少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)

薀蓄(うんちく)2流、腕3流。ゴルフへの愛情だけは1流のゴルファーのブログ。ゴルフギア・メカの薀蓄や練習場の評価など、好き勝手書いてみます。

スーパーベントパターマット (パターマット工房 PROゴルフショップ)★最高評価獲得 【練習器具5】

投稿日:2015年7月25日  カテゴリ:練習器具  

猛暑日が続いている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
我が家は息子が熱を出してしまい、今週はおとなしく家で休養です。


さて、前回の記事で書いたように、パットの重要性を再認識したということで、今日はパット練習用具の記事である。
(この暑い中練習に行く気もあまり起こらないので、丁度いいですしね(^^;))

あらかじめ告知しておくが、今日の記事は久々に長文のガチな記事である。
なので、「体調がイマイチだ」「気分が乗らない」「職場からのアクセスで落ち着いて読めない笑」という方は、コンディションを整えてから読んでいただきたい笑



さて、このプチマニゴルフレポートをご愛読いただいているゴルフ熱心な皆様ならば、ご自宅に1つくらいはパターマットをお持ちだと思う。

そして、おそらくだが、皆様がお持ちのパターマットは、こんなイメージの商品ではないだろうか。






よく見かけるパット練習マット


私の実家にもこんな感じのパターマットがあったし、私自身もコンペの賞品としてこういうパターマットをもらったことがある。




しかし、しかしである。
私は以前からこの類のパターマットの効果や品質に疑問を持っていたのである。



その疑問は後で解説するとして、その疑問を解消するために、このパターマットをポチッとやった。

パターマット工房CIMG8354
スーパーベントパターマット (パターマット工房PROゴルフショップ)


このパターマットは、パターマット工房というパターマット専門の会社の商品である。

試打はしたことがなかったのだが、アマゾンのレビューでも非常に評判が良かったし、思い切って "ポチっとな" したわけである。




長さや幅はいろいろなラインナップがあるのだが、長さについては既製品の中では最大級の5m、幅は本当は90cmがよかったものの、家の広さの関係上45cmのサイズを選択した。

パターマット工房CIMG8360
5m(幅は45cm)は思った以上に長い



さて、プチマニがこのパターマット工房のスーパーベントパターマットが良いと思った理由は大きく5つある。




【1】傾斜が無いこと

よくあるパターマットに再登場いただこう

よくあるパターマット君

こういうパターマットは、カップの手前でキツイ傾斜がついているものが多い。
この傾斜は皆様ご承知の通り、打ったボールが戻ってくるためのものである。

しかし、実際のゴルフ場でこういう傾斜のシチュエーションって殆どないのではないだろうか?
(実際にあっても、こんなところにカップをきるゴルフ場はあまりないだろう・・・大渋滞が発生確実だし・・・笑)

ということは、この類のパターマットを使うということは、非常に不自然なシチュエーションで練習することになってしまう。
そして、見た目の距離感以上に強く打つクセがつきやすくなってしまうだろう。


一方で、パターマット工房のパターマットは傾斜も何もない、シンプルな人工芝1枚である。
距離感を養うには、まずは平らなグリーンで練習するというのが基本だと思うので、その点からもこのパターマットは非常に実戦的で素晴らしいと思うのである。


ちなみに期間限定のようだが、こういう切れ端もオマケでついてきた。

パターマット工房CIMG8358
傾斜をつけたりするのに利用できるようだ。



【2】ラインが引かれていない(柄などがない)こと

もう一度よくあるパターマットに登場してもらおう



よくあるパターマット君


こういうラインが引かれている(もしくは装飾などの目印がある)のも、個人的にはイマイチだと思う。
なぜなら、やはり本当のグリーンはこういうラインが引かれていないからである。

ラインがなくてもまっすぐ打ち出せる癖を、普段からつけなくてはならない。
そのためには、スパットを見つけて、そこにボールのラインを合わせるなどの手段をとる必要があるだろう。

ボールラインマーカーについてはコチラの記事をご参照いただきたい。




ちょっと脱線するが、スパットを見つけて打ち出すのは、パットに限らずショットでも非常に重要なことである。

多くのアマチュアゴルファーは実際のコースに出ると、右を向いてアドレスしやすいといわれている。
これはアマチュアゴルファーの中でスパットを見つけて打たないゴルファーに多い傾向である。

そういうゴルファーでも、練習場では打席後方から打ち出し方向を確認するルーティーンをやったりもするわけである。
でも、そのときにスパットではなく、マットの向きと目標方向を合わせてみるだけのゴルファーが多いように感じている。
練習場では、練習場のマットが長方形なので、そのマットの向いている方向に打ち出せば、(まっすぐ打てれば)自分の思ったとおりの方向に打ち出せるので、満足してしまうわけである。

