少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)

薀蓄(うんちく)2流、腕3流。ゴルフへの愛情だけは1流のゴルファーのブログ。ゴルフギア・メカの薀蓄や練習場の評価など、好き勝手書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

ヘッドスピード測定器 (中)-② ユピテル社のヘッドスピード測定器(GST)の比較一覧表とオススメ機種 【現代ゴルフメカ三種の神器 (3)-中-②】

投稿日:2012年12月13日(2014年1月25日情報更新)  カテゴリ:三種の神器(ゴルフメカ)

~お知らせ~
2015年2月に、情報を一新するため、ユピテル社のヘッドスピード測定器比較表を再作成し、新しい記事にいたしました。最新の機種一覧を比較される場合は、下記の記事をお読みいただくようお願い申し上げます。

三種の神器(3) ヘッドスピード測定器 (中)-③
最新のユピテル社のヘッドスピード測定器(GST)の比較一覧表
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-210.html









「三種の神器(ゴルフメカ)」カテゴリファン?の皆様、お待たせである。


一度完結したはずの「三種の神器(ゴルフメカ)」シリーズの続編である。

↓テーマ別 「三種の神器(ゴルフメカ)」の記事一覧はコチラ↓
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-5.html



実は最近「GST-3B GST-3G 違い」「GST-3A 3B 3G 比較」などの検索ワードでこのレポートにお越しいただいている方が急増している。


しかし、私が以前書いた記事は、これらの機種の違いについて曖昧な記述しかしていなかった。。


現代ゴルフメカ三種の神器(3)ヘッドスピード測定器(中)ユピテル GST-2
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-84.html



ユピテルの公式ホームページでは各機種の違いがまとまっておらず大変わかりにくい。



前回の記事の中で私は、「ユピテル社は比較一覧表を作成すべき」と書いたが、その後ユピテル社が比較一覧表を作る様子は全くない。(当たり前か笑)

「三種の神器(3)ヘッドスピード測定器」の記事を書いてから約3ヶ月間、機種の違いを調べるためにヤフーやグーグルなどの検索エンジンで私のレポートにお越しいただいた方の期待を裏切る状態が続いており、大変申し訳なく思っていた。


そこで「ユピテルが作らないなら自分で作ってしまえ」ということで、比較一覧表を作成するにことにしたのである。

 CIMG1144.jpg
エクセルで作成したGSTシリーズの比較一覧表のイメージ(拡大版は記事の最後で掲載します)



なお、今日の記事を読む際に注意していただきたい点を3つ挙げておこう。


【1】三種の神器(3)ヘッドスピード測定器を読んでいない方は、必ず先にそちらを読んでほしい。
現代ゴルフメカ三種の神器(3)ヘッドスピード測定器(上)その歴史と飛距離との関係
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-83.html


【2】記事は私の主観で作っているものであり内容に誤りがあるかもしれないので、その点はあらかじめご了承いただきたい。

【3】記事の内容はできる限り最新の状態を保ちたいと思うが、場合によっては古くなっていることもあると思うのでその点もご了承いただきたい。




<ユピテル社が発売してきたヘッドスピード測定器一覧>


ユピテル社は2007年の第1弾「GST-1」を皮切りに、今日(2014年1月)まで合計13種類のヘッドスピード測定器を生産・販売してきた。

①GST-1(2007年12月発売)
②GST-2(2008年7月発売、生産終了)※私が持っているもの
③GST-2B(2010年1月発売、生産終了)
④GST-2A(2010年2月発売、生産終了)
⑤GST-2AP(2010年6月発売、生産終了)
⑥GST-2GN(2010年10月発売、生産終了)


~ココより上は生産終了・ココより下が販売中~


⑦GST-4      (2011年2月発売、販売中)
⑧GST-3GN    (2011年4月発売、販売中)
⑨GST-3B(W)(K) (2011年7月発売、販売中)
⑩GST-3G     (2011年7月頃発売、販売中)
⑪GST-3A(W)(K) (2012年1月発売、販売中)
⑫GST-3pocket (2013年3月発売、販売中)
⑬GST-5Arc    (2013年6月発売、販売中)


