少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)

薀蓄(うんちく)2流、腕3流。ゴルフへの愛情だけは1流のゴルファーのブログ。ゴルフギア・メカの薀蓄や練習場の評価など、好き勝手書いてみます。

ハイスピードデジカメ ② スイング撮影時における三脚の使用のススメ 【現代ゴルフメカ三種の神器 (2)-②】

投稿日:2013年6月16日  カテゴリ:三種の神器(ゴルフメカ)

三種の神器(ゴルフメカ)カテゴリファンの皆様、大変お待たせである。

久々の三種の神器(ゴルフメカ)の記事の更新である。


その前に、本編をお読みになっていない方は、必ず先にコチラの記事をお読みいただきたい。


三種の神器(2)ハイスピードデジカメ カシオエクシリム EX-FC200S(最新機種はFC500S)
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-75.html



最新のカシオエクシリムFC500S、FC400SとFC300S、FC200Sの比較表と価格の推移 はコチラの記事で

petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-205.html

また、ハイスピードデジカメ以外の三種の神器の記事をお読みになっていない方は、できればそちらもお読みいただきたい。
(三種の神器の記事は、私の全記事の中でも一番魂を込めて書いています)


↓テーマ別 「三種の神器(ゴルフメカ)」の記事一覧はコチラ↓
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-5.html



今回この記事を書こうと思った理由は、スイング改造に真剣に取り組んでいる過程で、改めて自分のスイング動画を確認する重要性を痛感したためである。


今までは三脚を使用せず、友人などと練習に行ったとき(orたまたま打席の後ろにデジカメを設置できるスペースがあるときのみ)自分のスイングの動画を撮影していた。


しかし、これでは毎回撮影できないし、何より正面アングルの動画を撮影することが不可能であった。(もっとも、混雑していて前の打席が空いていない練習場は、なかなか正面からのスイング動画を撮影するのは難しいのだが・・・)


そこで三脚を使って、1人でも毎回自分のスイングを撮影できる体制を整えようと考えたのである。



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート) 
練習場では結構目立つが・・・

なお、今日の記事は私の腕前は棚に上げてしまうし(^^;)、一部の上級者には当てはまらないと思うが、その点は生暖かく見守ってほしい。



~本題~

皆様は、デジカメで撮影した自分のスイング動画をパソコンなどにお持ちであろうか?
このプチマニゴルフレポートの読者の方ほど熱心なゴルファーであれば、1つくらいはお持ちだと思う。


皆様は、自分のスイングを見てどう思っただろうか?


「案外キレイなスイングじゃん」と思った方は殆どいないだろうし、もしそう思ったのであれば見るべきポイントがズレている(か、超上級者)だと思う。

普通のスピードで見るとキレイに見えるスイングでも、コマ送りorハイスピード動画で見てみると、私を含めた殆どのアマチュアのスイングはハッキリ言って汚い。


例えば、多くのアマチュアゴルファーに見られる悪い動きとして・・・


◆テークバックでインに引きすぎ(かつフェースが開く)
◆オーバースイング、シャフトクロス
◆脇があいてインパクトで手が浮く
◆タメが解けるのが早すぎ(ハンドファーストでインパクトできない)
◆インパクト時に体の前傾が維持できていない(腰が前に出る、棒立ち気味になる)
◆肩と腰の開きが早すぎる
◆フォローで左肘が引ける
◆頭や身体が前後左右に動きすぎる


などが挙げられる。



さて、自分のスイングの悪い点を確認できたのは良いが、ココで止まっているゴルファーは多くないだろうか?

スイングの修正まで動画で再確認しているゴルファーは、どれほどいるだろうか?


思うに、ゴルフスイングの難しいところは、クラブの軌道や身体の角度が自分の想像とはかなり違った動きをするところである。


例えば、殆どのアマチュアゴルファーは、テークバックの時にクラブをインサイドに引きすぎている。(かつ、フェースが開いている)

これを正しいプレーンに乗せようとすると、今までよりも相当アウトに上げる感覚になるだろう。


仮に修正したスイングに違和感があっても、動画でオンプレーンであることを確認できれば安心できると思う。

しかし、その検証をしなければ、自分の違和感があるスイング=やりにくいスイング=間違ったスイングなんじゃないか?ということで直そうとしない傾向があるように思う。



自分のスイングの癖は身体にしみこんでしまっており、そんな簡単には直らない。

大げさに修正したつもりでも、動画で確認すると、やっと少し修正されている程度である。

以前に、スイング改造に取り組んだ人が改造前と改造後の動画を比較したのだが、どちらが改造前か後かわからず、服装の違いで判断したという話を聞いたことがあるくらいだ(笑)