何がいいたいのかというと、本番のシチュエーションではアドレスして視界に入ってくるのは一面緑の芝生だけなので、アドレスで下を向いても方向性の情報は入ってこないということだ。
練習するときも、本番のそのようなシチュエーションを意識しながら練習する必要があるし、練習道具についてもなるべく本番に近い環境に整えたほうが効率が良いと思うのである。


そういう意味では、パターマットについても本当は長方形ではなく、部屋全体にを敷き詰める方が練習になるだろう。
が、まぁ現実的になかなか難しいけど・・・笑
(ちなみに、このパターマット工房は、そういう特別オーダーにも対応してくれる。)


プチマニが幅45cmではなく幅90cmのパターマットが本当は欲しかったのもその理由である。
パターマットの端が視界に入ってしまうと、パターマットから平行な情報を得ることができてしまうので、少しでも入りにくい幅広のほうが本番のシチュエーションに近いと考えていたからなのだ。



ちょっと話が脱線してしまったが、このパターマット工房の商品は、そういう情報が一切ないシンプルな人工芝という点も、大変評価が高いポイントなのである。




ちなみに、商品には写真のようなシールがついていた。
スパットをつけて練習する場合でも、自分で剥がせるもののほうが良いと思うので、なかなか気が利いていると思う。

パターマット工房CIMG8355 
100円ショップで自分で買えるものだけど、配慮が嬉しいですな




【3】速さを選べること、かつ、1つのマットで2つの速さが体験できること

パターマット工房のパターマットの商品ラインナップは、芝の速さ別に3種類のものがある。

①SUPERBENT(スーパーベント)←私が注文したもの
②BENT TOUCH(ベントタッチ)
③EXPERT(エキスパート)


①が一番重く、②、③となるに、つれて速くなる。


ホームコースが高速グリーンの人などには②・③がオススメだが、公式HPでも一般的には①のスーパーベントがオススメとなっている。



①のSUPERBENT(スーパーベント)は、片側から打つと順目、反対から打つと逆目となり、1枚のマットで2つの異なるスピードを体感することができる。

スティンプ計測の数値はないが、アマゾンのレビューなどによると、だいたい8~10フィートくらいのようだ。

スピードについては、youtubeにアップされている動画が参考になるかと思う。



公式HPのyoutubeアップ動画



個人的な感覚では、逆目だとかなり重いグリーン、順目だと普段私がいくゴルフ場と同じくらいのスピード(8フィート強)かなーという印象である。


ちゃんとしたスティンプメーターはないが、息子用の「アンパンマン滑り台」で、なんちゃって計測してみた笑

パターマット工房CIMG8365
こういう形で滑り台が活躍するとは・・・

結果は、順目だと3球平均が4.9m、逆目だと4.25mと約15%ほど違う結果となった。
(高さや傾斜の設定が本当のスティンプ計測とは全く異なるので、あくまでも順目と逆目の違いのイメージで捉えてほしい。)

個人的には逆目だと重すぎるグリーンなので、順目で練習しようかなーと思っている。
目印が何もないので、油性ペンで書いておいた笑


パターマット工房CIMG8375
こっちから打つと順目の目印



【4】人工芝の品質が良いこと

プチマニはゴルフを始めてから今まで、パターマットを3~4枚持っていた。

買ったものあるし、コンペの景品でもらったものもあるが、正直どの商品も、人工芝の品質がイマイチだなーと感じていた。

ところが、このパターマット工房のSUPERBENTは、すごく品質が良くてボールの転がり方も天然グリーンとほぼ同じである。

HPにはMADE IN JAPANで品質には自信があると記載があるが、宣伝に偽りなく高品質である。

巻き癖もつきにくく、床に置いたときも滑りにくいので非常に扱いやすい。



【5】長さや幅など、サイズのラインナップが豊富なこと

この長さや幅が選べることも、プチマニが非常に高く評価したポイントである。
それぞれの家庭の事情により、置きたいサイズ感は異なるハズだ。

しかし、多くの商品は幅も長さも1サイズしか作られていない。まぁ、製造コストを考えれば当然なのだが・・・。


一方で、このパターマット工房のパターマットは、芝の種類だけでも3種類、長さや幅も多数のラインナップがあり、希望によってはオーダーでどんなサイズにでも合わせてくれる。

製造コストや手間を考えれば非常に遠回りなのだが、これはこの会社がパターマット専門店であること及び、本当にゴルファー目線で経営を行っている企業だからこそなせる業といえよう。



サイズの選択については先ほども少し触れたが、自宅のサイズと相談したうえで、幅・長さともMAXのサイズのものを選択すると良いと思う。

特に長さについては、可能な限り長いものが良いと思う。
その理由は2点ある。

1つ目の理由は、実際のシチュエーションでも5mくらいのパットは普通に残るということ。
(よくある3mくらいのパット練習だけでは、足りない)