さて、1つずつ見ていこう。
(読むのが面倒な方は一番下の比較一覧表まで飛ばしてください(^^;))


①GST-1(2007年12月発売)


これはユピテル社から初めて販売されたヘッドスピード測定器である。


GST-1は「ヘッドスピード」と「ボール初速」しか計測できないという(この2つすら同時に測ることができない)現在から見ると非常にショボいスペックである。


しかし、当時のヘッドスピード測定器といえば、PRGR(プロギア)社のマグネットをつけるヘッドスピード測定器が一般的であったため、このマグネットの装着が不要なユピテル社のGST-1は、「面倒くさくないヘッドスピード測定器」として市場で高い評価を受けたのである。



②GST-2(2008年7月発売、生産終了)


GST-1の発売から約半年後、ユピテル社は満を持して新作を市場に投入した。
後にヘッドスピード測定器の代名詞となる「GST-2」である。

発売当初は25,000円前後という高額商品であったが、ヘッドスピードやボール初速だけではなく、推定飛距離やミート率まで測定してくれるというゴルファーが長年夢にまで見てきた(かもしれない)待望の商品であった。



この①GST-1~②GST-2の頃のヘッドスピード業界については、以前の記事をご参考にしていただきたい。


現代ゴルフメカ三種の神器(3)ヘッドスピード測定器(上)その歴史と飛距離との関係
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-83.html



③GST-2B(2010年1月発売、生産終了)


その後発売されたのが、GST-2B(BASIC:ベーシック)である。
これは、GST-2にあった「練習モード」の機能を削ったモデルであった。


又、GST-2ではブラック、グリーン、ピンクの3色であったカラーを、GST-2Bではホワイト・ゴールドの2色にイメチェンしてきた。

余談だが、私の会社の同僚であり、シーサイドゴルフ木更津ショートコースやミルフィーユゴルフクラブで一緒にプレイしたO君が持っているのはこのGST-2Bである。
GST-2は、どのカラーを持っているかで、いつ頃購入したのかも判断できるのである笑


~追記~
なお、このGST-2Bのホワイト色は、2015年に入ってから「GST-2sports(GST-2S)」という名称で販売されているようだ。価格が4,000円台なので型落ちでも良いから安いほうが良いという方にはオススメだ。







④GST-2A(2010年2月発売、生産終了)


次に、2A(ADVANCE:アドバンス)という機種が発売された。


このGST-2Aは、2Bと比較し大きく2つの変更点があった。


1つ目は「練習モード」の復活。恐らく2Bで削ったのが不評であったのだろう。


2つ目は「スピードモード」の搭載。
スピードモードは、野球のピッチング・スローイングの速度や、サッカーのシュート速度なども計測できるという機能である。
これは、子持ちのお父さんゴルファーをターゲットに、「少年野球や少年サッカーでも使える」というセールストークもできる、という観点で商品開発がなされたのだと推測している。


この他、このGST-2A以降の機種からは、機種本体に日時を記憶させられるようになった。



⑤GST-2AP(2010年6月発売、生産終了)


このGST-2APは、GSTユーザーの一番大きな不満を解消してくれる転換点の機種となった。


これまでの①~④の機種は「ヘッドスピード・推定飛距離」と「ボール初速・ミート率」が一度の画面に表示されず画面の切り替えが必要であったが、このGST-2AP以降の機種はこれら4つの数値を1つの画面で一括表示してくれるようになったのである。


また、角度調整ブラケットやベース(置き台)も標準で装備されており、現在から見ても一番バランスが取れていると思われる機種である。

しかし、残念ながら現在は生産を終了しているようだ。



⑥GST-2GN(2010年10月発売、生産終了)


