少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)

薀蓄(うんちく)2流、腕3流。ゴルフへの愛情だけは1流のゴルファーのブログ。ゴルフギア・メカの薀蓄や練習場の評価など、好き勝手書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

4回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~セデーション+胃カメラ最強説に異変あり!?~ (胃カメラVSバリウム比較表(修正版)付き)

投稿日:2014年11月26日  カテゴリ:体のケア


「体のケア」カテゴリファン?の皆様、お待たせである。
前回に引き続き、人間ドックの記事のお届けだ。

↓以前の記事はコチラ↓

初めての人間ドック @六本木ヒルズクリニック
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-63.html

2回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~胃カメラへのリベンジ~
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-120.html

3回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~今年はバリウムに挑戦~ (胃カメラとの比較表付)
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-179.html


今日の記事はゴルフとは直接的には関係がないのだが、ゴルフを楽しくプレイするには身体が健康であることは必須なので、間接的には関係しているとも言えよう(無理矢理(^^;))





人間ドックの舞台として今回も選ばれたのは六本木ヒルズクリニック。 見事4年連続の選出である。
相変わらず人気があるようで、予約は2ヶ月待ちが通常のようだ。


胃の検査(胃カメラorバリウム)については、前回までの人間ドックで「セデーション+胃カメラが最強」と結論付けたので、今回も迷わず「セデーション+胃カメラ」を選択した。



CIMG7840雨ヒルズ
今日は生憎の雨模様。


受付時に、問診表や検尿・検便などの一式を渡す。
それから、セデーションの追加料金5,400円を支払う。
前回は消費税5%時代だったから5,250円だったが、今年は5,400円。
細かいけど、増税の重みを実感した瞬間でもある。
なお、この追加料金は年末調整の医療費控除の対象にはならないようなので、完全に自腹となる。

カードはVISA、MASTER,AMEXしか受け付けてもらえないので、JCB派の人は要注意である。

受付を済ませたら、ロッカーで着替えをする。 


CIMG7842狭いロッカー
このロッカーは本当に狭い(^^;) 



例年通り、様々な健診を受ける。


CIMG7829検査内容
検査内容


プチマニの基本的データの備忘録

■身長
177.7cm(前年比0.7cmダウン笑)誤差だろうか?

■体重
→75.3kg(昨年より2kgくらい増加)
忘年会シーズンでもないのに、デブリング(^^;)
うーん・・・真剣にダイエットせねば・・・。


そういえば、昨年は一人だった男性の看護師が、今年は二人になっていた。
たしかに、看護師は肉体労働の側面もあるから、男性が活躍できる場もあるだろう。
(しかし、女性の看護師の方が嬉しいのは、私だけではないハズだ)

それから、今年も勤務先の人と鉢合わせした。
そんなに規模が大きな会社でもないのに、どうやらうちの社員は「グランドハイアットのランチ目当て」で六本木ヒルズクリニックを選ぶ人が相当多いようだ笑


せっかくゴルフブログなので、少しだけゴルフネタを絡めておこう。
待合スペースに「Go!GOL」という雑誌が置いてあった。(パーゴルフが発行しているようだ)


CIMG7847ゴルゴル 
GO!GOL 書店では見かけない雑誌だ

CIMG7849ゴルゴル日本シャフト特集
日本シャフトの特集が非常に面白かった。


私も同社の「MODUS3(モーダス3)」というシャフトを使っているので、ご興味がある方はご一読いただきたい。

エポン(EPON) AF-502アイアン購入記 (4)-① シャフト (MODUS3とスパイン調整)
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-5.html





~セデーション+胃カメラ検査~


一通りの検査を終えた後、最後に待ち構えるのがこの胃カメラの検査である。
胃カメラの検査は、始める前に必ず説明が行われる。

今回は、きっと六本木ヒルズクリニックの中では最長老であろうベテランの看護師が説明してくれた。
一通りのありきたりの説明ではなく、色々な解説をつけながら、また私の質問などにも適切に答えながら話しを進めてくれた。ピチピチ感はないが安心感は抜群である。
 

ベテラン看護師 「では、プチマニさん(仮名)。こちらの部屋にお願いします」  

なんと!内視鏡ルームで待っていたのは、あのプチ智子(少しだけ田畑智子に似た看護師)であった。

もう胃カメラ慣れしているプチマニは「今年も内視鏡担当なんですね笑」なんて会話するほどの余裕っぷりである。


プチ智子「では、このカップの液体を一気に飲んでくださいね~」

ちょっと甘めの液体を一気飲みするプチマニ。


プチ智子「じゃ、次に喉に麻酔をしますね~、すぐに飲まないで10秒くらい喉にためてから飲んでくださいね」

いつもの苦いスプレー麻酔だが、「セデーションが効きはじめればこの苦味ともおさらばー」と思いながら、我慢して飲み込む。


この間に、右手の人差し指に脳の酸素飽和度を読み取る装置を付けられ、マウスピースみたいなものを咥えさせられる。







ベテラン看護師 「では、セデーションの注射を打ちますね」

注射は超苦手なプチマニだが、この痛みもあと数十秒でオサラバのハズ・・・、我慢我慢。











・・・10秒経過・・・(そろそろ効いてくるかな?)














・・・さらに10秒経過・・・(さー、そろそろかな?)

















・・・さらに10秒経過・・・(もう来てもいいでしょう?、意識よ、早く飛んでくれ!!!)



ベテラン看護師 「ウトウトしてきたら目を閉じてもいいですよ~」

プチマニ 「いや、全然こないんですけど・・・」
マウスピースみたいなものを咥えながらも、必死に訴えるプチマニ。

















・・・・・・・・・・







































・・・・・・・・
















女医 「では、そろそろ始めましょうか」

プチマニ 「(゜∇゜ ;)エッ!? (全然意識あるんですけど!!!)」



そうして、女医の手にはホースのような物体が・・・。

拷問の開始である。




「オェーーーーーーーーーーーーーーー」

「ゴホッ、ウェ、ウェ、ーーーーーェーーー」

「あー、うー、ェー、あfさljkf;ああkjfだ」



言葉にならない奇声を発しながら悶えるプチマニ。




プチ智子 「鼻から呼吸しましょう、鼻から深呼吸~」

→できません!!!


ベテラン看護師 「肩の力ぬける?ぬいたら楽になるよ~」

(いろんな意味で)ヌケません!!!


苦しい。本当に苦しい。

どんな苦しみかというと喉に何か突き刺さされた状態で、指をベロの奥に突っ込まれ続け、さらに体の中にホースが入っているような感じである


この間、咳こむし、ゲ○を吐きたくなるし、痛いし、本当に最悪である。




約4分ほど、これが続いて、何度も「オェー」となりながら、終了である。

初めての人間ドックの時(喉だけ麻酔の胃カメラの時)は涙ボロボロ、よだれダラダラだけだったのだが、今回はそれに加え、目の回りが内出血で真っ赤になってしまった。写真をアップしようかと思ったが、あまりにもグロイので掲載は見送ることとした。)


こういう内出血の症状は、お産の時にイキみすぎた妊婦がなることはあるようだが、人間ドックでもなる人は少数名存在するようだ。

まぁいずれにせよ、全身麻酔が効かなかった時の胃カメラは、いかに悲惨かが伝わったのではないかと思う。

(個人差はあると思う・・・プチマニは痛みには非常に弱い部類である)


