少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)

薀蓄(うんちく)2流、腕3流。ゴルフへの愛情だけは1流のゴルファーのブログ。ゴルフギア・メカの薀蓄や練習場の評価など、好き勝手書いてみます。

ミズノのゴルフシューズのススメ ~ジェネム006ボア購入記~

投稿日:2016年8月23日  カテゴリ:アクセサリー

皆様はゴルフシューズを選ぶ時、何を基準にするだろうか?


デザイン?

ブランド?

履き心地?

グリップ力?

重さ?

値段?











プチマニの場合、一番重要なのは横幅である。

男性用の足の幅はJIS規格ではA~Gまであるが、一般的なゴルフシューズはEE(2E)、EEE(3E)のラインナップであることが多い。

(ご参考:足のサイズ情報のサイト)
ポアント&シューズ・フィッティング・ルーム
http://www15.plala.or.jp/miagolare/size_width.html





プチマニがスポーツショップで足のサイズを測ってもらうと、サイズは26cmで横幅はEEEE(4E)であった(^^;) 前述のとおり、多くの方がEE(2E)かEEE(3E)で、EEEE(4E)というのはかなりマイナーな存在だ。



足の幅が広いという残念な事実により、ゴルフシューズに限らず、シューズ人生において様々な不便を強いられてきた。
基本的にスニーカーは履けなかったし、ビジネスシューズにおいてもまず横幅が合うかどうかがポイントになってしまう。




プチマニが学生時代に流行したコンバースのスニーカー。試履きしようとしたら足が全く入らず断念(^^;)




ゴルフシューズ業界においても、やはり主力は2E、3Eである。
総じて外国メーカーのシューズは細めであり、日本のメーカーは若干太目のサイズのラインナップがある傾向にある。

(ご参考)
フットジョイ(FOOTJOY)  E、EE(2E)、EEE(3E)のラインナップ
http://www.footjoy.jp/page/fitting/shoes_fitting/

DUNLOP × ASICS → EE(2E)とEEE(3E)のラインナップ
https://golf.dunlop.co.jp/asics/




そんな中、4Eというマイナーなサイズにも力を入れてくれているメーカーがある。それがMIZUNO(ミズノ)だ。


プチマニがミズノのシューズに初めて出会ったのは中学生時代のバレーボール部だった。
「ランバード」という、お世辞にもカッコイイとは言えないロゴ入りの製品だったが、履きやすく耐久性に優れたバレーボールシューズだった。



ランバード(RUNBIRD)のロゴ。走っている鳥の絵が語源かと思いきや、惑星の軌道をモチーフにしたらしい。


その後、学生時代から始めたゴルフのシューズはもちろん、最近はほとんど行っていないジム用のシューズ、更に出番の少ないランニング用のシューズもすべてミズノの製品を購入してきた。

ミズノシューズCIMG9161
最近は靴箱の肥やしになっているランニングシューズだが、履き心地は非常に良い。もちろん4E。




今回プチマニが購入したのは、ミズノ社のゴルフシューズの中でもハイエンドモデルの「ジェネム006ボア」である。


ミズノ ゴルフシューズ一覧
http://products.mizuno.jp/c/category/golf/shoes/shoes_c

ミズノシューズCIMG9154 
GENEM 006 BOA(レッド)。26.5cmのEEEE(4E)。本当はブルーが良かったが品切れだった。



最近のゴルフシューズは、靴紐ではなくBOA(ボア)という、ダイヤルを回して靴紐を締めるタイプが多い。
ミズノのシューズも、ほとんどがこのBoaのラインナップである。

ミズノシューズCIMG9155
このカリカリで靴紐を締める。


プチマニは靴紐のシューズしか履いたことがないので若干不安だが、ミズノの4Eのシューズは選択肢がこれしかないし、Boa付きシューズを履いている友人の話では「なかなかイイよ」とのことなのでちょっぴり安心。


ミズノシューズCIMG9157 
グリップ力も良さそうだ




ここで、プチマニが思うゴルフシューズを購入する際に注意したい点を6つ述べておこう。

(1)必ず店舗で試履きすること
→これは基本中の基本。最近はインターネットの靴を買う人も増えているが、必ず店で試履きすることをオススメしたい。


(2)サイズ合わせはカカトで行うこと、つま先に若干の余裕があること
→自分の足のサイズにピッタリのものではなく、0.5cm~1cmの余裕がつま先側にあるのが望ましい。