2つ目の理由は、どれだけオーバーしてしまったかを知るため。
実は、1つ目よりも、こっちのほうが重要な理由だ。

私が発注したパターマットは、こういう練習道具(カップの代わりとなるもの)がついてきた。
(「距離感マスターカップ」という商品名のようです。)

想定カップの奥30cmが長方形の枠になっている。
カップを通り過ぎて、この枠内に納める強さで打つように練習するという器具である。


パターマット工房CIMG8361 

この商品を見たとき、この会社は本当に真剣にパットの事を考えているなーと感心したものだ。
よく、「カップを30cmオーバーするくらいの強さで打つパットが一番良く入る」などと言われるが、それを実践するための練習カップなんて、見たことがなかった。





忘れた頃にもう一度、よくあるパターマット君に登場してもらおう笑





このよくあるパターマット君、カップ直前で傾斜があることや、線が引かれていることが問題点として指摘したが、最大の弱点は、「どれだけオーバーしたかわからないこと」だと思う。

皆さんの中でも、このパターマットで練習されているときは入れること、まっすぐ打つことだけに夢中になり、強めにはずしてしまってもあまり気にしていない方が多いのではないだろうか?(というか、そもそもカップ直前の傾斜のおかげでそんなに強く外す感覚はないかもしれないが。。。)
そして、入ったときの「コロンコロン」という音に安心してしまう・・・心当たりないだろうか???


しかし、当然だが、実際のゴルフではカップをはずした場合は、必ず返しのパットがある。
カップをオーバーしすぎる強さで打つことは、ショートすることと同じくらいよろしくないことなのである。
(返しが下りのパットになるのであれば、ショートするほうがマシかもしれませんね・・・)


実際に距離感マスターカップを使うとわかるが、カップを外した場合でも奥30cmで止める強さをコンスタントに打つのは、相当繊細なタッチが求められる。(簡単に1mくらいオーバーの強さになってしまう・・・。まぁプチマニが下手なだけかもしないが・・・)

しかし、普段の自宅のパット練習からこれくらい実践を意識したほうが、本番のスリーパットが激減すると思うのだ。
傾斜がある場合、1mのパットはプロゴルファーでも安心できる距離ではないそうである。


話が脱線気味になってしまったが、私がなるべく長いマットを勧める理由は、想定カップをマットのギリギリではなく、ちょっと手前に置くことで、はずした場合の強さ加減を知ることができるからである。

そうすると、5mのマットでも実質的には4m数十センチしか使えないことになる。
よって、置ける範囲でなるべく長いマットを使ったほうが、より実践的な練習ができるとプチマニは考えているのである。

 
(総評)
今まで複数のパターマットを持っていたが、「どれもイマイチだなー、もっとまともな商品はないのかなー」と思っていたものだ。

だが、自宅でパット練習をする事も殆どなく(^^;)、パターマットについては何となく流していた論点であった。

しかし、ラウンドする度に自分のパットの下手さにやるせなくなるし、この前読んだ中井学さんの「パットシングルになる!」でも、再度パットの重要性を痛感し真剣にパターマットを探すことになり、このスーパーベントパターマットの購入に至ったわけなのである。

このスーパーベントパターマットの良い点を再度まとめると・・・・

【1】傾斜が無いこと
【2】ラインが引かれていない(柄などがない)こと
【3】速さを選べること、かつ、1つのマットで2つの速さが体験できること
【4】人工芝の品質が良いこと
【5】長さや幅など、サイズのラインナップが豊富なこと


これだけの利点を備えたパターマットは、私の知る限りこの商品以外ないだろう。


個人的に、大手ではないけれど信念を持ったモノ作りをする企業は大好きである。
そういう企業の商品はやはり使ってみても大変満足いくものが多いのだ。

今回のパターマット工房プロゴルフショップさんのパターマットも、前評判に違わず大変素晴らしい商品であった。


価格についてはパターマット市場の相場を考えると、やや高額な部類かもしれない。
しかし、今まで述べたとおり、実戦的で質の高いパット練習をしたい方には間違いなくオススメできる、他に類の無い逸品だとプチマニは確信している。


【商品名】   スーパーベント パターマット (パターマット工房 PROゴルフショップ)
【オススメ度】 ◆◆◆◆◆
【総合評価】  ◆◆◆◆◆(最高評価獲得)


①効果     ★★★★★ (今まで体験したパターマットの中では抜群に良い品質)
②価格(コスパ) ★★★★★ (品質を考えれば十分すぎるコストパフォーマンス)
③省スペース性 ★★★★☆ (広げると大きいけど、丸めればコンパクト)
④その他    ★★★★★ 
(30cmオーバーカップ、おまけの切れ端など満足度も高い)