次に販売されたこのGST-2GNは、GPSナビ機能も装備されたモデルであった。

また、今までモノクロだった画面もカラーになり、ボタン式であった操作方法もタッチパネル式になるという大きな変更を行ったモデルとなった。

しかし、以前の記事でも述べたが、個人的にはGPSナビは別機であったほうが良いと思うし、カラー液晶は電池の消耗も激しいと思われあまり魅力的ではない。

ちなみに、ユピテル社のヘッドスピード測定器で名前に「GN」が付く機種は、GPSゴルフナビ機能が装着されている(「Golf Navigation」の頭文字と推測される)


GPSナビについても、魂を込めた(つもりの)記事を書いているので、余力があったら読んでみてほしい。

現代ゴルフメカにおける三種の神器 (1)GPSゴルフナビ測定器 (上)
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-83.html


~ココまでは生産終了、ココから下は現在も販売中のモデル


⑦GST-4(2011年2月発売、販売中)


次に販売されたのは、GST-4であった。
なぜか「3」を飛ばして「4」が発売されたようである笑


ユピテル社は(恐らくコストはあまり考えず)「カラー液晶、タッチパネル操作、履歴や平均値のグラフ表示、スピード検知機能」など、それまで搭載してきたあらゆる機能をこのGST-4に盛り込んできた。


さらに、リズムよくスイングするために「メトロノーム機能」なども新たに装備されている。(必要かどうかは怪しいが笑)


また、それまで12種類しか選べなかったゴルフクラブの設定数を、一気に22種類まで増やしてきた。


しかし、お値段は30,000円弱とちょっと高価である。



アマゾンでは在庫が無いようです。ユピテルの公式HPでも「在庫少」となっていました(^^;))2014年1月現在)

⑧GST-3GN(2011年4月発売、販売中)


ユピテル社が次に市場に投入したのは、⑥GST-2GNと同じGPSナビ機能搭載モデルであった。

このGST-3GNは基本的にはGST-2GNの機能を引き継いでいるが、⑥GST-2GN、⑦GST-4で搭載されていた「スピード検知モード」は削られたようである。


GPSナビ機能が付いている分、他の機種と比べてかなり高額である。





⑨GST-3B(W)(K) (2011年7月発売、販売中)


それまで機能を追求してきたユピテル社は、この機種で方向転換を図ったようだ。

まず、カラー液晶・タッチパネル操作をやめ、練習モードも削った。
さらに日時機能やmicroSDカード機能も削り、コストダウンを図った模様である。

恐らく、消費者の「機能よりもコストを優先してほしい」という声が多かったため、このような方針の転換を図ったのだと推測される。 色は2種類(W:ホワイト、K:ブラック)から選べる。


 

⑩GST-3G(2011年7月頃発売、販売中)


このGST-3Gはユピテルのホームページにも掲載されていないが、検索では「GST-3G 3B 違い」などでよくヒットする機種である。

ユピテル社に問い合わせしたところ、機能としては⑨GST-3Bと全く同じであるが販売ルートが違うとのこと。


つまり、このGST-3Gは店頭では販売されない「インターネット通販専用モデル」とのことである。
だからこそ、web上で驚異的な価格で販売されているのだと推測される。




⑪GST-3A(W)(K)(2012年1月発売、販売中)


⑨GST-3B(=⑩GST-3G)と機能面で異なるのは1箇所のみ。
マイクロSDカードの復活である。





⑫GST-3pocket(2013年3月発売、販売中)

機能的にはGST-3Aと同等だが、サイズがコンパクトな機種である。


GST-3ポケットキャプチャ 





⑬GST-5Arc(2013年6月発売、販売中)

現時点(2014年1月)での最新機種である。
ヘッドスピードやボール初速だけではなく、スイング軌道も表示できるというハイテクマシンである。


GST-5キャプチャ







~で、オススメ機種は・・・~


以上で、ユピテル社のヘッドスピード測定器全13機種を紹介し終えた。


個人的に一番魅力的に感じるモデルのは⑤GST-2APであるが、残念ながら現在は生産も販売もされていないようだ。


現在販売されている機種の中で、オススメランキングをつけると以下の通りである。
(あくまでも、ユピテルのヘッドスピード測定器については「②GST-2」しか持っていない私の主観である点にご注意いただきたい。)