(3)「これだ」と思うサイズからプラスマイナス0.5cmずつ前後のものも履いてみること。

→とにかく、面倒くさがらずに店員に悪いなーとも思わずに、いろいろなサイズの靴をどんどん持ってきてもらう。
 横幅が選べる場合は、2Eや3Eなど、同じサイズの違う横幅の靴を色々試履きしよう。


(4)左右両方の足で履くこと
→人間は左右で若干足のサイズが違う場合もあるので、必ず両足で試履きしよう。
 (ただし時間節約のため、「これかな」というサイズが見つかってから両足履きすればよいと思う)


(5)できればゴルフのラウンド時に履く靴下で試履きすること。
→靴下の厚さで履き心地はかなり変わるので、できればラウンド時に履く靴下を履いてゴルフショップに行こう。


(6)朝一ではなく、昼~夕方にかけて少し足がむくんだ状態の時間帯に試履きすること。

→これは賛否両論ある論点だ。

人間の足は朝→夜にかけてむくみが生じ、最大1cmほどサイズが変わってしまうとのこと。

日本人は大き目の靴を買う傾向にあり、本当はピッタリサイズの靴を買うべきだと主張する人もいる。

しかし、プチマニは午前中に靴を買ったことがあるのだが、その靴は午後以降は痛くて履けなくなってしまった。

なので、
朝一番の足がむくんだ状態ではなく、少し足が大きくなった状態で試履きするほうが、後々痛い思いをすることがないと思う。







ところで、ミズノという会社は非常に誠実で真面目だなーという印象がある。

以前に購入したランニングシューズに少し不具合があった時は、お詫びの粗品付きですぐに新品商品が送られてきた。

今回も、期間限定だが、履き心地に満足できなければ、購入から1か月以内であれば1度に限り違うサイズの靴に交換するというキャンペーンをやっている。

ミズノシューズCIMG9162 
GENEM交換保証キャンペーン


サイズのラインナップにしてもそうだ。

足の横幅を2E、3Eの2つのラインナップにしたほうが、製品ラインや在庫の関係上、利益は上がると思う。

しかし、マイナーな4Eユーザーの熱い期待に応えるべく、長年4Eのラインナップを継続させてきているのだろう。
(ひょっとしたら4Eユーザーの大半のニーズを取り込んでおり収益源になっている可能性もあるがw)

こんなユーザーフレンドリーなスポーツメーカーはそう多くないのではないだろうか。







さて、先ほど「必ず店舗で試履きするように!」と主張したものの、プチマニが今回購入したのはコチラのお店。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
楽天 Amaze Golf


税込み22,000円の販売価格から、さらに10%OFFとポイント10倍で実質17,000円台。


ビ○トリアゴルフだと税込27,000円だもんなー、1万円近くの差は許容できないよなー。

店舗で試履きしたときは「これだー!履き心地最高!」って思ってたのに、納得いかない顔してお店出てきたんだよなー。

ごめんね、ビィ○トリアゴルフさんm(_ _)m





とりとめのない記事になってしまったが、プチマニが言いたいのは、足の幅が広めでなかなかサイズの合うシューズがないなーとお困りのゴルファーの皆様には、ぜひミズノのゴルフシューズを一度試してもらいたいと思うのだ。

特にジェネムシリーズは2万人もの日本人ゴルファーの足を徹底的に調査して製作したミズノ社の魂のこもった力作だ。プチマニは履いた瞬間「最高!」と思う履き心地だった。少しお値段は高いが、強くオススメできる逸品である。

逆に、絶対に買わない(予算オーバー)という人は試履きしてはいけないゴルフシューズとも言えよう。



嫁に「年間10回も履かないゴルフシューズじゃなくて、毎日会社に履いていく靴にお金かけたほうがいいのに」
と、どんなに言われても、地面と体の唯一の接点であり、ショットのみならず疲労度にも影響が大きいゴルフシューズは非常に重要でこだわるべきアイテムというのがプチマニの考え方なのである。これでスコアもちょっとはよくなればいいんだけどなー(^^;))




「アクセサリー」カテゴリの記事一覧に戻るにはコチラ
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-10.html

検索用 ミズノ MIZUNO ジェネム GENEM 006 評価 評判 感想 口コミ クチコミ 最高 素晴らしい 感動 オススメ

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事
[ 2016/08/23 01:30 ] アクセサリー | TB(0) | コメント(0)

レーザー距離測定器 【現代ゴルフメカ三種の神器 (5)】 GPSナビとのメリット・デメリット比較表付き

投稿日:2016年8月16日 カテゴリ:三種の神器(ゴルフメカ)