これは、私が購入した幅45cm、長さ5mの商品です。
いろいろなラインナップ(幅は30センチ、45センチ、90センチなど、長さは3メートル、4メートル、5メートルが既製サイズだか、オーダーにより様々なサイズが可能)があり、サイズにより価格も異なるので、ご希望のサイズを調べてみてください。


私が購入した商品は距離感マスターカップが付属されていましたが、単独でも購入可能のようです。





「練習器具」のカテゴリ一覧に戻るには、コチラ
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-22.html 


検索用) PRO-GOLFSHOP SUPERBENT プロゴルフショップ スーパーベント パターマット オススメ パターマット工房 評価 評判 口コミ 感想 使用 使ってみた 効果 品質
ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
[ 2015/07/25 22:00 ] 練習器具 | TB(0) | コメント(0)

室内用のトレーニングクラブで素振りをしよう!【練習器具4】

投稿日:2014年1月19日  カテゴリ:練習器具  

皆様、ご無沙汰しております(^^;)
(1月は結構仕事が忙しいんですよ。。。)



さて、日本各地で大雪のニュースが流れる日々が続きますが、皆様はゴルフ場や練習場に行っていますか?

私は・・・仕事が忙しいから・・・というのもありますが、寒いので行っていません(^^;)

車があれば行くんですけど、私の場合、移動手段が電車かバイクですからね・・・。





こういう時は、自宅の室内で素振りの練習をすることが重要です!

しかし・・・普通のゴルフクラブを室内で振り回して部屋を壊してしまい、奥様から怒鳴られてしまったゴルファーも少なくないと思います笑


そんなゴルファーにオススメしたいのが、こういう短いクラブです。


CIMG1068.jpg 
長さは約67cm=約26インチ


この短いゴルフクラブ、かなり前にゴルフ5だったかな?実際の店舗で購入したものです。
(確か2,500円~3,000円だったと思います。)

でも、工房に知り合いがいる方は、古いクラブを切って作ってもらった方がよいと思います。
多分そのほうが安上がりでしょうから(^^;) 



ただ、普通のゴルフクラブをカットしただけど、ちょっと軽いんですよね。

ということで、私はこういうをつけています。
 
CIMG1067777.jpg

 
こうすることで、ヘッドの重さを感じることができます。

ちなみに、この輪型の錘、円の内側に切り込みがあるのでクラブが逆さになったときでも錘が落ちてこなくてイイ感じなんですよ(^^)






この切り込みが、錘の落下防止につながります。




CIMG1069.jpg 
スイングの途中で止めても落ちてこない錘選びが重要ですよ!








この短い練習用クラブの利点は、自宅を壊さないという点だけではありません笑

普通のクラブよりもクラブフェースが近くにあるので、フェース面をより意識したスイングチェックが可能となります。

以前も書きましたが、最新の飛球法則ではスイング軌道よりもインパクト時のフェースの向きが一番方向性に影響することが知られています。

なので、室内でのスイングチェックもインパクトを中心としたフェース面の管理を強く意識してスイング練習するようにしましょう。





ちなみに、まともな室内用のトレーニングクラブとしては、Lynx(リンクス)の「ティーティングプロ2」などが有名ですね。




もし、このような練習器具を購入される場合は、グリップは標準タイプのものがいいと思います。
グリップに型が付いている練習器具は合わないと悲惨ですし、それに本当のゴルフクラブは丸いグリップですからね(^^;)



こっちは、「ティーチングプロ2 トレーニングロッド」というシャフトがしなる商品で、ノーマルグリップも選べるので、こっちのほうが良さそうかな。




いずれにせよ、どんな練習器具でもいいので寒くて練習に行けないというときでも、室内での(イメージ)トレーニングは欠かさないようにしましょう(^^)ノ


ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
[ 2014/01/19 11:20 ] 練習器具 | TB(0) | コメント(11)

インパクトマーカーで打点チェック!【練習器具3】

投稿日:2013年11月24日  カテゴリ:練習器具


まさかの本日2回目の更新です(^^;)ムラがあるなー。


今日は3つ目の練習器具として、「インパクトマーカー」を紹介します。 

今までの「練習器具」のカテゴリの記事はコチラ
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-22.html 


 
CIMG0814.jpg



この類の商品には、ショットマーカーとか、ショットセンサーとか、様々な呼び方や種類があるようですね。

「ショットマーク」


「インパクトマーカー」


まぁ、いずれにせよ、打点をチェックするためのシールであることには変わりありません。



私が購入したのはコレ

CIMG0812.jpg
Tabata(タバタ) アイアン用ショットセンサー


ちなみに、このような打点チェックシールは、練習場への行く際の持ち物リストの記事で、NOBさんの意見により取り上げた商品でもあります。

ゴルフ練習場(打ちっぱなし)に行く際の持ち物リスト
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-167.html