機種    価格(円)   オススメ度 (下段は理由)

⑦GST-4    約30,000円   ★★☆☆☆  

 →カラー表示は電池の消耗が激しそう。価格は無視してハイスペックを求める人向け。


⑧GST-3GN  約42,000円   ★☆☆☆☆  

 →個人的にはカラー表示は不要。GPSナビは別機が良い。


⑨GST-3B   約15,000円   ★★☆☆☆

 →コレを買うなら、全く同じ機能の⑩GST-3Gをネット通販で買うべし。


⑩GST-3G  7,000~8,000円  ★★★★★

 →コスパ抜群、MicroSDにこだわりがなければ絶対にコレかな。
   
  

  一時期、GST3Aの方が安い時期があり、その時は3Aをイチオシしていたのですが3Aは在庫が尽きてしまったようです。 
 


ユピテルによると、この機種も在庫が少ないようなので、気になる方は早めにGETしておいたほうが良いと思いますよ!

⑪GST-3A   約7,000円前後   ★★★★★(在庫切れ) 





イチオシの機種でしたが、在庫が切れてしまったようです。


⑫GST-3pocket   約15,000円   ★★☆☆☆

常に持ち悪く物でもないのに、サイズがコンパクトというだけで価格が倍近くになってしまうのは、個人的には全然魅力的ではない。


⑬GST-5Arc   約31,500円   ???(未知数)

使ったことが無いので評価できません(^^;)
使い勝手と精度がよければ十分検討の余地有だと思います。




~ユピテル社 ヘッドスピード測定器比較一覧表(拡大版)~

さて、お待まちかねの比較一覧表だ。

まずは全体像から。


CIMG1144.jpg   
全体像



次に現在発売中機種を拡大。


CIMG1143.jpg   
①現在発売されている機種一覧

この表はまだ3Aの在庫があるときの表なので、この記事と少し内容が食い違っています。
3Aがない今、最もオススメなのは3Gです!


おまけとして生産終了機種一覧もどうぞ笑
CIMG1145.jpg 
②生産終了機種一覧



~終わりに~


各機種の違いを調べるために検索で当レポートにお越しいただいた読者の皆様、いかがだっただろうか?
今回の記事は自分でもブログタイトルに引けをとらない内容に仕上がったと思う。

このプチアマニアックな記事が、少しでも皆様の参考になれば大変幸いである。

↓テーマ別 「三種の神器(ゴルフメカ)」の記事一覧はコチラ↓
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-5.html

三種の神器(3)ヘッドスピード測定器(中)-② ユピテル社のヘッドスピード測定器(GSTシリーズ)の比較一覧表とオススメ機種(終わり)

☆オススメのGST-5GL☆





(検索用)ユピテル アトラスゴルフナビ ATLAS スイングマルチテスター スイングトレーナー GSTシリーズ 機種 評価 評判 感想 オススメ GST-2 GST-3B GST-3A GST-3G GST-3GN  安い 価格 激安 中古 新品T-4 比較 違い ゴルフ ブログGST-4 ヘッドスピード計測器

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事
スポンサーサイト

ヘッドスピード測定器 (中) ユピテル(YUPITERU) GST-2 【現代ゴルフメカ三種の神器 (3)-中】

投稿日:2012年9月9日  カテゴリ:三種の神器(ゴルフメカ)


~お知らせ~

ユピテル社のGSTシリーズを徹底的に分析・比較した記事はコチラになります。
本当は順々に読んでいただきたいのですが、セッカチな方はこちらの記事をどうぞ笑

ヘッドスピード測定器 (中)-③ 最新のユピテル社のヘッドスピード測定器(GST)の比較一覧表 【現代ゴルフメカ三種の神器 (3)-中-③】

petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-210.html





さて、中編である。

その前に、上編をお読みいただいていない方は上編からお読みいただきたい。


現代ゴルフメカ三種の神器(3)ヘッドスピード測定器(上)その歴史と飛距離との関係
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-83.html