今回は、終わった後の喉の痛みも結構残っているし、失敗だったかなー。。。



~胃カメラVSバリウムの結論(修正版)~

ということで、胃カメラVSバリウムの結論を修正せねばならない。
昨年の私の記事を見て「セデーション+胃カメラ」を選択して、同じような拷問を経験された方には深くお詫び申し上げたい。

苦しくないという意味でのオススメ度合いは、以下の通りである。


セデーション+胃カメラ(ハマった時)>>>>バリウム>>>>>(越えられない壁)>>>>喉だけ麻酔の胃カメラ(≒セデーション+胃カメラ(ハマらなかった時)


①セデーション+胃カメラ 

これは、評価が難しくなってしまった。
麻酔がしっかり効けば全く苦しくないし、効かなければ追加料金を払って拷問を受けるという最悪の結果になってしまう。

問診の際に、「セデーションは眠らせることが目的ではない」と説明を受けた。
あくまでも「ウトウト状態にして、患者の負担を軽減することが目的」とのこと。

また、その日の体調によって麻酔が効く程度も異なるようだ。
事実、今回私に使用したセデーションの量は2年前のセデーションの量と全く同じとのこと。


セデーションが効いた場合は、「2回目の人間ドック」をご参照いただきたい

2回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~胃カメラへのリベンジ~
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-120.html



そもそも、六本木ヒルズクリニックでは、このセデーションはあまりオススメしていないようだ。
というのも、非常に稀ではあるが、合併症や死亡事例があり、リスクはゼロではないからだ。
あくまでも患者の強い希望があった場合に応じるということで、セデーションの選択肢を用意しているというスタンスである。

それから、六本木ヒルズクリニックはあくまでも「クリニック」であるから、そんなに強い麻酔にしているわけではなさそうだ。万が一の場合はやはり病院などに駆け込む必要があるため、強めの麻酔を希望するのであれば総合病院の方が良いのかもしれない。


とりあえず、来年はセデーションは回避して、バリウムで様子見ようかなー。


②バリウム
 ゲップを我慢したり、その後お腹がゆるくなったりするのは気持ち悪いが、それほど辛くは無い。

詳しくは 「3回目の人間ドック」をご参照いただきたい

3回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~今年はバリウムに挑戦~ (胃カメラとの比較表付)
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-179.html



③喉だけ麻酔の胃カメラ

拷問である。


 「初めての人間ドック」もご参照いただきたい

初めての人間ドック @六本木ヒルズクリニック
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-63.html



表にもまとめてみたので、ご参照いただきたい。 


2014人間ドック比較表 


体のケア カテゴリ一覧に戻るにはコチラから
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-8.html




~お楽しみランチタイム~

さてさて、毎年恒例の六本木ヒルズクリニックの人間ドックの特典である、お隣の「グランドハイアットホテル」のランチチケット。

さー、今回はどこのレストランにしようかなー。 


CIMG7851ランチ権
六本木ヒルズクリニックのランチ券
昨年から設けられた1週間の有効期限は、今年も同様のようだ。 

選べる店舗は、下記の6店舗。


イタリアン フィオレンティーナ
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13009015/

日本料理 旬房 ・・・3回目の人間ドックで訪問済み
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13000006/

寿司 六禄
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13018973/

ステーキ オークドア ・・・2回目の人間ドックで訪問済
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13000004/

中国料理 チャイナルーム
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13017089/

鉄板焼き けやき坂 ・・・初めての人間ドックで訪問済
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13040328/



人間ドックの前日は夜9時以降何も食べてはいけないし、もちろん当日朝も抜き。
なので、ドック直後はお腹がすいており、カロリーが高そうな料理のほうが惹かれるのである笑 

ということで、昨年は満席だった、中華料理の「チャイナルーム」に再挑戦することとした。
今年は普通に入ることができた。

 CIMG7855入り口
入り口




CIMG7858店内  
店内の様子

写真では空席が目立つが、この10分後くらいから、ほぼ満席の状態となった。
毎年思うのだが、決して安くはないランチにもかかわらず、どのお店もほぼ満席になってしまう現状を見ると、持っている人は持っているのだなー、プチマニとは住む世界が違うのだなーと実感してしまう。



最初、飲み物のメニューが運ばれてきた。
本当は無料のお茶か水で十分なのだが、なんとなく無料で食べている罪悪感と、一人だと断りにくい雰囲気が相まって、800円のウーロン茶を注文してしまった。

CIMG7861ウーロン茶800円 
アイスウーロン茶(800円)これでも一番安いドリンクメニューなのだが・・・。




この日のランチチケットで食べられるのは、「平日限定ランチセット」(定価は確か2,600円or2,800円)
人間ドックのバウチャー専用メニューではなく、一般のお客さんと同じメニューを食べることができる。


CIMG7860ランチメニューたしか2800円くらい 
ランチメニュー



メインの料理は4種類から選べるのだが、店員にオススメを聞いたところ「男性は香港スタイルBBQ丼」が人気というので、それを選択した。  

注文後に「チャーハンにすればよかった・・・」と思った。店の実力を確かめるには、オーソドックスな料理が一番なのだ・・・。しかし、時すでに遅し。




CIMG7862前菜
前菜・・・アーモンドのなんとか・・・味は普通。


CIMG7864翔論法 
点心3点セット・・・これも普通の味。





CIMG7870BBQどんぶり 
香港スタイルBBQ丼とスープ。。。これは正直美味しくなかった(><)
キノコと肉とソーセージとネギとキュウリ・・・合わないでしょ?





CIMG7871杏仁豆腐
杏仁豆腐・・・これが一番美味しかった。


うーん、正直な感想としては、味は美味しいか美味しくないかで言えば、若干美味しくないほうに振れている感じだ。
ぶっちゃけ職場の近くにある、中国人(香港人?)が経営している「小籠包のお店」の方が、遥かに美味しいし安い。

BBQ丼という変化急な選択をしてしまったので、これだけで評価してしまうのは若干酷かもしれないが、プチマニ的には再訪無しの結論である。

それと、最初に頼んだウーロン茶、800円+消費税(8%)+サービス料(13%)で、1,000円近いウーロン茶になってしまった(^^;) まぁこれを高いと言うような庶民が来る場所じゃないってことかな。




さて、今まで訪問した4つのレストランをランキング化してみると・・・

① けやき坂(鉄板焼)   ★★★★★ 
味よし、サービスよし、パフォーマンスよし。
鉄板焼きという非日常感もあるので、非常にお得感有り。  
 
② オークドア(ステーキ) ★★★☆☆
普通のランチの延長という感じだが、人間ドックで腹ペコなお腹には良いかな。

③ チャイナルーム(中華料理) ★★☆☆☆
奇をてらった料理が多いが味は微妙。
職場の近くの中華料理屋の方が安くて美味しい。

④ 旬房(日本料理)    ★★☆☆☆
取り立てて特徴のない和食。あえてこの店を再訪するかと言えばNO。
   

って感じだろうか。 この4つの中なら間違いなく「けやき坂」がオススメである。

なお、これらは私の主観である点と、あくまでも「人間ドック向けメニュー」の評価である点にご注意いただきたい。  


体のケア カテゴリ一覧に戻るにはコチラから
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-8.html 


残り2つのお店に行くまでは、人間ドックの記事書き続けなきゃー笑

(検索用) 六本木ヒルズクリニック 人間ドック ランチ セデーション 全身麻酔 胃カメラ バリウム比較  どちらが オススメ 評価 評判 感想 口コミ 体験記 体験談 

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/26 16:30 ] 体のケア | TB(0) | コメント(0)

3回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~今年はバリウムに挑戦~ (胃カメラとの比較表付)