「三種の神器(ゴルフメカ)」カテゴリファン?の皆様、お待たせである。

今日紹介する神器は、ゴルフ用レーザー距離測定器(距離計)である。
「三種」の神器なのに、5つ目のアイテムの紹介記事なのは気にしないでほしい(^^;)


今日の記事をお読みいただく際の注意点を3つ挙げておこう。


【1】いままでの「三種の神器(ゴルフメカ)」の記事を読んでいない方は、できれば先にそちらを読んでほしい。

↓テーマ別 「三種の神器(ゴルフメカ)」の記事一覧はコチラ↓
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-5.html


特に、GPS距離測定器 の記事は必ず読んでからこの先を読み進めていただきたい。

GPS距離測定器(上)
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

GPS距離測定器(中)
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

GPS距離測定器(下)
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-18.html


【2】記事は私の主観で作っているものであり、内容に誤りがあるかもしれないので、その点はあらかじめご了承いただきたい。

【3】記事の内容はできる限り最新の状態を保ちたいと思うが、場合によっては古くなっていることもあると思うのでその点もご了承いただきたい。



今まで、三種の神器として紹介してきたのは、

①GPSゴルフナビ測定器
②カシオ エクシリム ハイスピードデジカメ
③ヘッドスピード測定器(ユピテルGSTシリーズ)

の3つである。(④レックチェックゴルフは神器としては認定していない)


今日紹介するレーザー距離測定器は、①GPSゴルフナビ測定器とバッティングするゴルフメカである。

世間では、「GPS派」と「レーザー派」の2大勢力が存在するが、本当はどちらがオススメなのだろうか?

そんな皆様の疑問にお答えするため、プチマニが身銭を切ってレポートしたいと思う。


~機種について~

レーザー測定器の機種比較については、恐ろしくマニアックな比較記事を書いているブロガーがいらっしゃるので、ぜひそちらをご参照いただきたい

ゴルフの自習のブログ 「ゴルフ距離測定器の記事一覧」
http://ameblo.jp/self-learning-golf/themeentrylist-10059513425.html
(本当、こういうマニアックな記事って大変参考になりますよね~、プチマニの出番無しって感じです(^^;)


ゴルフの自習さんによると、ゴルフ用のレーザー距離測定器の三大メーカーは、

①Nikon(ニコン) 
②ブッシュネル 
③レーザーアキュラシー


のようである。

①ニコン



②ブッシュネル レジェンド1200




③レーザーアキュラシー

レーザー測定器CIMG9036 
プチマニは、レーザーアキュラシー社のPINPOINT900 という機種を購入した。

(紹介した記事の中ではPINPOINTシリーズは一部の百貨店でも取り扱いがあるような記載があるが、現在はダイレクト通販のみの販売チャネルなのでご注意いただきたい。また楽天で購入できるものは8XPROという名前は高性能っぽい機種だが、ゴルフの自習さんによるとPINPOINT900が最上位機種との事なので注意)


レーザーアキュラシー販売代理店 株式会社ライクス・ジャパン
http://laseraccuracy.biz/PINPOINT900.html



この機種はレーザーアキュラシー社のレーザー測定器の中では最上位機種であるが、こういうものは個人的には最上位機種を購入するのが良いと考えている。

基本的に上位機種の方が測定器できる距離が長くなる。
PINPOINT900は理論上は900ヤードまで測定可能らしい。

なぜ上位機種の方がオススメかは、先ほどのゴルフの自習さんがわかりやすく書いてくれているので転載しておく。


「そんなに飛ばないから1000ヤード以上も要らないよという声が聞こえてきそうだが、最高速250キロでるベンツと最高速150キロの小型車とで100キロ走ったらどちらが快適かというのと同じで、計測可能距離が長いほど、計測しやすく、反応も早い」(以上、「ゴルフの自習のブログ」より)




機種の比較については先ほどのブログが詳しいし、1機種しか持たないプチマニは語ることができない。

なので、プチマニはレーザー測定器とGPSナビの比較を詳細に行い独自性を出そうと思う笑


~【徹底比較】レーザー距離測定器 VS GPSゴルフナビ ~


①精度  ★レーザー測定器>>>>>>GPSナビ

プチマニがレーザー距離測定器の購入を検討したキッカケは、自分のGPSナビの精度に疑問を持ち始めたからである。購入当初はすごい精度だなーと感心していたが、最近はかなり数値がズレていると感じることが多くなった。

友人同士でGPSナビを比べてみると10ヤードくらい違うことも少なくなかった。

こうなってくると疑心暗鬼になってしまい、番手選びやスイングに迷いが生じてしまう。
(毎回のショットが10ヤードくらい簡単にズレてしまうことには触れないでほしいw)