また、1つ目と2つ目の三種の神器の記事をお読みいただいていない方は、できればそちらもお読みいただきたい。

現代ゴルフメカにおける三種の神器 (1)GPSゴルフナビ測定器 (上)
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-16.html


三種の神器(2)ハイスピードデジカメ カシオエクシリム EX-FC200S(現在はFC300S)
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-75.html




今日は、私が現在使用しているヘッドスピード測定器「ユピテル GST-2」の紹介である。


いつものレポート通り「使い方」「メリット」はもちろん、「使用上の注意点や副作用、機種の改善点」も述べる予定である。

なお、機種は古いが、その後の機種も基本的な仕組みは同じなので、ご参考にしていただけると思う。



【GST-2とプロギアの旧機種との比較】


ユピテル社の「GST-2」の登場は、確か2008年頃だったと思う。

GST-1という初代機の登場後、すぐにGST-2が登場した記憶がある。



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
ユピテル社 GST-2
この機種は生産は終了しているようで、後継機種が販売中である。


GST-2は、それ以前に使用していた旧型のPRGR(プロギア)社のヘッドスピード測定器と比較すると、


①マグネットをつける手間が不要


②ヘッドスピードだけではなく、ボール初速やミート率、推定飛距離まで表示してくれる


③その他、もろもろ楽しい機能がついている。


という夢のような商品であった。


価格は確か25,000円前後だったが、ちょうど第2次ゴルフ熱ブーム中だった私は迷わず購入した。



【使い方】


飛球線上の後方(右打ちの人であれば、自分の右側)の約1~1.5mくらいの位置に置いておくだけ。これで、「ヘッドスピード」や「ボール初速」などのデータを計測してくれるのだ。

計測する仕組みは、「マイクロ波センサを採用して、ドップラー効果がどうのこうの・・・」らしいが、文系脳のプチマニ君には理解不能である(^^;)


ウィキペディア先生 「ドップラー効果」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%8A%B9%E6%9E%9C


まぁ、ザックリ言うと電波を飛ばしていて物体が動くスピードを検知する、という仕組みなんでしょう笑


ちなみに、ユピテル社はオービスなどを感知するレーダー探知機などに強い企業であり、ゴルフが本業ではないようだ。


ユピテル社ホームページ
http://www.yupiteru.co.jp/



このGST-2は、実際にボールを打つと、


■ヘッドスピード
■推定飛距離

□ボール初速
□ミート率(スマッシュ・ファクター)

の4つを表示してくれる。


しかし、■と□は一度の画面に表示されず、ボタンの切り替えが必要でありちょっと不便である。
(後継機種はこの4つを一括表示してくれるようになった。)




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
「ヘッドスピード&推定飛距離」の画面




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
「ボールスピード&ミート率」の画面

切り替えが面倒である┐('~`;)┌


ちなみに、ボールを打たない素振りでも、ヘッドスピードと推定飛距離は表示される。
素振り時の推定飛距離は、ヘッドスピード×○○(この係数はヘッドスピードによって異なるが、4.7~5.3程度)で計算しているようであり、ヘッドスピードが速いほど大きな係数を採用しているようである。



