかくする効果があるようで、最初の1杯はすぐに飲めとのことである。

また、唇に白いバリウムが残っているので、それをトイレの洗面で落とすことも忘れないようにしよう。


文章が下手で画像もないので伝わりにくいかと思うが、バリウム検査は、最初のゲップを我慢さえすれば、それほどキツイ検査ではないと言える。

ただ、バリウム検査はその後の排便も必須となるので、胃カメラ等との比較は時系列どおり記事の最後で行うこととする。 (ランチに興味が無い方は、少し飛ばしてお読みください(^^;))



~お楽しみランチタイム~


さてさて、毎年恒例の、六本木ヒルズクリニックの人間ドックの特典である、お隣の「グランドハイアットホテル」のランチチケット。

さー、今回はどこのレストランにしようかなー。


CIMG0999.jpg
六本木ヒルズクリニックのランチ券
昨年までは有効期限が無かったが、今年からは1週間の有効期限が設けられた。 

選べる店舗は、下記の6店舗。


イタリアン フィオレンティーナ
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13009015/

日本料理 旬房
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13000006/

寿司 六禄
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13018973/

ステーキ オークドア ・・・2回目の人間ドックで訪問済
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13000004/

中国料理 チャイナルーム
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13017089/

鉄板焼き けやき坂 ・・・初めての人間ドックで訪問済
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13040328/



人間ドックの前日は夜9時以降何も食べてはいけないし、もちろん当日朝も抜き。
なので、ドック直後はお腹がすいており、あっさりした日本食よりもカロリーが高そうな料理のほうが惹かれるのである笑

ということで、今回は、中華料理の「チャイナルーム」に決定である。





CIMG1004.jpg 
チャイナルーム入り口付近


入ってみると・・・


店員 「お一人様・・・ご予約はございますか?」


プチマニ 「いえ、ないですけど(ってか人間ドックのランチバウチャーで予約なんてないだろ~笑)」

店員 「あいにく、お席が満席で・・・」

プチマニ 「(´・ω・`) ショボーン」



困った・・・。

けやき坂に行けば間違いなく「美味しい」のだが、一度訪問した店に行くのはブログネタ的に「美味しくない」・・・。


などと考え、改めて選択したのは、日本料理の旬房。


CIMG1023.jpg 
旬房の入り口


運よくカウンターの最後の1席に案内された。

というか、11時半オープンの店ばかりなのに、開店直後に行っても、どこのお店も予約で大半が埋まっている・・・なんという景気の良い話だろうか。。。


CIMG1008.jpg 
旬房の店内の様子


人間ドックのバウチャー向けには「お造り定食」、「焼き魚定食」、「あと1個忘れた笑」の3種類の中から選択ができた。

店員に聞いてみると「焼き魚」が人気だというが、店の実力を確かめるため「お造り」を選択した。

鬱陶しい話だが「石川県金沢市」出身のプチマニ君は、魚にはウルサイのだ(^^;)




まずは「おひたし」。


CIMG1009.jpg 
お味は普通




続いてお造り御膳。


CIMG1010.jpg 
全体像


CIMG1011.jpg 
お造り


CIMG1012.jpg 
ご飯と漬物



CIMG1013.jpg 
野菜の味噌汁


で、味であるが・・・

お造りは「ごく普通」であった。 鮮度はそれほど悪くないが、よくも無い。

ただ、この旬房が、通常のランチメニューは最低2,900円くらいからという高級店であることを鑑みれば、コストパフォーマンスは決してよくはないと言えよう。
(もちろん人間ドック向けの料理にはそれほどコストが割かれていないかもしれないのだろうが・・・)


お味噌汁、大根、ご飯は、普通に美味しかった。



CIMG1015.jpg 
最後にみかんを甘くしたようなデザートとお茶が出てきて終了。 


さて、今まで訪問した3つのレストランをランキング化してみると・・・

① けやき坂(鉄板焼)   ★★★★★ 
 味よし、サービスよし、パフォーマンスよし。
 鉄板焼きという非日常感もあるので、非常にお得感有り。  
 
② オークドア(ステーキ) ★★★☆☆
 普通のランチの延長という感じだが、人間ドックで腹ペコなお腹には良いかな。

③ 旬房(日本料理)    ★★☆☆☆
 取り立てて特徴のない和食。あえてこの店を再訪するかと言えばNO。
   

って感じだろうか。

なお、これらは私の主観である点と、あくまでも「人間ドック向けメニュー」の評価である点にご注意いただきたい。  

余談だが、カウンターの隣の席には、みのもんたと清水健太郎を足して2で割ったような人が、しきりにお店の人から頭を下げられていた。おそらく常連さんなのだろう。



~ランチ終了後~

食事後は、 六本木ヒルズクリニックでもらった酸化マグネシウムとセンノサイドという薬を飲む。

CIMG1018.jpg 
通常、センノサイドという錠剤は検査当日の就寝前までに排便が無い場合に追加して飲むものらしいが、普段から便秘気味のプチマニ君は、即飲むことにした。
また、通常センノサイドは2錠しかもらえないが、便秘気味の人は追加でもらえる。