この点、レーザー距離測定器は、毎回距離のみを1ヤード単位で正確に測ることができるというメリットがある。

この先いくつかの比較項目があるが、極論するとレーザー測定器の最大かつ唯一のメリットがこの精度である。

衛星のつかみ具合や精度を気にすることなく、確実に毎回1ヤード単位で測定器できる、これがレーザー測定器の最大のメリットである。


②情報量 レーザー測定器<<<<<<
GPSナビ★


GPSナビはいろいろな機種があるが、プチマニがオススメしてきたのはコースレイアウトフル表示の最上位機種である。このようなGPSナビはコースの形状、ハザードの位置、グリーン手前とセンターまでの距離などを瞬時に一覧で表示してくれる。


コースレイアウトフル表示のGPSナビの情報量は圧倒的だ


一方で、レーザー測定器は自分でボタンを押して測定しなければ何の情報も得ることができない。
特に初めて訪れるコースでセルフ出回る場合は、コースレイアウトフル表示のGPSは非常に頼りがいがある。

情報量の観点ではGPSナビの圧勝と言えよう。



③ブラインド レーザー測定器<<<<<<GPSナビ★

アップダウンが激しいコースの場合、ピンが見えないブラインドの状態であることが少なくない。
GPSナビであればブラインドでも全く問題ないが、レーザー測定器はブラインドの場合は全く役に立たない。

ブラインド状態においてもGPSナビの圧勝と言えよう。



④手軽さ レーザー測定器<<<<<<GPSナビ★

GPSナビは電源を入れておけば、あとは何も操作しなくても自動的に距離を表示してくれる。

一方レーザー測定器はその都度自分で測定しなければならない。

また、レーザー測定器の昇順の合わせ方には慣れが必要である。PINPOINTシリーズにはピンシーカーという機能が存在し多少はピンまでの測定をしやすくなっているものの、それでもプチマニはモタモタしてしまうことがある。

プチマニは2ラウンド利用したが、特にセカンド地点からピンまでの距離を測定するのが若干難しいと感じている。

操作の手軽さにおいてもGPSナビの圧勝言えよう。



⑤サイズ レーザー測定器<<<<<<GPSナビ★

GPSナビは時計型のものからベルトにひっかけておくものまで様々なサイズがあるが、一番大きなGPSナビでも一番小さなレーザー測定器よりコンパクトである。

レーザー測定器CIMG9034 
ショットナビアドバンスとPINPOINT900のサイズ比較


レーザー測定器CIMG9035 
厚みが圧倒的に違う(^^;)


ラウンド時に邪魔にならないという観点でもGPSナビのほうが優位である。


⑥価格  レーザー測定器<<<<<<GPSナビ★

GPSナビは安いものでは1万円を切るものから、一番高額なものでも3万円程度である。

しかしレーザー測定器は一番安いものでも1万円台半ば、高額な機種では7万円以上するものもある。
(一般的に高額なものほどサイズも大きくなる傾向にある)

①ニコン COOLSHOT 40i LCS40I 




②ブッシュネル レジェンド1200



高っ(^^;)


③レーザーアキュラシー PINPOINT900
http://laseraccuracy.biz/PINPOINT900.html
(29,800円)


価格面においても、圧倒的にGPSナビが優勢である。




さて、ここまで精度以外の面ではフルボッコなレーザー測定器であるが、精度以外の利点が3つある。
順に見ていこう。


⑦汎用性 ★レーザー測定器>>>>>>GPSナビ

GPSナビはゴルフ場以外の場所では全く価値がないが、レーザー測定器はいつでもどこでも距離を測ることができる。

たとえばゴルフ練習場において、公称のヤーデージ表示と実測距離のサバ読みを見破ることもできる。

また、読者の方の中には、「あの電柱まで何ヤードかな?」というヤーデージ症候群を患ったことがあるがある方も多いだろうが、レーザー測定器ならば電柱までの距離も1ヤード単位で正確に測定できるのである。

このように、レーザー測定器はゴルフ場以外でもヤーデージ感覚を養うのに大きく寄与してくれるのである。これは中上級者にはこの上ないメリットであろう。

余談であるが、街中であの電柱まで100ヤードかな?と思って測ってみると100ヤードに満たない場合が多い。
実際の街中で見ている距離は想像より短い事が多いのだ。
この点からもゴルフ場がいかに大きなスケールであるかを実感することができる。