投稿日:2013年12月19日  カテゴリ:体のケア


「体のケア」カテゴリファン?の皆様、お待たせである。
前回に引き続き、人間ドックの記事のお届けだ。

↓以前の記事はコチラ↓

初めての人間ドック @六本木ヒルズクリニック
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-63.html


2回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~胃カメラへのリベンジ~
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-120.html


なお、今日の記事はゴルフとは直接的には関係がないのだが、ゴルフを楽しくプレイするには身体が健康であることは必須なので、間接的には関係しているとも言えよう(無理矢理(^^;))


前回・前々回に引き続き、人間ドックの舞台として今回も選んだのは六本木ヒルズクリニック。


さて、前回(2回目)の人間ドックで「セデーション(軽い全身麻酔)+胃カメラが最強」と結論付けたのだが、今回はバリウムを選択した。

これには大きく3つの理由がある。

理由① 胃カメラでは発見できない、つまり、バリウムだからこそ発見できる病気が存在するらしい。

理由② バリウムを経験せずに「セデーション+胃カメラが最強」と結論付けてよいのかという葛藤。

理由③ セデーションだと、5,250円の追加料金の負担が発生してしまう。


今回はドック前日に、電話で「セデーション+胃カメラ」→「バリウム」の変更をお願いしOKの返事をいただいた。

しかし、「バリウム」→「セデーション+胃カメラ」の変更は、モニタリングする医師の準備やしばらく寝ておくスペースの確保等の問題があるので、 恐らく受け付けてもらえないと思う。

なお、直前で変更したのは、あくまでも上記3つの理由によるものであり決して「ブログネタとしてのマンネリ化の回避」が目的ではない点は念押ししておこう。(実はコレが一番大きな理由だったりして・・・(^^;))



今回もいつも通り、自宅からバスで六本木ヒルズに向かう。



CIMG0987.jpg
朝の時間帯といえど、ヒルズ行きのバスは15分に1本くらいしか走っていない路線もあるので、出発時間は要確認である



CIMG5410_R.jpg
六本木ヒルズ到着(昨年の使いまわしの写真です(^^;))



六本木ヒルズクリニックは、六本木ヒルズの6階にあるのだが、一般診察の入り口と人間ドックの入り口は異なっている点にご注意いただきたい。

CIMG0992.jpg
一般の入り口


CIMG0998.jpg
人間ドック専用の入り口



CIMG0997.jpg
中では繋がっているようだ。




毎度のことながら、ロッカーで着替えをする。


CIMG0989.jpg
このロッカーは本当に狭い(^^;)







CIMG0991.jpg
メタボチェック用のメジャーも置いてある(不使用)笑


CIMG0990.jpg 
メタボの測定方法





例年通り、様々な健診を受ける。

印象に残ったものを書いてみると・・・・

■身長
178.4cmにUP(前年比0.8mmプラス笑)誤差だろうか?
なお、2年前は178.3cmとの記録が残っていた。
続けて同じところで受けていると、履歴が見れるので便利である。

いつも実際より低い身長に見られるので自称177cmだったのだが、178cmに訂正しようかな・・・。

■体重
→73.5kg(昨年より1.5kgくらい増加)
また増量(^^;) うーん、忘年会シーズンだしなー、という言い訳をしてみる。
本当は仕事も11月の方が12月より忙しくないので、来年からは11月に受けるようにしよーっと。

■眼圧検査
→プチマニ君が非常に苦手としている検査である。
風が来るとわかっているので、怖いのなんのって(^^;)
今回は看護師さんが、瞼を押さえてくれた笑

■肺活量検査
→鼻を押さえる道具を使わず、手で鼻をふさいで吐いてみた。
  

ちなみに、この六本木ヒルズクリニック、この肺活量の検査だけ男性の看護師さんなのである。
女性ばかりの職場だと大変そうだが・・・(^^;)?
六本木ヒルズクリニックには、女性専用の人間ドックDAYもあるのだが、その時はこの男性の看護師さんはどうするのだろうか?と色々想像をしてしまうプチマニなのであった。


また、「初めての人間ドック」で「少しだけ井川遥に似た看護師、プチ遥」を紹介したが、今年改めてよく見てみると、井川遥ではなく田畑智子の方が近い気がしたので、来年以降このブログに登場する機会があれば「プチ智子」としようと思う。



~バリウム検査~

看護師 「プチマニさーん(仮名)」

ついに呼ばれた。 いよいよバリウム検査である。

バリウム部屋に入ると、どえらく大きな装置が待ち構えていた。

緊張した面持ちのプチマニに、看護師が声をかけてくれる。

看護師 「バリウム検査は、初めてですか?」

プチマニ 「は、はぃ(^^;)」

看護師 「心配しないで大丈夫ですよ(^^)」



まず始めに、機械の前に立った状態で、粉末状の物質と小さな紙コップに入った液体を渡される。
どうやら、胃を膨らますクスリらしい。

看護師 「では、まず始めにコレを飲んでくださいね、ゲップしたくなるかもしれませんが、我慢してくださいね(^^) 」

プチマニ 「はーい」


サラサラサラ・・・ゴクゴク








・・・・












・・・・


















ゲプ~~~

出ちゃった~(^^;)

っていうか、これを堪えるのはムリ~というくらい強烈にゲップしたくなるのである。

しかし、出た量が微量であったのか(個人的には大きめなゲップであったが)、追加で飲むことは要請されなかった。



続いて大きめの紙コップに入ったバリウムを渡される。やや温かい白い液体である。

看護師 「まず、1杯、飲んでください~」

プチマニ 「ゴクッ・・・」

  
うーん、なんとも言えない食感である。
味を感じたくないため鼻で呼吸はしなかった。
(ちなみに味はついていないようです)




看護師 「ではもう1杯、飲んでください~」

プチマニ 「ゴク・・・」


看護師 「もう1杯、飲んでください~」

プチマニ 「ゴク・・・」

この看護師、みかけによらず、なかなかの飲ませ上手である。


この3連続のやりとりはおよそ15秒~20秒程度であったと思う。



看護師 「では、残り全部、飲んでください~」

プチマニ 「ハウッΣ(・o・;) 、ゴクゴクゴク・・・」

まさかの一気コールにも応え、なんとか頑張って全部飲みきる。



その後、大きな装置に横たわり、自分で3回転するように指示を出される。
これはバリウムを胃全体に伸ばす重要な作業らしいが、もう気分は浅田真央である。


この間、気分は決してよくないものの、ゲップを我慢しないといけないような辛い状況ではなかった。


その後、機械上で様々な角度になったり、その機械自体が動いたりして、色々なアングルで撮影されていたようである。

最後に、最初の位置に戻ってきて、ボクシングのグローブみたいなモノが付いた棒でボディーブローを3発くらって終了である。(痛くはない)

最初から最後までで、所要時間はおそらく約10分弱だと思う。





検査終了後は、トイレに行き、看護師から「酸化マグネシウム」というクスリを渡される。


CIMG1032.jpg 


この薬は便を柔らかくする効果があるようで、最初の1杯はすぐに飲めとのことである。

また、唇に白いバリウムが残っているので、それをトイレの洗面で落とすことも忘れないようにしよう。


文章が下手で画像もないので伝わりにくいかと思うが、バリウム検査は、最初のゲップを我慢さえすれば、それほどキツイ検査ではないと言える。

ただ、バリウム検査はその後の排便も必須となるので、胃カメラ等との比較は時系列どおり記事の最後で行うこととする。 (ランチに興味が無い方は、少し飛ばしてお読みください(^^;))