今日の午後は池袋方面に用事があったので、六本木ヒルズから地下鉄に乗ったのだが「ソレ」は突然きた。


























「 ∑('=';) ハッ!! 」




















C= C= C= C= C= C= C= C= C= ┌(;・ω・)┘
































CIMG1024.jpg 
途中下車して駆け込んだトイレ


めでたく第1子、出産である。


しかし「バリウムを飲んだ後は、白いウ○コが出る!」聞いていたのに、実際に出てきたのは茶色の液体。 (食事中の方、ごめんなさい(^^;))



メタルスライムを期待していたのに、とんだ肩透かしである。




メタルスライム




なお、夕飯を食べた後は、色白の第2子が誕生した。



検査後にもらっていた紙には「バリウムは体内で吸収されることは無く、体内で放置されると水分がなくなり大腸が硬く固まってしまい排便が困難になる」と書かれていたので非常に心配していたのだが、検査当日に2人出産しておけばとりあえず一安心であろう。

ちなみに、体内のバリウムは1日ではなく2~3日かけて排出されるようである。




~胃カメラVSバリウムの結論~

ということで、胃カメラVSバリウムの結論が出た。

苦しくないという意味でのオススメ度合いは、以下の通りである。


セデーション+胃カメラ>>>>バリウム>>>>>(越えられない壁)>>>>喉だけ麻酔の胃カメラ




①セデーション+胃カメラ
 やはりコレが最強である。痛みを全く感じず気付いたら終了。   

詳しくは 「2回目の人間ドック」をご参照いただきたい

2回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~胃カメラへのリベンジ~
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-120.html



②バリウム
 ゲップを我慢したり、その後お腹がゆるくなったりするのは気持ち悪いが、それほど辛くは無い。


③喉だけ麻酔の胃カメラ
 拷問である。

詳しくは 「初めての人間ドック」をご参照いただきたい

初めての人間ドック @六本木ヒルズクリニック
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-63.html



①のセデーションは、六本木ヒルズクリニックでは5,250円の追加料金が必要になる。
しかし、個人的には5,250円の自己負担をしてでも、セデーションは受ける価値があると思う。

ただ、バリウムでなければ見つけられない症状もあるということなので、今後は①セデーション+胃カメラと②バリウムを交互にするか、①を2年②を1年という繰り返しにしようか、と考えている次第である。



表にもまとめてみたので、ご参照いただきたい。

苦しさ比較表 

この比較表が、これから人間ドックを受ける方に、少しでも参考にしていいただけると大変幸いである。

※この表に修正が入っています!詳細は4回目の人間ドックの記事で!

4回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~セデーション+胃カメラ最強説に異変あり!?~
 (胃カメラとの比較表(修正版)付き)
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-203.html




体のケア カテゴリ一覧に戻るにはコチラから
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-8.html


(検索用) 六本木ヒルズクリニック 人間ドック ランチ セデーション 全身麻酔 胃カメラ バリウム比較  どちらが オススメ 評価 評判 感想 口コミ 体験記 体験談 

関連記事
ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
[ 2013/12/19 02:50 ] 体のケア | TB(0) | コメント(4)
こんばんは。実は自分も先週、人間ドックの検査を受診してきました。アラフィフで体もくたびれてきているので結果については、ドキドキですが特に異常が無かったのでほっとしてます(笑。
胃カメラは20年くらい前に十二指腸潰瘍と診断され一度、のんだことがありますが、検査の時にぶっとい棒みたいのを見てビビりました(冷汗。また、5年くらい前に便潜血にもひっかかったことがありますが、こちらはお尻からバリウム入れる再検査をしましたが全く異常無しでした。TOMOさんは30代前半でどこも異常無いようだったら、毎年、人間ドックを受ける必要無いかもしれませんよ。
[ 2013/12/22 23:46 ] [ 編集 ]
Re:
>NOBさん

おはようございます(^^)ノ
人間ドック、結果が来るまでドキドキしますよね~笑
大腸検査は私も2年前に受けてるんですが、お尻からバリウムを入れる方法もあるんですね(^^;)

人間ドックを毎年受けているのは、実は会社の「義務」なんですよ。
30歳から必ず受けて報告しなければいけないんです(^^;)
福利厚生が恵まれているとも言えますが、それだけ社員を働かせるぞ~という会社なのかもしれません笑

しかし、今回の記事で人間ドックネタはだいぶ尽きてしまった気がします(^^;)来年どうしようかな~。。。
[ 2013/12/23 08:04 ] [ 編集 ]
ワラタ(笑)
気合とネタに満ちたブログ、感動して笑い転げました(笑)。
ゴルフとは何の関係ないですが、たまにはいいですね!
[ 2013/12/24 20:25 ] [ 編集 ]
Re:ワラタ(笑)
>人生池ポチャさん