⑧電源  ★レーザー測定器>>>>>>GPSナビ

GPSナビはほとんどの機種が乾電池ではなくバッテリーであるが、フル充電しておいても1回のラウンドで半分以上の電池を消費してしまう。よって、毎回ラウンド前夜に充電を忘れずにしておく必要がある。

一方、レーザー測定器は電池式である事が多いが、一回の測定でほとんどエネルギーを消費しないのでラウンドのたびに電池を気にする必要がないというメリットが挙げられる。

実際、プチマニもGPSナビは充電し忘れたことが何度もあるので、この点においてはレーザー測定器が非常に優れていると言えよう。



⑨メンテナンス ★レーザー測定器>>>>>>GPSナビ

レーザー距離測定器は、いわばモノサシのようなもので、一度購入してしまえば電池以外の交換が一切不要である。

一方、GPSナビは、コースのレイアウト変更や新設には都度対応しないと使い物にならないという弱点がある。

メンテナンスの観点においてもレーザー測定器が優れていると言えよう。

⑩海外対応 ★レーザー測定器>>>>>>GPSナビ

最近のGPSナビは国内のゴルフ場はほぼ網羅しているものの外国のコースとなるとほとんどが未対応である。一方、レーザー測定器はどこの国のどこのゴルフ場でも距離を測ることができる。

これは汎用性の視点ともいえるが、どこの国のどんなゴルフ場でも(ゴルフ練習場でも)、レーザー測定器ならば何でも測れるというメリットがある。


以上をまとめて、表にするとこんな感じである。
GPSナビとレーザーの比較 


~で、どっちがオススメなの?~



前述のゴルフの自習さんによると、「GPSナビはおもちゃで全く使えない」とあるが、プチマニはレーザー測定器とGPSナビ、それぞれ一長一短だと感じている。


世の中の多くのゴルファーは、会員権を持たずに様々なコースをラウンドし、またキャディ付きではなくセルフプレーでラウンドしていると思う。

日本の地形上、多くのゴルフ場は比較的アップダウンが多く、またブラインドのホールも少なくない。ドッグレッグでグリーン面が見えずに打つこともあるだろう。

このような場合、GPSナビとレーザー測定器のどちらが役に立つかといえば、(多少の精度に目をつぶっても)GPSナビであると思う。


しかし、例えばホームコースを持っておりコースをよく熟知しているゴルファーや、競技ゴルファーで本番前に練習ラウンドで同じコースを何度も回るゴルファーは、GPSナビよりもレーザー測定器の方が適しているだろう。

「この地点からグリーンのエッジまでは◎◎ヤード」のような細かな情報をヤーデージブックに書き込むにはレーザー測定器は必須である。(ちなみに、実際の競技においてはGPSナビもレーザー測定器も使用不可であることが殆どであるのでご注意いただきたい)



また、ゴルファーの腕前の観点からは、初級者はGPSナビ、中上級者はレーザー測定器という整理もできると思う。

初心者はボールが左右に散るので自らブラインドの状態になってしまったり、場合によっては隣のホールから打たなければいけないことも多々あると思う。こういう時はGPSナビが役立つだろう。

一方で、中上級者はピンが見える位置にボールを運ぶことができ、周囲がドタバタしている間に落ち着いてピンまでの距離を計測することもできるだろう。



プチマニは、正直なところレーザー測定器を購入する前はGPSナビで充分だと思っていたのだが、レーザー測定器の1ヤード単位の正確な測定を経験すると、かなりレーザー贔屓になっているのが現状である。

しかし、プチマニは初めて行くコースでセルフのラウンドが多いし、GPSナビのコースレイアウトフル表示の恩恵も捨てにくいのである。よって、しばらく併用して、それぞれのメリットを享受しようと思う。
(問題はベルトに2つのメカ+ブログ用のデジカメを入れてジャラジャラしてしまうことですな(--l))




~最後に~

記事の中でも述べたように、レーザー測定器はGPSナビと異なり、最新の機種がドンドン出るわけでもなく、アップデートの必要もないため、ほしいと思った時が買い時であると思う。プチマニも今までこれだけゴルフ関連の実測距離をにこだわってきたのだから、本当はもっと早くに購入すべきだったなーと悔やんでいる。。。

最近は高低差を測定できる機種も増えてきているが、どっちにしろ競技には使えないのだから機種は何でも良いと思う。ただ、予算が許す限り、ハイグレードな(遠くまで測定できる)機種を選択するほうが後々の満足度は高いと思う。