~お楽しみランチタイム~


さてさて、毎年恒例の、六本木ヒルズクリニックの人間ドックの特典である、お隣の「グランドハイアットホテル」のランチチケット。

さー、今回はどこのレストランにしようかなー。


CIMG0999.jpg
六本木ヒルズクリニックのランチ券
昨年までは有効期限が無かったが、今年からは1週間の有効期限が設けられた。 

選べる店舗は、下記の6店舗。


イタリアン フィオレンティーナ
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13009015/

日本料理 旬房
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13000006/

寿司 六禄
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13018973/

ステーキ オークドア ・・・2回目の人間ドックで訪問済
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13000004/

中国料理 チャイナルーム
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13017089/

鉄板焼き けやき坂 ・・・初めての人間ドックで訪問済
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13040328/



人間ドックの前日は夜9時以降何も食べてはいけないし、もちろん当日朝も抜き。
なので、ドック直後はお腹がすいており、あっさりした日本食よりもカロリーが高そうな料理のほうが惹かれるのである笑

ということで、今回は、中華料理の「チャイナルーム」に決定である。





CIMG1004.jpg 
チャイナルーム入り口付近


入ってみると・・・


店員 「お一人様・・・ご予約はございますか?」


プチマニ 「いえ、ないですけど(ってか人間ドックのランチバウチャーで予約なんてないだろ~笑)」

店員 「あいにく、お席が満席で・・・」

プチマニ 「(´・ω・`) ショボーン」



困った・・・。

けやき坂に行けば間違いなく「美味しい」のだが、一度訪問した店に行くのはブログネタ的に「美味しくない」・・・。


などと考え、改めて選択したのは、日本料理の旬房。


CIMG1023.jpg 
旬房の入り口


運よくカウンターの最後の1席に案内された。

というか、11時半オープンの店ばかりなのに、開店直後に行っても、どこのお店も予約で大半が埋まっている・・・なんという景気の良い話だろうか。。。


CIMG1008.jpg 
旬房の店内の様子


人間ドックのバウチャー向けには「お造り定食」、「焼き魚定食」、「あと1個忘れた笑」の3種類の中から選択ができた。

店員に聞いてみると「焼き魚」が人気だというが、店の実力を確かめるため「お造り」を選択した。

鬱陶しい話だが「石川県金沢市」出身のプチマニ君は、魚にはウルサイのだ(^^;)




まずは「おひたし」。


CIMG1009.jpg 
お味は普通




続いてお造り御膳。


CIMG1010.jpg 
全体像


CIMG1011.jpg 
お造り


CIMG1012.jpg 
ご飯と漬物



CIMG1013.jpg 
野菜の味噌汁


で、味であるが・・・

お造りは「ごく普通」であった。 鮮度はそれほど悪くないが、よくも無い。

ただ、この旬房が、通常のランチメニューは最低2,900円くらいからという高級店であることを鑑みれば、コストパフォーマンスは決してよくはないと言えよう。
(もちろん人間ドック向けの料理にはそれほどコストが割かれていないかもしれないのだろうが・・・)


お味噌汁、大根、ご飯は、普通に美味しかった。



CIMG1015.jpg 
最後にみかんを甘くしたようなデザートとお茶が出てきて終了。 


さて、今まで訪問した3つのレストランをランキング化してみると・・・

① けやき坂(鉄板焼)   ★★★★★ 
 味よし、サービスよし、パフォーマンスよし。
 鉄板焼きという非日常感もあるので、非常にお得感有り。  
 
② オークドア(ステーキ) ★★★☆☆
 普通のランチの延長という感じだが、人間ドックで腹ペコなお腹には良いかな。

③ 旬房(日本料理)    ★★☆☆☆
 取り立てて特徴のない和食。あえてこの店を再訪するかと言えばNO。
   

って感じだろうか。

なお、これらは私の主観である点と、あくまでも「人間ドック向けメニュー」の評価である点にご注意いただきたい。  

余談だが、カウンターの隣の席には、みのもんたと清水健太郎を足して2で割ったような人が、しきりにお店の人から頭を下げられていた。おそらく常連さんなのだろう。



~ランチ終了後~

食事後は、 六本木ヒルズクリニックでもらった酸化マグネシウムとセンノサイドという薬を飲む。

CIMG1018.jpg 
通常、センノサイドという錠剤は検査当日の就寝前までに排便が無い場合に追加して飲むものらしいが、普段から便秘気味のプチマニ君は、即飲むことにした。
また、通常センノサイドは2錠しかもらえないが、便秘気味の人は追加でもらえる。



今日の午後は池袋方面に用事があったので、六本木ヒルズから地下鉄に乗ったのだが「ソレ」は突然きた。


























「 ∑('=';) ハッ!! 」




















C= C= C= C= C= C= C= C= C= ┌(;・ω・)┘
































CIMG1024.jpg 
途中下車して駆け込んだトイレ


めでたく第1子、出産である。


しかし「バリウムを飲んだ後は、白いウ○コが出る!」聞いていたのに、実際に出てきたのは茶色の液体。 (食事中の方、ごめんなさい(^^;))



メタルスライムを期待していたのに、とんだ肩透かしである。




メタルスライム




なお、夕飯を食べた後は、色白の第2子が誕生した。



検査後にもらっていた紙には「バリウムは体内で吸収されることは無く、体内で放置されると水分がなくなり大腸が硬く固まってしまい排便が困難になる」と書かれていたので非常に心配していたのだが、検査当日に2人出産しておけばとりあえず一安心であろう。

ちなみに、体内のバリウムは1日ではなく2~3日かけて排出されるようである。




~胃カメラVSバリウムの結論~

ということで、胃カメラVSバリウムの結論が出た。

苦しくないという意味でのオススメ度合いは、以下の通りである。


セデーション+胃カメラ>>>>バリウム>>>>>(越えられない壁)>>>>喉だけ麻酔の胃カメラ




①セデーション+胃カメラ
 やはりコレが最強である。痛みを全く感じず気付いたら終了。   

詳しくは 「2回目の人間ドック」をご参照いただきたい

2回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~胃カメラへのリベンジ~
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-120.html



②バリウム
 ゲップを我慢したり、その後お腹がゆるくなったりするのは気持ち悪いが、それほど辛くは無い。


③喉だけ麻酔の胃カメラ
 拷問である。

詳しくは 「初めての人間ドック」をご参照いただきたい

初めての人間ドック @六本木ヒルズクリニック
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-63.html



①のセデーションは、六本木ヒルズクリニックでは5,250円の追加料金が必要になる。
しかし、個人的には5,250円の自己負担をしてでも、セデーションは受ける価値があると思う。

ただ、バリウムでなければ見つけられない症状もあるということなので、今後は①セデーション+胃カメラと②バリウムを交互にするか、①を2年②を1年という繰り返しにしようか、と考えている次第である。



表にもまとめてみたので、ご参照いただきたい。

苦しさ比較表 

この比較表が、これから人間ドックを受ける方に、少しでも参考にしていいただけると大変幸いである。

※この表に修正が入っています!詳細は4回目の人間ドックの記事で!