大切なのは、自分のスイングを客観的に見ること。


そして、自分が意識して取り組んでいることが、客観的にどれくらい修正できているかを検証することが重要だと思う。




それと、私が真剣にスイング改造に取り組んでわかったのは、そんなに球を続けてパカパカ打ってもあまり意味が無いということだ(絶対的な練習量を否定しているわけではないし、ある程度スイングが固まった人には当てはまらないかもしれないのでご注意いただきたい。)


初心者は球をたくさん打って慣れるべきという人もいるが、下手を固めるだけではマイナスの効果しかない。

私は打ち放題の練習場がそれほど好きではないが、その理由は打ち放題だとたくさん打たないともったいないと思ってしまい、検証や素振りなしにパカパカ球を打ちたくなってしまうからである。

(100ヤード以内のアプローチの距離感の練習などには向いていると思うけど・・・)



今までの自分の癖を修正する素振りを何度もしてからボールを打たないと意味が無い。


場合によっては素振りの動画を撮影し、それを実際の球と打ったときの動画と比較する作業も必要だと思う。

多くの人が素振りと実際のボールを打つときの身体の動きが違うことに気づくだろう。



また、スイング動画は毎回の練習で撮影しておくのが望ましいと思う。
そして、日付を付けて、その時何を意識してスイングしたか、その結果どういう球筋だったかのメモを残しておくと効果が倍増すると思う。




人間は、他人に口頭で自分の悪い癖を言われても、その事実をなかなか受け入れることができない傾向にあると思う。

しかし、自分の目で自分の悪い癖を確認できれば(指摘されれば)、簡単に受け入れることができるだろう。


百聞は一見に如かず。

だからこそ自分のスイングを自分の目で客観的に見る必要があるのだ。




現在ツアープロの間では、ハイスピード動画で体の動きを確認し、トラックマンなどの弾道測定器で実際のボールの軌道やクラブフェースのアングル等を確認するというハイテクな時代に突入している。


もちろんアマチュアゴルファーは、そのような高価なゴルフメカは準備できないが、その簡易版の製品は多数販売されており、容易に手に入れることができる。


そして、それらが今まで三種の神器シリーズの記事で紹介したゴルフメカなのである。

↓テーマ別 「三種の神器(ゴルフメカ)」の記事一覧はコチラ↓
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-5.html


数十年前のゴルファーはやりたくてもできなかった練習が、現在のゴルファーはできるのだ。

上達できる環境はいくらでもある。

やるかやらないか、後は我々次第だ。


~三脚について~


今までは動画でスイング確認することの重要性ばかり語ってしまったが、タイトルの三脚の話をしておこう(^^;)


【三脚選びのポイント】


三脚は何も高価なものである必要は無い。
私が思うゴルファーのための三脚選びのポイントは、以下のとおりである。

① 安定性があること


② 持ち運びしやすいこと(コンパクトに折り畳めること)


③ 腰(ミゾオチ)の高さまで伸ばせること


④ 安いことw


いろいろ調べた結果、今回はコチラを購入した。







価格のわりにはしっかりしたつくりで、大満足である。


【撮影時の注意点】


①腰(からミゾオチ)の高さから撮影すること


腰(からミゾオチ)の高さからが一番角度に偏りが無く、また、多くのプロゴルファーのスイング画像もその高ささから撮影されており、比較検証したりするのに有効であるためである。
よって、どうしても三脚が必要となるのだ。


②ノーマルスピードとハイスピードの2種類の動画を撮影すること
 →ノーマルスピードでリズム感を、ハイスピードで細かいチェックをするため。
 →ノーマルスピードではキレイに見えても、ハイスピードではボロが出ることが多いため。



③(前面から撮影の場合)前方の打席を一時的に使うことになるので、周囲への配慮が必要。

 →混雑しているときは、前面の動画はあきらめよう。

  ちなみに、どの練習場も午前中と夜が空いている傾向にある。



~最後に~


今まで様々な練習場に行ったが、三脚を使って自分のスイング動画を撮影している人は殆ど見かけたことが無い。
それは、「そこまで必要ない」と思っているのか、「たいして上手くないのに練習場で周囲から注目を集めたくない」と思っているためなのかは不明である。


しかし、ゴルフの腕に関係なく現在の自分のスイングを客観的に確認するために動画は必須であり、その動画を毎回確実に撮影できるための三脚もマストアイテムである。

ということで、三脚は、三種の神器(2)ハイスピードデジカメと共に、プチマニゴルファーならずとも真剣に上達を目指すゴルファー必須のアイテムである。皆様にも強くオススメしたい。(検

 

↓「三種の神器(ゴルフメカ)」カテゴリ記事一覧はコチラ↓
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-5.html