体を張って書いているので、笑ってもらえて嬉しいです笑

ゴルフとは・・・健康な体はゴルフに必須なので関係アリですよ~!
[ 2013/12/24 22:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ
最新記事
ポチっと応援よろしくです!
プロフィール

TOMO

Author:TOMO
ゴルフ業界とは無関係なサラリーマンゴルファーです。
よろしくお願いします(^^)ノ
【居住地】 埼玉県さいたま市
【出身地】 石川県金沢市
【年齢】 35歳(1980年生まれ)

Twitter(ツイッター)
アメブロの「なう」みたいに使ってみます
タグ

評価・評判・口コミ・感想 おすすめ商品 ゴルフコース ☆意外とオススメ記事 東京都の練習場 アイアン 千葉県 23区内の練習場 アコーディア・ゴルフ関連 地元 石川県 AF-502 金沢市 EPON(エポン) 遠藤製作所(エポンゴルフ) 購入記 筋トレ・飛距離アップ・ダイエット ゴルフ業界・ニュースの考察 ☆マニア向け記事 千葉県のゴルフ場 実測100ヤード以上の練習場 PGM オススメ度5つ◆の練習場 ゴルフの小物・アクセサリー 正月 実測150ヤード以上の練習場 シャフト コンペの賞品(景品)にお薦め YUPITERU(ユピテル) ヘッドスピード測定器 TOB 痛い 埼玉県の練習場 実測200ヤード以上の練習場 HS計測器 アルバトロスビュー 2ピースレンジボール採用のゴルフ練習場 ゴルフ社会学 タイトリスト(TITLEIST) バリウムと胃カメラ 食べログ 人間ドック 足裏マッサージ・足ツボマッサージ 東京都港区 アクアライン 六本木ヒルズクリニック ゴルフコンペ 会社の人とのラウンド ドクターフット(Dr.foot) GPSナビ計測器 友人とのラウンド アニメのキャラクターのヘッドカバー GPSゴルフナビ測定器 芸能人が来ると噂の練習場 ゴルフフィールズ(QP) 石川遼 ハイスピードデジタルカメラ 朝日ゴルフ カシオエクシリムFC300S ダイナミックゴールド(DG) 振動数 グリップ イーグルビジョン(EAGLEVISON) スパイン調整 ゴルフのリスクマネジメント ウェッジ ショットナビアドバンス(Shot トラックマン AGN3400 MODUS3(モーダス3) 目黒区の練習場 江東区の練習場 千葉県の練習場 エポン(EPON)のアイアン比較 ゴルフ福袋 石川県の練習場 AF-tour 910F 三浦技研 高津区の練習場 和光市の練習場 カシオ(CASIO)のハイスピードデジカメ 栃木県 プロアバンセ ロイヤルグリップMW ゴルフと麻雀の共通点 東京都のゴルフ場 ゴルフフィールズ(QP) 虎屋(とらや)のホールインワン最中 PING(ピン) 宮里藍 PING(ピン) アイアン選びの5か条 キャディ バイク ブリヂストン 学生時代 東京都 GST-2とGST-3とGST-4 AF-702 PRGR(プロギア) AF-503 オススメ度5つ◆のショートコース 大田区の練習場 本当の飛距離 AF-302 神奈川県の練習場 川崎市の練習場 金沢市の練習場 木更津市のゴルフ練習場 試打 栃木県のゴルフ場 千葉県のショートコース ショートコース ゴルフ練習場の閉鎖 埼玉県のゴルフ場 トリビア コンペの幹事 木更津市 立体で見えやすいボールマーカー フェアウェイウッド(FW) GST-5GとGST-5GLとGST-5WとGST-6Wの違い(比較) QP 軽井沢 千葉ゴルフフェスタ さいたま市南区の練習場 早朝ラウンド 河川敷ゴルフコース ハーフラウンド 大井町 東京都江東区 世田谷区の練習場 神奈川県 長野県 WGSL 調布市の練習場 さいたま市中央区の練習場 タイガー・ウッズ 野田市の練習場 野々市市の練習場 野田市のゴルフ場 品川区の練習場 諸藤正次 墨田区の練習場 GST-2 レッドアイズポケット 石川県のゴルフ場 江戸川区の練習場 新宿区の練習場 北区の練習場 GST-3AとGST-3BとGST-3Gの比較(違い) 港区の練習場 埼玉県 ボールラインマーカー NO1グリップ ゼクシオ 新座市の練習場 福島晃子 練馬区の練習場 所沢市の練習場 Nsプロ950 新潟県 コンペの賞品(景品)にお勧め 松山英樹 長野県のゴルフ場 ゴルフクラシック ふじみ野市の練習場 株主優待 価・評判・口コミ・感想