現代技術の結晶ともいえる高機能なレーザー測定器は、真剣にゴルフの上達を目指すゴルファー、特に競技ゴルファーや中上級者には非常に強くオススメできるアイテムである。

この技術に敬意を表し、この度、ゴルフ用レーザー距離測定器を、現代ゴルフメカ三種の神器の1つに認定させていただいた。(4つ目の三種の神器となるが気にしないでほしい)

実は後1つだけ、まだ紹介していない現代ゴルフメカ三種の神器がある。
いつかアップする予定なので楽しみにしてほしい。

↓テーマ別 「三種の神器(ゴルフメカ)」の記事一覧はコチラ↓
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-5.html


レーザー距離測定器距離計 比較  機種 評価 評判 感想 オススメ  安い 価格 激安   比較 違い ゴルフ ブログ

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事

ラウンド日記 (13) 袖ケ浦カンツリークラブ 袖ケ浦コース

 投稿日:2016年8月11日  カテゴリ:ラウンド日記


今日のゴルフ場は千葉県千葉市にある袖ケ浦カンツリークラブ 袖ケ浦コースです。

毎年、男子ツアープロの「ブリヂストンオープン」が開催されている名門コースです。


袖ケ浦CC CIMG9033
エントランス


公式HP
http://www.sodegaura.co.jp/sode/gaiyo.htm
まったく余談ですが、カントリーじゃなくてカンツリーであることが、なおさら名門感を増幅させてくると感じるのはプチマニだけでしょうか(^^;)



楽天GORAやGDOでは予約できない名門コース!「チャリティーゴルフフェスタCHIBA」のおかげでラウンドできます!

千葉ゴルフフェスタ2016
https://www.chibaken-golf.com/festa2016/festa2016.html

千葉ゴルフフェスタをプチマニ的に端的に解釈すると・・・
「クソ熱い真夏の時期に名門コースでラウンドするメンバーさんは少ないから、千葉県在住者または在勤者に正規料金より多少割安で門戸を開いてやって需要を創出するか」ってなところだと思います(^^;)

名門じゃないゴルフ場も多数エントリーしているのですが、普段から普通に行けるゴルフ場にあえて行く必要はあまりないですよね。


プチマニは、昨年同様、千葉県在住のO君のお誘いにより、ラウンドする機会に恵まれたのでした。O君は今年第1子が誕生したのですが、奥様の深いご理解によりすでに何度かラウンドしているようです。



ゴルフ場に到着して早速練習場に向かいます。

 


袖ケ浦CC CIMG9004 
このような人工芝のボックス打席があります。25人くらい練習できます。
人工芝の先にはツアー開催時に利用されるであろう天然芝の打席があります。
あー、そこで打ちたいなー。。。

ちなみに奥行きは約230ヤード程度です。
男子プロの大会時は、もっと高いネットを準備するようです。



袖ケ浦CC CIMG9006
ボールは24球240円(税抜き)と良心的な価格設定。
ボールはコースボール(ロストボール)

ちなみに、練習場のヤーデージ表示は正確です!
(コースのヤーデージも完璧です。)
さすが男子ツアープロの大会を開催するゴルフ場ですね。


あと今更なんですが、やっぱりコースボールと練習場のいわゆるダンゴボールの飛距離は結構差がありますね。特に長い番手程如実に飛距離に差がでると感じました。

袖ケ浦CC CIMG9009
こういうアプローチ練習場が複数あります。(確認できただけでも3か所)

袖ケ浦CC CIMG9008
バンカー練習場も充実。砂質は軽めで粒子がかなり細かい感じでした。

こういう練習場が充実したゴルフ場は、プチマニ的には非常に好印象ですね。

 
今日の天気は晴れ!8月中旬という恐ろしい季節でしたが、幸い天候は曇り気味で風も少しあったためこの時期のラウンドとしては恵まれている気候だったと思います。


では、ラウンド開始です!
INスタート、ホワイト(レギュラーティー)、グリーンはOLD(短い方)でした。





袖ケ浦CC CIMG9012 
10番ホール
基本的に左右は樹木で囲われています。


袖ケ浦CC CIMG9013 
早速忘れたホール。全体的にメンテナンスは非常に良好で、特にティーグラウンドは完璧な状態で整備されていました。



袖ケ浦CC CIMG9014
距離はありませんが、このようにえげつないガードバンカーがあるホールが多かったです。
このバンカーをうまく避けられるかどうかでスコアが大きく変わってくると思います。
プチマニ的には、こういうハザードで固められたコースは、うまく攻略できたときの達成感が大きいので大好きです。(コンペには不向きですw)