索用)ゴルフ カメラ デジカメ デジタルカメラ スイング 動画 撮影  三脚 どれが良い? 評価 評判 口コミ オススメ 感想


ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事

現代ゴルフメカにおける三種の神器シリーズ 【完】 「編集後記とおまけ」

投稿日:2012年9月9日  カテゴリ:三種の神器(ゴルフメカ)

大長編の「三種の神器(ゴルフメカ)」シリーズを読破いただき、本当にありがとうございました。


念のため、まだ全てを読まれていない方のために、簡単な目次をつくっておきますね(^^;)


↓テーマ別 「三種の神器(ゴルフメカ)」の記事一覧はコチラ↓
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-5.html


三種の神器 (1)GPSゴルフナビ測定器 (上)
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-16.html


三種の神器(2)ハイスピードデジカメ カシオエクシリム EX-FC200S(最新機種はFC500S)
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-75.html

三種の神器(3)ヘッドスピード測定器(上)その歴史と飛距離との関係
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-83.html




長々と続いた現代ゴルメカ三種の神器シリーズの記事もこれでお終いです。


最初の記事から、ここまで書くのに1年近く要してしまいましたが、これを書き上げたことで多少達成感を味わうことができました。


三種の神器シリーズの記事は、このブログを書き始めたときから必ず書こうと思っていました。
というか「俺が言わないで誰が言うんだ?」というある種の使命感がありました笑。


私は、物事に対してそんなに白黒付けたい性格ではありませんが、ゴルフを始めた学生時代からゴルフ関連の数値等はあまりにもいい加減だと常々思っており、心の中でモヤモヤしたものがありました。


しかし、この10年ちょっとの間の劇的なゴルフメカの進歩により、これらのモヤモヤがかなり解消されたので、この感情を文章で表現したいと思うようになったのです。

そういう意味では、いい時期にゴルフに出会えたものだと思います。
(今からゴルフを始める人は、最初からこれらの機器が揃っていたら感動が無いですよね)




記事で紹介した3つの神器に共通しているのは、今まで「曖昧・なんとなく」であったものが「明確・ハッキリ」と数値化できたり、映像化できたりしている点です。

そして、それは多くのゴルファーにとって知りたくない現実だったと思います。



三種の神器(1)~(3)の中で、


(1)GPSゴルフナビは・・・ゴルフ場のヤーデージ表示がいい加減であり、思った以上に飛んでいない飛距離の現実を


(2)ハイスピードデジカメは・・・自分のスイングが自分のイメージより遥かに汚く、自分のスイングイメージとかけ離れているという現実を


(3)ヘッドスピード測定器は・・・思った以上に芯を喰っておらず、やはり飛ばないという現実を


皆様に突きつけてくれることでしょう笑



しかし、これらの神器を使って観的に自分を見ることは、ゴルフの上達において非常に大事なことだと思います。


手厳しいかもしれませんが、事実や自分の弱点をしっかり指摘してくれるモノの存在が重要ですよね。
(これはリアルの人間関係でも同じだと思います。)



最後は私の好きな言葉で締めます。

三種の神器シリーズは、この名言に集約できます。


「敵を知り、己を知れば、百戦して危うからず」(『孫子』より)




~おまけ(チラ裏)~


いつも薀蓄(うんちく)ばかりのプチマニ君ですが、たまには自分のデータを公開します。


あらかじめ言っておきましょう!自慢皮肉も入ります!!


オリャー!!!














































少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
会心の一撃!!!




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
画面切り替え(メンドクサー( ´Д`)y━─┛)




ちなみに、練習を開始してから比較的早めの段階での値です。
(疲れてくるとドンドン値が落ちてきます(^^;)

また、練習場で稀に混ざっているコースボールで打った値です。


団子ボールだと、250ヤード台が殆どです(^^;)

表示されている推定飛距離278ヤードは、ボール初速75m/s×3.7で計算されています。
(飛距離の反発係数は変更できるようですが、私は初期設定のままです)


ドラコン選手や元体育会系ゴルファーからすればゴミみたいな数字でしょうが、社内コンペくらいのレベルですと、フェアウェイにボールが残ってくれれば(←非常に重要w)、ほぼ確実にドラコン賞を取れます(^^)v


ヘッドスピードは51.5m/sと出てますが「本当のヘッドスピードは、47m/s程度です。

同様に、多分「本当の」ボール初速は、ちゃんと当たったときで69m/s程度です。

画面に表示されている値×92%すると、この値になります。


プチマニ君のヘッドスピードやボール初速が、PGAツアープロの平均値より速い訳ないですからw


→詳しくは、ヘッドスピード測定器の(下)の記事をお読みください。

現代ゴルフメカ三種の神器 (3) ヘッドスピード測定器 (下) 本当のH/S値と日本のゴルフ業界の問題点
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-85.html