【GST-2を使用する3つのメリット】


①ヘッドスピードの上げ方を知ることができる


力を入れてマン振りしてもそれほどヘッドスピードが上がらないことがわかるだろう。

自分の感覚とのズレを認識し、ヘッドを走らせる感覚を知ろう。

きっと、飛距離と方向性の向上に繋がるハズである。



②ミート率の重要性がわかる


GST-2を使用すると、より正確で強い球を打つには、ただヘッドスピードを上げればいいというわけではないことが理解できるだろう。


大切なのは、ボール初速ミート率(スマッシュ・ファクター)である。


ミート率の公式は以下の通りである。


ミート率=ボール初速÷ヘッドスピード


上編でも述べた公式では


飛距離≒ボール初速×4


だったので、式を変形すると、


飛距離≒ヘッドスピード×ミート率×4


という式が成り立つことも解かる。


ミート率の理論上の最高値・限界値は1.5と(ユピテルの説明書には1.56がボールの反発係数の最大値と書いてあるが・・・)いわれており、1.4以上の数値が出せれば上級者といわれている。
GST-2では、ミート率が1.4以上出ると、「ナイスショット」が表示される仕組みとなっている。




③狭い練習場でもよくなる


GSTシリーズは、角番手ごとに設定ができる。
これにより推定飛距離の計算方法を変えているようだ。


そうすると、狭い練習でも毎回同じような数値が出るかどうかを確認すれば、だいたいの感覚はつかめるようになる。


ちなみに、今後紹介予定の私が一番よく利用している練習場も50ヤード程度の狭い練習場でああるが、そこでGST-2は非常に心強い神器として活躍してくれる。




【ユピテル社のヘッドスピード測定器のオススメ機種】


~追記~

ユピテル社のヘッドスピード測定器の詳細な比較については、こちらの記事を参考にしてほしい。(全部で11機種を徹底比較しています)

三種の神器(3)(中)-② ユピテル社のヘッドスピード測定器(GST)の比較一覧表とオススメ機種
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-117.html



~機種比較省略~




【GST-2のその他の楽しい機能】


GST-2にはこの他、


★仮想ラウンドモード


★パター練習モード


★外付け管理機能

など楽しい機能が満載である。

ブリヂストン社の「サイエンスアイポータブル」やプロギア社の「レッドアイズポケット」などと比較すると、顧客へのアピールが上手いと感じるところである。

外付け管理機能の詳細ついては、コチラのURLをご覧いただきたい。
http://www.yupiteru.co.jp/products/atlas/gst-2/manual/index.html


 

【使用上の注意点


①推定飛距離は初速値だけで計算され、打ち出し角度や曲がり、スピン量は考慮されていない点


ドスライスやドチーピンの場合でも初速が速ければかなりの飛距離が表示されてしまう。
打ち出し角や左右の曲がりについては機械で感知してくれないので注意しよう。



②アイアンの場合、ミート率にそれほどこだわらないこと。


ロフトが寝る(=短い番手になる)ほど、インパクトのエネルギーがスピン量に食われてボール初速に伝わりにくくなるのだから、ミート率はどうしても下がってしまう。
(ミート率=ボール初速÷ヘッドスピード、つまり、短い番手ほど分子が小さくなるのでミート率が下落してしまうということ)


そのため、アイアンの練習の際にはそれほどミート率にこだわらないようにしよう。


それよりも、ナイスショット時のミート率や初速を覚えておいて、安定して同じ番手で近い数値が出せるようにする方が懸命である。


もっとも、飛距離係数(反発係数)を変更し、番手毎の飛距離を調整することもできるらしいが、そういう調整にはあまり興味がないので私はやっていない。



③取扱いに注意すること


注意書きによると、「本機は総務省の定める特定小電力無線局移動体検知センサー用無線設備(電波法)の適合を受けた製品です。」とのことであり、下記の注意事項を守る必要がある。

■本体裏面の技術基準適合証明ラベルをはがさないでください。
■海外では使用しないでください。
■分解・改造しないでください。

これらの注意書きを守らないと電波法で罰せられることもあるようなので注意したい。



 

【ヘッドスピード測定器使用による副作用


①マン振り症候群


これだけ「ミート率が重要」だと言いながらも、やはり男の子だからだろうか(^^;)、私もヘッドスピードを上げようと頑張ってしまうことがある。


マン振りしてヘッドスピードを上げようとする行為は、スイングを壊す原因にもなってしまうので控えたいものである。


これを避けるには、ヘッドスピード測定器は置きっぱなしにしないで、その日の調子をある程度掴んだら、カバンにしまってしまうのも一つの手だ。


 