4回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~セデーション+胃カメラ最強説に異変あり!?~
 (胃カメラとの比較表(修正版)付き)
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-203.html




体のケア カテゴリ一覧に戻るにはコチラから
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-8.html


(検索用) 六本木ヒルズクリニック 人間ドック ランチ セデーション 全身麻酔 胃カメラ バリウム比較  どちらが オススメ 評価 評判 感想 口コミ 体験記 体験談 

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事
[ 2013/12/19 02:50 ] 体のケア | TB(0) | コメント(4)

2回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~胃カメラへのリベンジ~

投稿日:2012年12月21日  カテゴリ:体のケア

「体のケア」カテゴリファン?の皆様、お待たせである。
前回に引き続き、人間ドックの記事のお届けだ。


今回の目標は何と言っても「胃カメラ(胃内視鏡)へのリベンジ」である。


前回は、ブログネタのために「喉だけ麻酔の胃カメラ」という選択をしたが、あれは拷問だった。


↓前回の記事はコチラ↓

初めての人間ドック @六本木ヒルズクリニック
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-63.html
ちなみにこの記事、ヤフーやグーグルで「六本木ヒルズクリニック」と検索すると公式ホームページのほぼ真下に出てくるという、当初は想定もしなかった人気記事の1つなんですよ(^^;)



昨年のような辛い思いは二度としたくないし、そもそも拷問は日本国憲法で禁止されているハズだ。

ということで、今年は「胃カメラ+セデーション(軽い全身麻酔)」で、胃カメラにリベンジを挑んだのである。



その前に、前回の結果を振り返っておこう。


【前回の結果】


今年の2月に受けた初めての人間ドックの結果は「これが大学の成績ならいいのに!」というくらい、たくさんのA取得できた。

(9割以上A判定!)

しかし・・・



















「D2(※即要検査)」という評価項目が1つだけ存在した。


























「便潜血陽性」である。


簡単に言うと、ウ○コに血が混ざっている状況であり、大腸ガンの可能性もあるから必ず検査を受けなさい」という内容である。


正直、これにはショックを受けた。

「まさか・・・この歳で(←前回の受診日時点では31歳)ガンか??」



ということで、記事にはしなかったが私は今年の5月に大腸検査をしている。


知り合いの方の強い薦めで「男性患者ならココ!」という肛門の名医がいるとのことで、選んだのは広尾タワークリニック。



広尾タワークリニック 大腸肛門外科
www.hirootower.com/kamoku.html


検査の結果は、幸いにも全く異常無し。

まぁ要は「検便当日のウ○コがちょっと硬くて、肛門が少しキレちゃった」というものであった笑

実は血便が出ても、私のようなパターンの人がかなり多いらしい。


ということで一安心である。


担当の医者も名医で殆ど痛みを感じず、無事に検査を終えることができた。

支払った料金は、3割負担で1万円ちょっとだったと記憶している。

血便が出て再検査を受ける病院を悩んでいる都内の方には、オススメできると思う。



【今回の人間ドック】


前回に引き続き、今回も選んだのは六本木ヒルズクリニック。


前回の反省を踏まえ、問診表や検便などは早めに採っておく。




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
問診表



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
検便(2日分必要!要注意!)↑採る前の写真ですよ笑



受付指定時間は9時過ぎだったのだが、9時前に到着。



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
六本木ヒルズ到着!


少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
反対にはレジデンス棟


ちょうど9時前の到着ということもあり、サラリーマンの人の波があった。




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
デキリーマン風の人が、次々とゲートを通過



今回はセデーションを受けるので、追加料金の5,250円を支払う。

クレジットカードは、AMEX、VISA、MASTER?の3種類しか受け付けてくれないので注意されたい。



昨年の記事でも書いたが、六本木ヒルズクリニックは名前の豪華さとは裏腹に、いたって普通のクリニックである。



blog_import_51f663dda772d.jpg  
ゴルフ場のロッカーならありえないという狭さ(^^;)



ただ、人間ドック専用の受付・設備スペースがある点は素晴らしいと思う。

(相変わらず人気があるようで、2ヶ月くらい先まで予約が埋まっているようです。)



今回も色々な検査を受ける。


少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
検査内容



印象に残ったものを書き出してみると・・・


■体重

→昨年より2.5kgくらい増加。

 こんな忘年会シーズンの12月にアポを入れるから・・・と言い訳してみる。。。


■眼圧検査

→風が来るのがわかっていて眼を閉じてしまいがち。

 指で目を押さえてました(^^;)


■採血(注射)

→今回は思いっきり痛点にあたったみたいで、すっごい痛かったです。

私は血をドンドン抜かれているのをみると、握力がなくなります。。。


■エコー(お腹)

→結構きわどいところまでヌルヌルの液体を塗られて、ナデナデされます笑

担当の看護師さんは慣れているようで、淡々と業務をこなしておられます(^^;)



~セデーションで胃カメラに再挑戦~


さぁ、いよいよ胃カメラへのリベンジである。

まず、待ち時間にセデーション(軽い全身麻酔)に関しての説明を受ける。


セデーションの利用により、合併症のような症状が0.0067%、死亡事例が0.0000X%(←どっちも、単位怪しいですが、ごくごく稀に不幸がおきるということのようです(^^;))があるという説明などを受ける。


「こ、怖いこと言うなぁ・・・」と思いながらも、大丈夫、大丈夫と言い聞かせ気持ちを落ち着ける。


なお、セデーションを受ける場合は、自動車やバイクなどで訪問した人は受けることができない点に注意されたい。


「プチマニさーん、お待たせしました~」


来た・・・遂に自分の番だ。。。

恐怖と不安と期待が入り混じったような変な気持ちになる。


①まずは、小さなカップに入った少量の甘い液体を飲む
→昨年同様、これは問題無し。


②次に、診察台に移され、右手の人差指に何かを装着される
酸素飽和度を読み取る装置だったと思う。正常値は100弱で、90台後半であれば安全・・・みたいな説明を受けた気がする。いずれにせよ医師が別室でモニターしているとのことである。


③喉に噴射式の麻酔を2回
オェー(><)

昨年ほどではないが、やっぱり非常に苦くて辛い。
しかし、これもなんとかクリア


④最後に麻酔の注射を左手にされる。

これがセデーションである。
注射直後は・・・・
「ん?全然効いてなくない?」という感じだったのだが・・・。
























(約1時間後)
























看護師  「プチマニさん、プチマニさん」


プチマニ 「ん?あれ??もう終わり???」


看護師  「はい、お終いですよ(^^)」


プチマニ 「あ、はい。。。」



なんとも気の利かない私のリアクションだが、ニュアンスは伝わっただろうか?

是非、前回の記事のリアクションと比較してみてほしい。


気付いたら終わっていた!

全く辛くないのである!!


また麻酔の量が絶妙だったのだろうか、終わった後は多少眠気があったものの、すぐにスタスタと歩けるレベルであった。

喉の痛みも殆ど残っておらず、すぐにその後のランチに突入できた。


ということで


「胃カメラ+セデーションは最強!」という結論が出た。これから人間ドックを受ける方には、是非この組み合わせをオススメする。


(次回の記事)
3回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~今年はバリウムに挑戦~
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-179.html

~お楽しみランチタイム~


六本木ヒルズに隣接する、グランドハイアットホテルに移ります。


さー、今回はどこのレストランにしようかなー。



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
六本木ヒルズクリニックのランチ券

(ちなみに、このランチ券は必ずしも当日使う必要は無いようです!)