私もこういったシールを使うのは、約1年ぶりです。


CIMG0815.jpg
準備完了(貼り方雑だなー(^^;)) 番手は5番アイアン



早速打ってみましょう。 撮り直しなしの1発勝負ですよ~。


1球目・・・ちょっとごまかし気味のややプッシュの打球。 打った感触は軽め。 って意外と上に当たってるんですな(^^;)      

CIMG0817.jpg 






2球目・・・今度はややヒッカケ。 これまた軽めの打感。 打点はほぼ同じ(^^;)

CIMG0818.jpg 






3球目・・・ややプッシュ、芯を食ったか?と思ったけど、1・2球目と同じ位置(^^;)

CIMG0820.jpg 






4球目・・・やっと芯を食いました。

CIMG0822.jpg 


と、まぁこんな感じで、打点のチェックができるワケです。

私の場合は、どうしてもヒール気味に打つクセがあるようです。


全ての打球で使う必要は無いと思いますが、番手ごとに打点をチェックしたり、自分の感触と実際のボールの位置がドレくらいズレているのかを確認するには最適のアイテムだと思います。




10球ほど打った後・・・

CIMG0824.jpg 

上級者は打点がバラつかないので一箇所だけが真っ青になるのでしょうけど、アベレージゴルファー代表のプチマニ君が打つと、こんな感じで大きな青色になります(^^;)



【商品名】 インパクトマーカー、インパクトチェックシール、ショットマーカー、ショットセンサー など

【オススメ度】 ◆◆◆◆◆
【総合評価】  ◆◆◆◆◇
  ①効果      ★★★★★(インパクトの打点がハッキリわかる) 
  ②価格(コスパ) ★★★★☆(10枚で200円台と安いが、耐久性が低いのでマイナス1) 
  ③省スペース性  ★★★★★(全くかさばらない) 
  ④その他    ★☆☆☆☆
(下手糞ゴルファーほど消耗が早い笑)




ちなみに、基本的には近所のゴルフショップで購入すると良いと思いますが、意外と実際の店頭では置かれてなかったり種類が少なかったりするのが実情です。

ネットでポチる方は「メール便対応」してくれる業者さんがオススメです。

それから、例えばGDOで買い物したときの、中途半端な金額の調整に購入というのもアリだと思います。
(GDOは2,000円以上だと送料無料になるんですよね)


 
私はいつも、ティーなどの小物を購入して、送料無料の金額になるよう調整をしています。



amazon(アマゾン)だと2,500円以上で送料無料の合わせ買い商品になってしまうので、単品での発注は不利かと思われます。






ちなみに、インパクトチェックのためのシールは、アイアン用以外にもいろんな商品があります。


ドライバー用



フェアウェイウッド用



パター用(^^;)



ミックスバージョンもあるようです。


必要に応じて、使ってみてください(^^)ノ

「練習器具」のカテゴリ一覧に戻るには、コチラ
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-22.html 


検索用) インパクトマーカー インパクトチェックシール 打点チェック シール ショットセンサー インパクトマーカー 評価 評判 口コミ 感想 使用 使ってみた 効果
ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
[ 2013/11/24 13:30 ] 練習器具 | TB(0) | コメント(0)

パワフルスイング DRIVERヨウ GF-90 M-268 (LITE:ライト) 【練習器具2】

投稿日:2013年11月23日  カテゴリ:練習器具

今日は「練習器具」の第2弾の紹介記事である。
その前に、まだ第1弾の記事をお読みで無い方は、できれば先にそちらをお読みいただきたい。

(前回の記事)
トライワンスティック (ロイヤルコレクション) 【練習器具1】
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-170.html


なお、どの記事もそうだが、私プチマニの独断と偏見に基づいて書いている記事であることを念頭にお読みいただきたい。

では、始めよう。


~パワフルスイング DRIVERヨウ GF-90 M-268 (LITE:ライト)~


CIMG0803.jpg 
パワフルスイング DRIVERヨウ GF-90 M-268 (LITE:ライト)


「【練習器具1】トライワンスティック」に引き続き、この商品も端的に言えば「素振り用の棒」である。

重いクラブを振ることで、手打ちではなく体幹を使ったスイングができるようになり、またヘッドスピードアップやウォーミングアップに役立つというのが売り文句のようである。

また、バットの形状をしているものの、グリップがゴルフ用である点が特徴である。

CIMG0806.jpg 
ゴルフ用のグリップが付いている


トライワンスティックに引き続き、この商品を買った時期も、いつ頃だったか定かではない(^^;)
しかし、石川遼プロ野球用のバットで素振りをしていると聞いたのがキッカケで、ポチった記憶がある。


ちなみに、石川遼プロを始め多くのプロゴルファーが愛用しているという商品は、「AZAS(アザス)」というカラフルな商品のようだが、 私プチマニは、「同じ性能なら少しでも安いほうがいい・・・」という庶民派(貧乏?)ゴルファーなので、AZASより数千円安いこの「パワフルスイング」を選択した(^^;)