②被ナンパ症候群


練習場でGST-2を使用していると、見知らぬ人から声をかけられてしまう可能性がある。

私は男なので問題ないが、教え魔に狙われやすい女性ゴルファーなどは注意する必要があるかもしれない。

対応策としては、異性のゴルファーと一緒に練習に行く、練習場の隅で練習する、という選択肢が挙げられる。



③ショック症状の発生


GST-2を使用すると、ヘッドスピードの割りには飛距離が出ないということにショックを受けるだろう。

確かに練習場の団子ボールは飛ばないのだが、それを差し引いても飛ばないことにガックリ来てしまうだろう。


以前にもGPSナビの記事の下編で「副作用⑤ショック症状の発生」を紹介したが、それと同じような症状に陥る可能性がある。


現代ゴルフメカにおける三種の神器 (1)GPSゴルフナビ測定器 (下
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-18.html


ちなみに、多くの人はGST-2の推定飛距離をシビアと言うが、残念ながらボールを打ったときの推定飛距離は、かなり正確な値である。

また、
推定飛距離を見て愕然としたゴルファーが「これはキャリーの値だ」と自分を慰めることが多いようだが、残念ながら「ラン込みのトータルの推定飛距離」である。


詳細については、下編で詳しく述べる。



【GST-2の改善点・問題点


①4つの数値を一括表示してほしい。


記事の中でも触れたが、GST-2は「ヘッドスピード・飛距離」の画面と「ボールスピード(初速)・ミート率」の画面が別であり、切り替えが必要となる。
ただし、GST-2AP以降の後継機種では一括表示されるようになったので、改善済みといえる。


②ユピテル社は、各機種の比較一覧表を作成すべき。
これだけ機種がありながら、機種ごとの違いがイマイチ分かりにくい。

→ユピテル社が作らないので、プチマニが作りました。

三種の神器(3)(中)-② ユピテル社のヘッドスピード測定器(GST)の比較一覧表とオススメ機種
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-117.html


③打ち出し角(上下左右)も表示されると素晴らしい。(難しいんでしょうけどね(^^;))

→なんと、gst-5arcという新商品は、インパクト時のロフト角が判かるようです。






④スピン量も測れたなら最高だなぁ。(
もっと難しいんでしょうけどね(^^;;))



そして5つ目・・・これが一番の問題点なのだが・・・


⑤ヘッドスピードとボール初速の数値が甘いこと
 

→長くなるので、下編で書こう。



現代ゴルフメカ三種の神器(3)ヘッドスピード測定器(中)ユピテル アトラスゴルフナビ スイングマルチテスター GST-2 終わり



(続き)現代ゴルフメカ三種の神器 (3) ヘッドスピード測定器 (下) 本当のH/S値と日本のゴルフ業界の問題点
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-85.html (検索用)ユピテル YUPITERU スイングマスター ヘッドスピード測定器 GST-2 GST-3A GST-3B GST-3G GST-3GA GST-4 価格 比較 評価 評判 口コミ クチコミ 感想 使用感 オススメ 精度 誤差 数値 正しい 甘い 甘さ レポート インプレッション ヘッドスピード計測器

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事
月別アーカイブ
最新記事
ポチっと応援よろしくです!
プロフィール

TOMO

Author:TOMO
ゴルフ業界とは無関係なサラリーマンゴルファーです。
よろしくお願いします(^^)ノ
【居住地】 埼玉県さいたま市
【出身地】 石川県金沢市
【年齢】 35歳(1980年生まれ)