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
お店のレイアウト図



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
渡り廊下?はこんな感じ



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
オシャレな中庭


昨年は食べログで一番平均予算が高い「けやき坂」を選びましたが、今年はせっかくなので違う店に行くことにしました。


選んだお店は「オークドア」。 理由はなんとなくです笑


グランドハイアットホテル東京 ステーキハウス オークドア
restaurants.tokyo.grand.hyatt.co.jp/oak-door-restaurant/index.html


少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
入り口付近の様子


お店に一歩入ってキョロキョロしていると「人間ドックのランチチケットお持ちでしょうか?」というような感じで店員から声をかけられます。



な、なぜ分かった(^^;)



「どうせ、このお店を普段使いできるような身分じゃぁございませんよヽ(`Д´)ノウワァン」と思いつつも、そんな表情は微塵も顔に出さない大人の対応(キリッ)で着席します。


お店は天井が高く、また中庭の席はガラス貼りになっていて非常に開放感がある作りです。
お客さんの入り具合は、マズマズと言ったところでしょうか。



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
店内の雰囲気


メニューは人間ドック専用のメニューとして固定化されており、けやき坂のように差額を払ってグレードアップというオプションは無いようです。(あってもしないですけどね笑)



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
メニュー(人間ドック患者の専用)



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
前菜


メインディッシュは3種類から選べました。

どれもあまり魅力的ではなかったのですが、今回はハンバーガーを選択。


パンが付いてくることを知らずに、パンのメニューをチョイスしてしまうという失敗(^^;)


少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
パン



しかも、サラダかポテトかの選択をサラダにしてしまい、前菜とモロ被りしてしまうという大失敗(^^;)



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
メインディシュのハンバーガー




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
デザート



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
紅茶(←コーヒーと選択できます)



個人的な感想ですが、ぶっちゃけ昨年の「けやき坂」の方がはるかに満足度が高いです。


オークドアのランチも美味しいことは美味しいのですが、通常のランチの延長という感じです。

一方の「けやき坂」は、鉄板焼という非日常感を味わえるという点も大きいのかもしれません。


オークドアの通常のランチメニューは、一番安いもので2,600円前後。

しかし、今回はセデーションに5,250円(税込)を追加で支払っているので、差引2,650円という高額なランチになってしまいました(^^;)


これじゃぁランチチケットをもらっている意味があまりありませんね笑

来年は・・・胃カメラのセデーションが無料で評判が良いクリニックがあったら乗り換えるかもしれません・・・。




ちなみに、六本木ヒルズクリニックのパンフレットを眺めてみると・・・

私が受けているのは、多分84,000円のコース(^^;)


もちろん自腹で受けている人は殆どいないんでしょうけど、高いですねぇ。


多額の負担をしてくれている勤務先の健康保険組合に感謝感謝です(^^)

(次回の記事)
3回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~今年はバリウムに挑戦~
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-179.html


~おまけ~

けやき坂のイルミネーションは、昨年とちょっと変わっていました。

昨年は青が強めですが、今年は白が基調です。


少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
今年のライトアップ



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
昨年のライトアップ


(検索用)六本木ヒルズクリニック 人間ドック ランチ セデーション 全身麻酔 胃カメラ バリウム どちらが オススメ 評価 評判 感想 口コミ 体験記 体験談 

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事
[ 2012/12/21 23:30 ] 体のケア | TB(0) | コメント(0)

初めての人間ドック @六本木ヒルズクリニック

投稿日:2012年2月23日  カテゴリ:体のケア

 ~はじめに~
今回の記事は、ゴルフとは直接関係ありませんが、今までの筋トレはこの日のために頑張ってきたとも言えるので、生暖かく見守ってください(^^;)
それと、いつも以上の超長文なので、ご興味の無い方はこの記事はスルーしてください 笑


今日は初めての人間ドック。


1月に休日出勤した分の振替休日をとっての訪問である。


クリニックは、勤務先の健康保険組合が提携している機関の中から、自由に選べる仕組みになっている。


こういうときはミーハーに、普段行かないところに行くべきでしょう!笑


ということで、選んだのは六本木ヒルズクリニック


六本木ヒルズクリニック 人間ドック
www.66clinic.com/dock/dock.html




ちなみに、単なるミーハー精神で選んだのではない。


ここの人間ドック、お隣のグランドハイアットホテル東京のランチが付いているらしいのだ。

グランドハイアット東京 レストラン&バー
tokyo.grand.hyatt.jp/hyatt/hotels/entertainment/index.jsp



エサで釣る作戦か・・・やるな・・・。


ということで、ミーハー精神とエサに見事に釣られて、予約を入れたのであった。

(ちなみに、予約は2ヶ月待ちが普通のようです。)



~事前準備~


前日夜に、届いていた封筒を開けてみた。


「問診票の記入ね、了解♪」


「ふーん、検尿もあるんだ。」



ん?




検便?(小学生の時以来じゃないだろうか?)」




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)

しかも2日分∑(゚Д゚;)





そんな・・・突然言われても出ないよ・・・。(←案内は1週間以上前に届いていたのだがw)


どうしよう・・・せめて1日分くらいは採りたいな・・・。


当日の朝に頑張ってみるか・・・。






しかし、当日の朝、いくらキバっも出てくるのは気体ばかりで、期待している固体は全く顔を見せる様子もない。


さらに、血圧の上昇を心配するほど頑張ってみたが、大腸君はご機嫌ナナメのようだ。


ということで、採れなかったことを正直に申告することにした。






~六本木ヒルズクリニックにて~


少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
六本木ヒルズ到着!




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
六本木ヒルズ森タワーの6階に、六本木ヒルズクリニックはある。



イメージとは裏腹に、普通のクリニックである。



不安だった検便に関しては「1週間以内に持参してもらえればいいですよ」とのこと。

よかったぁ(^^)





最初に、身長・体重、血圧、視力、聴覚、肺活量、眼の検査、採血、心電図などの検査を受ける。


その場で結果が判明するものに関してはどれも異常なしとのこと。





次に人間ドックらしい、CTスキャン、超音波などの検査を受ける。


初めて見る機器も多く面白かったが、正直これらにはあまり気をとられている状況ではなかった。







私が一番気にしていたのは・・・そう、アレである。









~「胃カメラかバリウムか、それが問題だ」 (byシェーク好きや)~


初めての人間ドックで一番悩んだのが、内視鏡(通称「胃カメラ」)かバリウムか、どちらにするか。


六本木ヒルズクリニックの場合、胃カメラかバリウムかの選択は、電話の予約時に決定しなければならない。


そこで、色々な人に体験談を聞いてみたのだが、みんな意見がバラバラである。



しかし、この方のブログを読んで、胃カメラに決めたのであった。


KONY's BLOG 2008人間ドック受診記
www.kony.net/blog/entry/20080815175847.php


KONY's BLOG 2009人間ドック戦記
www.kony.net/blog/entry/20090810165623.php


KONY's BLOG 2010人間ドック戦記 ~六本木ヒルズクリニック最強伝説~
www.kony.net/blog/entry/20100811143724.php 