(でも・・・確か、石川遼プロは昔は「パワフルスイング」を使っていた記憶があるのだが、これまた正確な記憶ではない・・・)




この「パワフルスイング」には、重量に応じて2種類のラインナップがある。

【1】パワフルスイング DRIVERヨウ GF-90 M-268 (私が所有しているもの)
長さ:900mm
重量約680g





【2】パワフルスイング プレミア M-270 
長さ:900mm
重量:900g





参考までに、前回紹介した「トライワンスティック」は、ノーマルの商品で523g、重いタイプでも550g程度であり、このパワフルスイングM-268と比較すると100g以上軽いことになる。

しかし、実際に素振りをしてみると、パワフルスイングよりも、重量的には軽いトライワンスティックの方が重く感じる。(私だけかもしれないが・・・)

これは、トライワンスティックが44~45インチ(=約113cm程度)であるのに対し、このパワフルスイングが90cm程度と短いことが影響していると思う。

ちなみに、【2】の重量900gは、ほぼ野球のバットの重さであり、【1】よりは格段に重くなる。






このパワフルグリップの弱点を挙げると、

①コードグリップなので滑りやすく劣化が早い気がする。

CIMG0805.jpg 
コードグリップは固くて滑りやすいので、個人的には好みではない


②トライワンスティックと比較すると、形状が太い分だけかさばってしまう

CIMG0810.jpg 
もう少し細いと、持ち運びがラクなのだが・・・



このパワフルスイングの使い方は、どちらかという筋トレとしての利用法が主流のような気がする。
練習場でブンブン振るというよりは、毎日自宅前や公園で数を決めて素振りするという使い方になろうかと思う。
(ゴルフ練習場はともかく、ゴルフコースでのウォーミングアップには、【練習器具1】で紹介した「トライワンスティック」の方が適していると思う。 )


前回紹介した「トライワンスティック」と比較すると、用途が限られる点、かさばる点、グリップの劣化が早い点、トライワンスティックよりは万人向けではない点などを勘案し、 総合評価は4つ◆ながらも、オススメ度は3つ◆とした。

正直、この商品は先日紹介した「トライワンスティック」と効果・効用が重複する商品である。
で、ぶっちゃけ、先日紹介した「トライワンスティック」とこの「パワフルスイング」、どちらか1本だけ選べと言われれば、私は「トライワンスティック」と即答する。

ただ、私は振ったことが無いが【2】は900gあるので、重いクラブを振るトレーニングをしたい方には、【1】よりも【2】の方がオススメかもしれない。

少なくともトライワンスティックを持っている方が、新たに680gの【1】を購入する必要性は、個人的には無いと思う。


【商品名】 パワフルスイング DRIVERヨウ GF-90 M-268 (LITE:ライト)

【オススメ度】 ◆◆◆◇◇(これを買うなら、トライワンスティックの方がオススメ、900gのM-270は未知数)
【総合評価】 ◆◆◆◆◇
  ①効果     ★★★★☆ (ヘッドスピードアップとウォーミングアップに)
  ②価格(コスパ)★★★★☆ (3,000円台の手ごろな価格設定だが、あと2、000円出してトライワンスティックを買いましょう。)
  ③省スペース性 ★★★☆☆ (若干太いので、キャディバックやクラブケース内で邪魔になる)
  ④その他   ★★★★☆ (本体は壊れないが、グリップの劣化が早いのでマイナス1)


とりあえず貼ってみますが・・・




上のM-268よりは、思い切って900gのコチラの商品の方がよいかもしれません。




ただ、これらのバットより、【練習器具1】で紹介した「トライワンスティック」の方が個人的にはオススメです。





「練習器具」のカテゴリ一覧に戻るには、コチラ
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-22.html

(検索用)
パワフルスイング DRIVERヨウ GF-90 M-268  M-270 ライト(LITE) 効果 口コミ 評判 感想 使い方 価格 素振り用バット ゴルフ
ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
[ 2013/11/23 21:30 ] 練習器具 | TB(0) | コメント(4)

トライワンスティック (ロイヤルコレクション) ★最高評価獲得 【練習器具1】

投稿日:2013年11月19日  カテゴリ:練習器具

皆様、こんばんは(^^)ノ

寒暖の差が激しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
風邪が流行っているようなので、皆様もご注意くださいね!