袖ケ浦CC CIMG9015 
何番かのPAR4のセカンド地点。
60度のウェッジでふわりと浮かせてパーセーブ。キモチー。

袖ケ浦CC CIMG9016 
基本的に乗用カートではなく歩きのラウンドです!夏場は結構しんどいですね(^^l)
また、キャディさんが必ず付きます。名門コースはこの「歩き+キャディ付き」のパターンが割と多いですね。

女性スタッフは若い方が多かったですが、プチマニたちの組のキャディさんは結構ベテランでした。名門コースですが、スタッフの方も非常に感じがよく、快適にラウンドできました。

前半のスコアは49(18パット)でしのぎました。

前半はドライバーを1回も振らなかったけど(白ティーだと2900ヤードくらいですし)、ティーショットが左気味で厳しかったです。

ティーショットの不調をアプローチで補うという展開になりました。






昼食休憩を挟んでOUTコースです。
袖ケ浦CC CIMG9018
レストランからの景色




袖ケ浦CC CIMG9017
何番コースだったかな。。。このように樹木がハザードになるホールがいくつかありました。


袖ケ浦CC CIMG9020
グリーンはそんなに速くない・・・というかむしろ遅めでした。
感覚的には8フィートくらい?



袖ケ浦CC CIMG9021
カラーや周辺のラフの刈り込みなど、非常にメンテナンスが行き届いていました。


袖ケ浦CC CIMG9022
ホールの間も樹木でセパレートされていることが多かったです。



後半のスコアは45(15パット)でした。

ティーショットはウッドもアイアンもいまいちでしたが、52度と60度のウェッジのアプローチがうまくいき、ボギーペースとなりました。

OUT45+IN49=合計94(33パット)でラウンド終了です。

最近この90半ばくらいのスコアが多いなー。。。
ティーッショトの安定感を手に入れないと、これ以上のスコアアップはしんどいなー。。。

今日は全体的にひっかかり気味でした。
あと、夏場だから体が回るのかボールが飛ぶのか、アイアンがいつもより半番手ほど飛んでしまい、グリーン奥につけてしまうことが多かったかな。。。



【袖ケ浦カンツリークラブ 袖ケ浦コースについて】 


袖ケ浦カンツリークラブ袖ケ浦コースは千葉県千葉市に位置するゴルフコースです。
「袖ケ浦市」ではなく、「千葉市」に位置するのは意外ですね。

毎年 男子の「ブリヂストンオープン」がの舞台となるゴルフ場でもあります。
プロの大会が開催されるコースでラウンドできると、TV中継の時でも自分のラウンドと重ね合わせて見ることができ面白いんじゃないかなーと思いました。

袖ケ浦CC CIMG9029
ブリヂストンオープンの記念グッズがズラリと並びます。



 袖ケ浦CC CIMG9025
ラウンジ 右側の壁にはクラブチャンピオンなどの名前がズラリと刻まれています。



袖ケ浦CC CIMG9026 
レストランにあがる階段 開放的な空間です

袖ケ浦CC CIMG9019  
レストラン

袖ケ浦CC CIMG9027 
フロント

袖ケ浦CC CIMG9030
ドレスコードは厳しいです


袖ケ浦CC CIMG8996
キレイなロッカールーム



このコースはレギュラーティーとバックティーの差が大きく、またOLDグリーンとNEWグリーンの距離の差も大きいです。できればもう少し距離のあるNEWグリーンでやりたかったかなーと思います。

コースは左右が林で2グリーン。グリーンはガードバンカーでガッチリ固めてある砲台気味という感じのホールが多かったです。距離はありませんでしたが、これぞ戦略性という感じのホールが続きました。


料金はもろもろ込で20,000円(昼食、練習場ボール別)くらいでした。
このほか、幹事のO君に4,000円渡しているから、総額24,000円くらいです。

正規料金だと8月でも土日祝日は3万を超えてくるようです。
千葉ゴルフフェスタなのでかなり安くなっているといえますが・・・ちょっと高いかなー(^^l)

でも、千葉市内からのアクセスが非常によく、会員権も300万台で人気のようです。(名変料等でさらに数百万要)






今日はO君のおかげで名門コースを楽しくラウンドすることができました。O君ありがとね~、また来年、どこかの名門コースに連れて行ってね~笑

今までの「ラウンド日記(チラ裏)」はコチラ
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-6.html