Twitter(ツイッター)
アメブロの「なう」みたいに使ってみます
タグ

評価・評判・口コミ・感想 おすすめ商品 ゴルフコース ☆意外とオススメ記事 東京都の練習場 アイアン 千葉県 23区内の練習場 AF-502 アコーディア・ゴルフ関連 石川県 地元 遠藤製作所(エポンゴルフ) EPON(エポン) 金沢市 購入記 ☆マニア向け記事 ゴルフ業界・ニュースの考察 筋トレ・飛距離アップ・ダイエット 正月 ゴルフの小物・アクセサリー 千葉県のゴルフ場 PGM オススメ度5つ◆の練習場 実測100ヤード以上の練習場 YUPITERU(ユピテル) 実測150ヤード以上の練習場 シャフト コンペの賞品(景品)にお薦め 実測200ヤード以上の練習場 TOB 埼玉県の練習場 ヘッドスピード測定器 痛い HS計測器 アルバトロスビュー 食べログ 足裏マッサージ・足ツボマッサージ 2ピースレンジボール採用のゴルフ練習場 ゴルフ社会学 東京都港区 人間ドック タイトリスト(TITLEIST) バリウムと胃カメラ アクアライン アニメのキャラクターのヘッドカバー ドクターフット(Dr.foot) ゴルフコンペ 六本木ヒルズクリニック GPSナビ計測器 会社の人とのラウンド 友人とのラウンド GPSゴルフナビ測定器 芸能人が来ると噂の練習場 石川遼 ゴルフフィールズ(QP) 朝日ゴルフ グリップ カシオエクシリムFC300S ダイナミックゴールド(DG) AGN3400 ハイスピードデジタルカメラ ショットナビアドバンス(Shot ゴルフのリスクマネジメント スパイン調整 ウェッジ 振動数 イーグルビジョン(EAGLEVISON) MODUS3(モーダス3) 目黒区の練習場 江東区の練習場 エポン(EPON)のアイアン比較 石川県の練習場 ゴルフ福袋 千葉県の練習場 トラックマン AF-tour 川崎市の練習場 プロアバンセ ロイヤルグリップMW ブリヂストン 三浦技研 ゴルフと麻雀の共通点 東京都のゴルフ場 910F カシオ(CASIO)のハイスピードデジカメ 栃木県 キャディ PING(ピン) ゴルフフィールズ(QP) PING(ピン) アイアン選びの5か条 宮里藍 虎屋(とらや)のホールインワン最中 バイク 和光市の練習場 学生時代 東京都 GST-2とGST-3とGST-4 AF-302 AF-702 PRGR(プロギア) オススメ度5つ◆のショートコース AF-503 本当の飛距離 試打 高津区の練習場 神奈川県の練習場 金沢市の練習場 木更津市のゴルフ練習場 栃木県のゴルフ場 千葉県のショートコース ショートコース ゴルフ練習場の閉鎖 木更津市 埼玉県のゴルフ場 フェアウェイウッド(FW) トリビア 大田区の練習場 コンペの幹事 立体で見えやすいボールマーカー WGSL さいたま市南区の練習場 ハーフラウンド 河川敷ゴルフコース GST-5GとGST-5GLとGST-5WとGST-6Wの違い(比較) QP 早朝ラウンド 神奈川県 長野県 軽井沢 東京都江東区 世田谷区の練習場 さいたま市中央区の練習場 大井町 調布市の練習場 ふじみ野市の練習場 千葉ゴルフフェスタ 野々市市の練習場 野田市の練習場 品川区の練習場 埼玉県 墨田区の練習場 港区の練習場 GST-2 石川県のゴルフ場 江戸川区の練習場 新宿区の練習場 北区の練習場 レッドアイズポケット GST-3AとGST-3BとGST-3Gの比較(違い) 諸藤正次 ボールラインマーカー NO1グリップ ゼクシオ 福島晃子 新座市の練習場 練馬区の練習場 所沢市の練習場 Nsプロ950 タイガー・ウッズ 長野県のゴルフ場 コンペの賞品(景品)にお勧め 松山英樹 ゴルフクラシック 新潟県 株主優待 価・評判・口コミ・感想 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。