さて、今日は新しいカテゴリ「練習器具」の第1回目の記事となります。

このカテゴリでは、私が今まで使ったゴルフの練習道具を振り返り、
それぞれの練習器具を、ゴルフ練習場ミシュランの記事みたいに、

【オススメ度】
【総合評価】  
 ①効果     
 ②価格(コスパ)
 ③省スペース性 
 ④その他    


てな感じで、5段階評価していこうと思います。笑
(①~④の中でも、総合評価は「①効果」を最重視しています。また、基準は今後変わる可能性大アリです(^^;))

それと、私はそんなに練習アイテムを持っているわけではないので、それほど多くの記事は書けませんのでその点もあらかじめご容赦ください笑

せっかく1発目の記事なので、「である」調で書いてみますね。


~トライワンスティック(ロイヤルコレクション)~


CIMG0737.jpg 
トライワンスティック(スタンダード)


この商品を買った時期は、いつ頃だったか定かではない。
なんとなくネットを見ていて「良さそうだ」と思い、ポチった記憶がある。

製作メーカーは、ロイヤルコレクション
私の中で「ロイヤルコレクション」と言えば、上級者向けかつ高額なフェアウェイウッドメーカーというイメージが強く、 この商品を購入するまでは全く縁が無いメーカーであった。(というか、この商品購入後も縁が無いのだが笑) 



この商品、端的に言えば「素振り用の棒」である。
しかし、単なる棒ではなく、赤いグリップ側と青いグリップ側とで重量が異なっているのだ。

赤側のグリップは軽く、青側のグリップは重い構造になっている。

なので、赤いグリップを持つと先端の青側が重いので、ウォーミングアップや準備体操時に役立つ一方、 青いグリップを持つと先端の赤が軽いので、ヘッドスピードアップの練習ができるのだ。
(以前にも述べたが、ヘッドスピードを上げるには重いクラブを振るだけではなく、軽い棒を速く振ると効果的である)



このトライワンスティックは、重量や長さに応じて3種類のラインナップがある。

【A】トライワン スティック(スタンダード)
長さ:44インチ
重量:約523g
 


【B】トライワン スティック プロ 「よりハードなプロ仕様。ブラックIP仕上げ」
長さ:45インチ
重量:約550g
 



【C】トライワン スティック ライト 「ライトモデル:レディース・ジュニア対応」
長さ:42インチ
重量:約495g





私が購入したのは「【A】スタンダード」であるが、個人的には【B】でも良かったかなーと今では思っている。
(ご参考までに、私プチマニは身長178cm、体重72kg前後、「本当のヘッドスピード」47m/s前後である。)

「本当のヘッドスピード」については、コチラの記事をお読みいただきたい。
 
ヘッドスピード測定器 (下) 本当のH/S値と日本のゴルフ業界の問題点 【現代ゴルフメカ三種の神器 (3)-下】
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-85.html






ところで、この「トライワンスティック」が無くても、クラブ2本で素振りをすれば良いという意見もあるかもしれない。

しかし、その場合グリップも2本分あるので握りにくいし、またヘッド側に重さが一点集中するので、なんとなく不自然な素振りになってしまう気がする。

その点、このトライワンスティックは、先端に重量が偏ることも無く、自然な重さであるため普通のゴルフクラブが重くなったような感覚で振ることができるのだ。




また、この棒、素振りだけではなく、地面に置いてターゲットチェッカーとして利用することもできる。 (ゴルフクラブを地面に置くのは嫌なので、これはなかなか使い勝手が良いと思っている。)


CIMG0712.jpg
こうやって、方向性の確認に利用することもできる



またヘッドに何かついているわけではないので、かさばらない点も好印象である。
私は常にクラブケースに入れて練習場に持っていっているし、ゴルフ場に行く場合も必ず持参している。

ゴルフコースでは、ドライバーなどのティーショットの際の、ヘッドカバーのドック(ヘッドカバーを挿しておくもの)としても利用可能である。(コメントをしてくれたenkyoさんのご意見により追加)



ということで、トライワンスティックは、シンプルながらも効果はわかりやすく、また多様な使い方ができる優良練習器具である。

効果や使い勝手及び長く使える点(劣化しない点)等を考慮すると、コストパフォーマンスは極めて良いといえるだろう。

私は今まで棒状の練習器具を3つ購入しているが、その中では一番重宝しているし長く使っている。
(今後紹介予定のイマイチな棒状の練習道具もありますので(^^;))

このトライワンスティックは、棒状練習器具の中では最も優良な部類に入るであろう素晴らしい商品である。
読者の皆様にも是非おすすめしたい。


【商品名】   トライワンスティック (ロイヤルコレクション)
【オススメ度】 ◆◆◆◆◆
【総合評価】  ◆◆◆◆◆ (最高評価獲得)


①効果     ★★★★★ (準備運動、ストレッチ、方向確認、ヘッドスピードアップと多彩)
②価格(コスパ) ★★★★★ (決して安くは無いが、効果と長く使える点を考えると5つ星だろう)
③省スペース性 ★★★★☆ (練習場はもちろん、ゴルフ場にも持っていける、家の中で振れないのでマイナス1笑)
④その他    ★★★★★ 
(壊れない、劣化しない点などを考慮)



(ご参考)
少し短くフレックスが柔らかい商品が発売されたようです。
クラブに近いしなりを感じられるようなので、こちらのほうがオススメかもしれません!