KONY's BLOG 2011人間ドック戦記 ~グーグル社のオマケつき~
www.kony.net/blog/entry/20110801223322.php 




注目したいのは、2008年→2009年にかけて、タイトルが「受診記」→「戦記」になっている点。


ようするに、KONYさんは2008年はバリウムだったが、2009年は胃カメラを飲んで苦しんだのである。


その後の2010年には、あまりの胃カメラの辛さにバリウムに戻す。


そして2011年は、セデーション(※)を使った胃カメラにして、劇的にラクになったとのこと。


※セデーション(鎮静剤)・・・全身麻酔の軽い版みたいなモノらしい。





この他、バリウムで怪しい結果が出た場合、結局胃カメラを飲むことになるとの情報も得た。



「ならば最初から胃カメラにすればいいじゃん!」という判断も働き、意気揚々と「セデーション+胃カメラ」で申し込んだのである。






なお、セデーションの使用に関しては、電話の予約時には確約されず、「当日、口頭での問診をした後、決定します」とのことであった。



「そうは言っても、当日OKってことになるんでしょ?」と考えていたのだが・・・。








当日の問診を担当したのは、ちょっと井川遥に似た看護師(以下、プチ遥とする)であった。

以下の会話は、ザックリとした記憶の一問一答である。


プチマニ「あのー、申込時に全身麻酔みたいなヤツを希望したんですけど・・・」


プチ遥 「はい伺ってます。ただ、人間ドックが初めての方には、とりあえず喉だけの麻酔をオススメしてるんですよ(^―^)」


プチマニ「えっΣ」


プチ遥 「もちろんセデーションも準備しているので、どうしても苦しい場合は切り替えることもできますよ(^―^)」


プチマニ「事前情報では、喉だけ麻酔での胃カメラは、死ぬほど苦しいと聞いているのですが・・・」


プチ遥 「確かに個人差はありますね。でも飲む時は苦しいですけど、その後は大丈夫という人が多いですよ(^―^)。それにセデーションをやると、その後回復まで少し時間もかかりますし・・・(うんたらかんたら)」





このプチ遥、どうやら相当セデーションを勧めたくない様子である。


プチマニ「うーん・・・どうしよう・・・。」



正直、私は肉体的な痛みとか苦しさとかは、本当に苦手なのだ。。。


恥ずかしながら、注射の針を見るだけで握力が極端に低下してしまうほどのヘタレである。


しかし、最後の一押しになったのは、読者の皆様の力だった。


































(「激痛でも、それはそれでレポートのネタになるかw」)


ということで、プチ遥のオススメに素直に従ったのである。

(どうやら、プチ遥も喜んでいたようだ。)



いよいよ、内視鏡検査室へ。


①最初にちょっと甘い液体を、カップ一杯分飲む

 →これは問題なし。


②次に肩に筋肉注射

 →ちょっと痛いがこれも問題なし。


③最後に、喉にスプレー麻酔




「オッ、オェーーーーー(><)」


この瞬間で早くも、ゲ○を吐きたくなるような衝動に駆られる。




年輩の女医が「あらー、敏感ねぇ」なんて言っているが、いろんな意味で全く耳に入らない。


もうこの時点から、戦意喪失気味である。




次にマウスピースみたいなものを咥えさせられる。


そして、女医の手には黒いホースのような物体が・・・。


「ま、まさかあれが喉を通るのか?」



ということを考えてる間もなく、ホースが接近してくる。


拷問の開始である。




「オッ、オェーーーーー(><)」


「ゲホッ、ゲホッ(><)」



「ゴホッ、ウェー(><)」



プチ遥が背中?をさすってくれるのだが、効いているのかは不明である。

(でも、やめないでとは思った 笑)





女医が何か言ってる。


「順調に入ってますよ~」(じゃなきゃ困るよw)

「もう半分終わりましたよ~」(多分40%くらいのとき?)

「最後、吸い取りますね~」(最後長くね?)


こんな感じで、本当に5分とは到底思えない、とてつもなく長く感じた拷問タイムであった。




終わったときは、涙ボロボロ、よだれダラダラの、悲惨な姿である。



ベテラン女医とプチ遥からは「上手に飲めた方ですよ~(^-^)」と言われたが、恐らく誰にでも言っているのだろう、とヒネくれたくなるレベルである。


最後に、胃の中の写真の説明を受けるが、放心状態で殆ど頭に入らない。


(多少荒れてるけど、皆さんこんな感じで異常無いですよ、というような説明だったと思う)





毎年これをやると思うと、本当に気が滅入る・・・。

(でも、こんな患者を相手にし続ける医師・看護師さんにも敬服である。)



ということで、初めての胃カメラは、ほろ苦い思い出となった。







~医師との面談~


希望者は医師との面談を受けられるということで、せっかくなのでお願いした。


血液検査と尿検査の結果の速報は、100点満点で何ら問題ないとの事!

良かった~(^^)v




ところで、医師に胃カメラとバリウムについて聞いてみたのだが、それぞれ一長一短だそうだ。

胃カメラが絶対に優れているという訳ではなく、バリウムで見つけられる症状もあるとのこと。


1年おきに胃カメラとバリウムを交互にする人も少なくないらしい。


六本木ヒルズクリニックでは、鼻ではなく口から入れる胃カメラを採用しているが、口からのカメラのほうが大きくて精度が高いという理由らしい。





また、セデーションは非常に事例は少ないが、0.01%弱の確率で不幸が起きるとのこと。
(もっとも、不幸がおきる患者は殆どがご高齢の方らしいが・・・。)


なので、セデーションは患者の強い希望があれば応じるが、基本的にはあまりオススメしていないらしい。

(ちなみに六本木ヒルズクリニックでは、来年からセデーションには追加料金が必要となる予定)




確かに、仮に私が医師でも、同じような立場をとるような気がした。




しかし、胃カメラは本当にキツかった・・・。


次回は、もう一度ノーマル胃カメラという拷問を受けるか、追加料金を払ってでも「セデーション+胃カメラ」にするか、はたまたバリウムにするか・・・?


シェークスピアが悩んだのも頷ける大きな命題である。

(次回の記事)
2回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~胃カメラへのリベンジ~
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-120.html


~人間ドック後のチラ裏(グランドハイアットのランチについて)~


さて、検診自体は9時半過ぎくらいに終わったのですが、10時半までは何も食べるなとのことです。

しかもランチのお店は11時半から・・・。


せっかくなので、六本木ヒルズ内をウロウロしてみることにしました。



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
平日の午前だと、さすがに人が少ないですね




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
森ビル系のビルの入り口は、厳重な警備体制。

デキリーマン(ウーマン)風の人が、次々とゲートを通過していきます。





さて、お待ちかねのランチタイム!

もらったチケットの中から、好きなお店を選べます。



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
どれにしようかなー。




何かと話題の多い「食べログ」によると・・・


日本料理 旬房
r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13000006/ 

オークド
r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13000004/ 

中国料理 チャイナルーム
r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13017089/ 

鉄板焼き けやき坂
r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13040328/ 


どうやら「けやき坂」が、一番高額のお店のようです。

夜の予算「20,000円~29,999円」って(^^;)


ということで、普段は絶対行かないであろう、鉄板焼の「けやき坂」に決定しました。





ちなみに、食べログについては以前に批判的な記事を書きましたが、それでも現時点では一番信憑性のあるグルメ掲示板であることに変わりはないと思います。


(参考)食べログのやらせ書き込み業者問題から見るブログの価値
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-48.html






少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
けやき坂 入り口





メニューは・・・



①ノーマルAセット(4,000円) ←これが人間ドックで付属しているランチ



以下、差額を払えば変更可能


②平日限定ランチBセット(5,500円)

③なんたらランチⅠ(確か7,000円くらい)

④なんたらランチⅡ(確か10,000円くらい)


勢いでBセットを選択しましたが・・・



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
平日限定Bコースのメニュー




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
シーフードチャウダー




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
和牛カツレツ




ぶっちゃけ、隣の人のAセットの方が美味しそう(^^;)

これぞ鉄板焼きって感じのステーキだし。



ということで「けやき坂」でのランチは、追加料金無しのAセットをオススメします!

(メニュー変わるんでしょうけど・・・)



ちなみに、人間ドックが終わったので?早速ご飯をおかわりしてしまいました(^^;)

これが、本当の「喉元過ぎれば」ってヤツでしょうか?