(検索用) 袖ケ浦カンツリークラブ 袖ケ浦コース  ラウンド 評価 評判 口コミ感想 


ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事

月別アーカイブ
最新記事
ポチっと応援よろしくです!
プロフィール

TOMO

Author:TOMO
ゴルフ業界とは無関係なサラリーマンゴルファーです。
よろしくお願いします(^^)ノ
【居住地】 埼玉県さいたま市
【出身地】 石川県金沢市
【年齢】 35歳(1980年生まれ)

Twitter(ツイッター)
アメブロの「なう」みたいに使ってみます
タグ

評価・評判・口コミ・感想 おすすめ商品 ゴルフコース ☆意外とオススメ記事 東京都の練習場 アイアン 千葉県 23区内の練習場 アコーディア・ゴルフ関連 地元 石川県 AF-502 金沢市 EPON(エポン) 遠藤製作所(エポンゴルフ) 購入記 筋トレ・飛距離アップ・ダイエット ☆マニア向け記事 ゴルフ業界・ニュースの考察 千葉県のゴルフ場 実測100ヤード以上の練習場 PGM 正月 ゴルフの小物・アクセサリー オススメ度5つ◆の練習場 実測150ヤード以上の練習場 コンペの賞品(景品)にお薦め YUPITERU(ユピテル) 埼玉県の練習場 シャフト ヘッドスピード測定器 TOB 痛い 実測200ヤード以上の練習場 HS計測器 アルバトロスビュー 2ピースレンジボール採用のゴルフ練習場 ゴルフ社会学 タイトリスト(TITLEIST) バリウムと胃カメラ 食べログ 人間ドック 足裏マッサージ・足ツボマッサージ 東京都港区 アクアライン 六本木ヒルズクリニック ゴルフコンペ 会社の人とのラウンド ドクターフット(Dr.foot) GPSナビ計測器 友人とのラウンド アニメのキャラクターのヘッドカバー GPSゴルフナビ測定器 芸能人が来ると噂の練習場 石川遼 ゴルフフィールズ(QP) 朝日ゴルフ ハイスピードデジタルカメラ MODUS3(モーダス3) ダイナミックゴールド(DG) AGN3400 カシオエクシリムFC300S ショットナビアドバンス(Shot 埼玉県のゴルフ場 ゴルフのリスクマネジメント スパイン調整 ウェッジ 振動数 イーグルビジョン(EAGLEVISON) グリップ 目黒区の練習場 江東区の練習場 千葉県の練習場 エポン(EPON)のアイアン比較 ゴルフ福袋 石川県の練習場 トラックマン AF-tour ロイヤルグリップMW 高津区の練習場 910F 三浦技研 カシオ(CASIO)のハイスピードデジカメ 和光市の練習場 栃木県 プロアバンセ ゴルフと麻雀の共通点 東京都のゴルフ場 ゴルフフィールズ(QP) 虎屋(とらや)のホールインワン最中 PING(ピン) 宮里藍 PING(ピン) アイアン選びの5か条 学生時代 キャディ ブリヂストン バイク 東京都 AF-702 本当の飛距離 GST-2とGST-3とGST-4 PRGR(プロギア) 大田区の練習場 AF-503 AF-302 試打 神奈川県の練習場 川崎市の練習場 金沢市の練習場 木更津市のゴルフ練習場 栃木県のゴルフ場 オススメ度5つ◆のショートコース ショートコース ゴルフ練習場の閉鎖 トリビア 千葉県のショートコース コンペの幹事 木更津市 立体で見えやすいボールマーカー フェアウェイウッド(FW) GST-5GとGST-5GLとGST-5WとGST-6Wの違い(比較) QP 千葉ゴルフフェスタ 大井町 早朝ラウンド 神奈川県 河川敷ゴルフコース さいたま市南区の練習場 軽井沢 東京都江東区 世田谷区の練習場 ハーフラウンド 長野県 WGSL 調布市の練習場 さいたま市中央区の練習場 タイガー・ウッズ 野田市の練習場 野々市市の練習場 野田市のゴルフ場 品川区の練習場 諸藤正次 墨田区の練習場 GST-2 レッドアイズポケット 石川県のゴルフ場 江戸川区の練習場 新宿区の練習場 北区の練習場 GST-3AとGST-3BとGST-3Gの比較(違い) 港区の練習場 埼玉県 ボールラインマーカー NO1グリップ ゼクシオ 新座市の練習場 福島晃子 練馬区の練習場 所沢市の練習場 Nsプロ950 新潟県 コンペの賞品(景品)にお勧め 松山英樹 長野県のゴルフ場 ゴルフクラシック ふじみ野市の練習場 株主優待 価・評判・口コミ・感想