TRI-ONE FLEX41

(検索用)
トライワンスティック(TRY ONE STICK) スタンダード プロ ライト 効果 口コミ 評判 感想 使い方 価格 

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
[ 2013/11/19 21:40 ] 練習器具 | TB(0) | コメント(9)
月別アーカイブ
最新記事
ポチっと応援よろしくです!
プロフィール

TOMO

Author:TOMO
ゴルフ業界とは無関係なサラリーマンゴルファーです。
よろしくお願いします(^^)ノ
【居住地】 埼玉県さいたま市
【出身地】 石川県金沢市
【年齢】 35歳(1980年生まれ)

Twitter(ツイッター)
アメブロの「なう」みたいに使ってみます
タグ

評価・評判・口コミ・感想 おすすめ商品 ゴルフコース ☆意外とオススメ記事 東京都の練習場 アイアン 千葉県 23区内の練習場 AF-502 アコーディア・ゴルフ関連 石川県 地元 遠藤製作所(エポンゴルフ) EPON(エポン) 金沢市 購入記 ☆マニア向け記事 ゴルフ業界・ニュースの考察 筋トレ・飛距離アップ・ダイエット 正月 ゴルフの小物・アクセサリー 千葉県のゴルフ場 PGM オススメ度5つ◆の練習場 実測100ヤード以上の練習場 YUPITERU(ユピテル) 実測150ヤード以上の練習場 シャフト コンペの賞品(景品)にお薦め 実測200ヤード以上の練習場 TOB 埼玉県の練習場 ヘッドスピード測定器 痛い HS計測器 アルバトロスビュー 食べログ 足裏マッサージ・足ツボマッサージ 2ピースレンジボール採用のゴルフ練習場 ゴルフ社会学 東京都港区 人間ドック タイトリスト(TITLEIST) バリウムと胃カメラ アクアライン アニメのキャラクターのヘッドカバー ドクターフット(Dr.foot) ゴルフコンペ 六本木ヒルズクリニック GPSナビ計測器 会社の人とのラウンド 友人とのラウンド GPSゴルフナビ測定器 芸能人が来ると噂の練習場 石川遼 ゴルフフィールズ(QP) 朝日ゴルフ グリップ カシオエクシリムFC300S ダイナミックゴールド(DG) AGN3400 ハイスピードデジタルカメラ ショットナビアドバンス(Shot ゴルフのリスクマネジメント スパイン調整 ウェッジ 振動数 イーグルビジョン(EAGLEVISON) MODUS3(モーダス3) 目黒区の練習場 江東区の練習場 エポン(EPON)のアイアン比較 石川県の練習場 ゴルフ福袋 千葉県の練習場 トラックマン AF-tour 川崎市の練習場 プロアバンセ ロイヤルグリップMW ブリヂストン 三浦技研 ゴルフと麻雀の共通点 東京都のゴルフ場 910F カシオ(CASIO)のハイスピードデジカメ 栃木県 キャディ PING(ピン) ゴルフフィールズ(QP) PING(ピン) アイアン選びの5か条 宮里藍 虎屋(とらや)のホールインワン最中 バイク 和光市の練習場 学生時代 東京都 GST-2とGST-3とGST-4 AF-302 AF-702 PRGR(プロギア) オススメ度5つ◆のショートコース AF-503 本当の飛距離 試打 高津区の練習場 神奈川県の練習場 金沢市の練習場 木更津市のゴルフ練習場 栃木県のゴルフ場 千葉県のショートコース ショートコース ゴルフ練習場の閉鎖 木更津市 埼玉県のゴルフ場 フェアウェイウッド(FW) トリビア 大田区の練習場 コンペの幹事 立体で見えやすいボールマーカー WGSL さいたま市南区の練習場 ハーフラウンド 河川敷ゴルフコース GST-5GとGST-5GLとGST-5WとGST-6Wの違い(比較) QP 早朝ラウンド 神奈川県 長野県 軽井沢 東京都江東区 世田谷区の練習場 さいたま市中央区の練習場 大井町 調布市の練習場 ふじみ野市の練習場 千葉ゴルフフェスタ 野々市市の練習場 野田市の練習場 品川区の練習場 埼玉県 墨田区の練習場 港区の練習場 GST-2 石川県のゴルフ場 江戸川区の練習場 新宿区の練習場 北区の練習場 レッドアイズポケット GST-3AとGST-3BとGST-3Gの比較(違い) 諸藤正次 ボールラインマーカー NO1グリップ ゼクシオ 福島晃子 新座市の練習場 練馬区の練習場 所沢市の練習場 Nsプロ950 タイガー・ウッズ 長野県のゴルフ場 コンペの賞品(景品)にお勧め 松山英樹 ゴルフクラシック 新潟県 株主優待 価・評判・口コミ・感想