料理が終わったら、デザートとドリンクのために鉄板前の席から移動です。

撮影し忘れたけど、デザートは美味しいチョコレートアイスでした(^^)



お会計は、+1,500円にサービス料10%がかかって1,650円Σ

うーん、いいお値段のランチになってしまった(^^;)



鉄板焼「けやき坂」は、料理も美味しく、またサービスも雰囲気もある素敵なお店でした。



それにしても、このお店、高額ランチなのに結構混雑しています。


庶民の私は「定価だとコスパ悪すぎ!」と思ってしまうのですが・・・。


普段から4,000円~10,000円のランチを食べる人って・・・持ってる人は持ってるんですねぇ。


↓次回の記事↓

2回目の人間ドック @六本木ヒルズクリニック ~胃カメラへのリベンジ~
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-120.html

胃カメラ バリウム 比較 オススメ どちらが つらい 六本木ヒルズクリニック 人間ドック 評判 全身麻酔 口コミ

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事
[ 2012/02/23 00:08 ] 体のケア | TB(0) | コメント(4)

食べログのやらせ書き込み業者問題から見るブログの価値

投稿日:2012年1月6日  カテゴリ:ブログ

人気サイト「食べログ」のやらせ業者による評価(口コミ)の操作が問題になっていますね。


日本経済新聞
「食べログ」にやらせ投稿 カカクコムが法的措置も
39業者特定 飲食店ランキング上げる狙い
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0403M_U2A100C1CR8000/


私は、こういうことはあるだろうと想定していたのでそれほど驚きませんでした。





しかし、食べログにはもっと嫌な問題があります。



悪い評価をした口コミが削除されてしまうことです。




私は、Tabelog(食べログ)やAmazon(アマゾン)に、少しだけ投稿しています。


投稿しようと思うときの心境というのは、試した飲食店や書籍、商品などが「とても素晴らしい」と思ったか「非常に悪い」と思ったか、このどちらかの場合が殆どです。

普通の商品はコメントしようとは思いません。



「素晴らしい」と評価した口コミは、どのサイトでも必ず掲載されます。


一方、「非常に悪い」と批判的な評価内容を投稿したときは、たまに検閲にかかってしまい掲載されないことがあります。



もちろん、今回の事件とは逆に、特定の店を貶める目的で悪い口コミを集中させることもできるので、難しい問題であることは理解できます。


しかし、自分がある程度時間をかけて、理路整然と書いた(つもり?)の投稿が非掲載になったり、消されたときは、非常に残念な気持ちになります。


この店(or商品)はこんなにヒドイから、皆にも同じ思いをしてもらいたくないと思って、強い意思で書き込みしてるんですからね。



私がこのブログ(レポート)を書こうと思ったキッカケは複数あるのですが、自分が正しいと思ったことを他人の検閲なく公開できるから、という理由もその1つなのであります。



うーん、、、またもや、チラ裏的な内容になってしまいました・・・。


つ、次こそはちゃんとしたゴルフレポート書くぞー(^^;)

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事
[ 2012/01/06 00:04 ] ブログ | TB(0) | コメント(2)
月別アーカイブ
最新記事
ポチっと応援よろしくです!
プロフィール

TOMO

Author:TOMO
ゴルフ業界とは無関係なサラリーマンゴルファーです。
よろしくお願いします(^^)ノ
【居住地】 埼玉県さいたま市
【出身地】 石川県金沢市
【年齢】 35歳(1980年生まれ)

Twitter(ツイッター)
アメブロの「なう」みたいに使ってみます
タグ

評価・評判・口コミ・感想 おすすめ商品 ゴルフコース ☆意外とオススメ記事 東京都の練習場 アイアン 千葉県 23区内の練習場 AF-502 アコーディア・ゴルフ関連 石川県 地元 遠藤製作所(エポンゴルフ) EPON(エポン) 金沢市 購入記 ☆マニア向け記事 ゴルフ業界・ニュースの考察 筋トレ・飛距離アップ・ダイエット 正月 ゴルフの小物・アクセサリー 千葉県のゴルフ場 PGM オススメ度5つ◆の練習場 実測100ヤード以上の練習場 YUPITERU(ユピテル) 実測150ヤード以上の練習場 シャフト コンペの賞品(景品)にお薦め 実測200ヤード以上の練習場 TOB 埼玉県の練習場 ヘッドスピード測定器 痛い HS計測器 アルバトロスビュー 食べログ 足裏マッサージ・足ツボマッサージ 2ピースレンジボール採用のゴルフ練習場 ゴルフ社会学 東京都港区 人間ドック タイトリスト(TITLEIST) バリウムと胃カメラ アクアライン アニメのキャラクターのヘッドカバー ドクターフット(Dr.foot) ゴルフコンペ 六本木ヒルズクリニック GPSナビ計測器 会社の人とのラウンド 友人とのラウンド GPSゴルフナビ測定器 芸能人が来ると噂の練習場 石川遼 ゴルフフィールズ(QP) 朝日ゴルフ グリップ カシオエクシリムFC300S ダイナミックゴールド(DG) AGN3400 ハイスピードデジタルカメラ ショットナビアドバンス(Shot ゴルフのリスクマネジメント スパイン調整 ウェッジ 振動数 イーグルビジョン(EAGLEVISON) MODUS3(モーダス3) 目黒区の練習場 江東区の練習場 エポン(EPON)のアイアン比較 石川県の練習場 ゴルフ福袋 千葉県の練習場 トラックマン AF-tour 川崎市の練習場 プロアバンセ ロイヤルグリップMW ブリヂストン 三浦技研 ゴルフと麻雀の共通点 東京都のゴルフ場 910F カシオ(CASIO)のハイスピードデジカメ 栃木県 キャディ PING(ピン) ゴルフフィールズ(QP) PING(ピン) アイアン選びの5か条 宮里藍 虎屋(とらや)のホールインワン最中 バイク 和光市の練習場 学生時代 東京都 GST-2とGST-3とGST-4 AF-302 AF-702 PRGR(プロギア) オススメ度5つ◆のショートコース AF-503 本当の飛距離 試打 高津区の練習場 神奈川県の練習場 金沢市の練習場 木更津市のゴルフ練習場 栃木県のゴルフ場 千葉県のショートコース ショートコース ゴルフ練習場の閉鎖 木更津市 埼玉県のゴルフ場 フェアウェイウッド(FW) トリビア 大田区の練習場 コンペの幹事 立体で見えやすいボールマーカー WGSL さいたま市南区の練習場 ハーフラウンド 河川敷ゴルフコース GST-5GとGST-5GLとGST-5WとGST-6Wの違い(比較) QP 早朝ラウンド 神奈川県 長野県 軽井沢 東京都江東区 世田谷区の練習場 さいたま市中央区の練習場 大井町 調布市の練習場 ふじみ野市の練習場 千葉ゴルフフェスタ 野々市市の練習場 野田市の練習場 品川区の練習場 埼玉県 墨田区の練習場 港区の練習場 GST-2 石川県のゴルフ場 江戸川区の練習場 新宿区の練習場 北区の練習場 レッドアイズポケット GST-3AとGST-3BとGST-3Gの比較(違い) 諸藤正次 ボールラインマーカー NO1グリップ ゼクシオ 福島晃子 新座市の練習場 練馬区の練習場 所沢市の練習場 Nsプロ950 タイガー・ウッズ 長野県のゴルフ場 コンペの賞品(景品)にお勧め 松山英樹 ゴルフクラシック 新潟県 株主優待 価・評判・口コミ・感想 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。