実際にトラックマンやミズノのシャフトオプティマイザーで測ってもらったときも、ヘッドスピードは47m/s程度でした。


そして、それらを計算すると、47×5.5=キャリー258ヤード+ラン ということで、実際のGPSナビの値と概ね一致します。

(あっ、ちゃんと当たったときの飛距離ですよww)


GST-2でマン振りを続けていると、ヘッドスピード53m/s前後まで出るときもありますが、そういう時はミート率が悪くて飛距離が出ていないことが殆どです(^^;)
やはり、ミート率と初速が重要ですね。


記事の中でも述べましたが、GST-2はヘッドスピードやボール初速は甘めに表示されますが、飛距離はかなり正確だと思います。(多くの人はシビアといいますが、実測値に近いです。)


私の場合、実際にGPSナビでドライバーショットの飛距離を計測すると、フラットで無風(かつ高地ではない)のホールだと完璧な当たりで280ヤードに届くかどうかという感じです。
(ミスショットして250ヤードを切ることも少なくありません・・・いやOBで0ヤードということも多数あります(^^;))


ナイスショットの時は、周囲から「300ヤード超えてるだろ~!?」と言われることもありますが、300ヤードオーバーなんて通常の条件下(平地で無風)では、私程度では絶対に無理です。


しかし、真実を言うと、50ヤード(以上)置いていかれてしまった「自称250ヤードヒッター」のゴルファー達はショックを受けてしまうので、あまり言わないようにしています笑。


それにしても、重くて硬いシャフトでコントロールしながら、平均280ヤード以上を叩き出す男子ツアープロは本当に凄いなーと思います。





こんな感じで中途半端に飛ぶものですから、飛距離の追求もしたくなってしまいOBが出てスコア崩れても、しょうがないかなー」なんて甘えも出てしまいるのが現状です(^^;)


しかし、私はゴルフを生業とするプロゴルファーでもなければ、真剣に一打を争っている競技ゴルファーでもありません。


1ラウンドの中で、一度あるかどうかの会心の一撃が出た日は、多少スコアが悪くても満足できることもあります。


ここの2番ホールの時みたいに・・・


長南カントリークラブ(前編)★EPON AF502子の2戦目
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-25.html



「スコアをまとめるゴルフは歳をとってからでもできる・・・」というありがちな言い訳をしながら、今後もある程度はドライバーの飛距離も重視したゴルフをしていきたいなーと思っています。

(飛距離はドライバー以外で追求するものではないですよw)


ということで、これからもこれらの神器と上手く付き合いながら、自分なりにゴルフを愉しみたいと思います。


読者の皆様も、これらのゴルフメカを上手く使いながら、より楽しいゴルフライフをお送りください(^^)ノ


現代ゴルフメカにおける三種の神器シリーズ【完】「編集後記とおまけ」 (終わり)

↓テーマ別 「三種の神器(ゴルフメカ)」の記事一覧はコチラ↓
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-5.html


~オススメの三種の神器の商品はコチラ~ 
 
;
  


ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事

ハイスピードデジカメ ① カシオエクシリム EX-FC200S(最新機種はFC500S) 【現代ゴルフメカ三種の神器 (2)-①】

投稿日:2012年8月2日  カテゴリ:三種の神器(ゴルフメカ)



~最新機種情報~

2014年11月に、最新機種のFC500Sが発売となりました。
詳しくはコチラの記事で!

ハイスピードデジカメ ④ 最新のカシオエクシリムFC500Sと、FC400S、FC300S、FC200Sの比較表と価格の推移 【現代ゴルフメカ三種の神器 (2)-④】
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-205.html


~従来の記事本文~

「現代ゴルメカ三種の神器」カテゴリーファン?の皆様、大変お待たせである。

三種の神器シリーズ第2弾のお届けだ。


その前に、まだ前回の記事を読んでいない人は、時間を見つけて読んでほしい。


現代ゴルフメカにおける三種の神器 (1)GPSゴルフナビ測定器 (上)
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-16.html



↓テーマ別 「三種の神器(ゴルフメカ)」はコチラ↓
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-5.html



さて、今日紹介する神器は、タイトル通り「ハイスピードカメラ」である。


よくテレビのスポーツ番組でスロー映像が流されることがあるが、なんと市販されているデジカメでも、あのような動画が取れてしまう機種があるのだ!


そのデジカメを販売しているのは・・・カシオ計算機株式会社である

私が現在使用しているのは、EX-FC200Sという機種である。


少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
CASIO EXLIM (カシオ エクシリム) EX-FC200S




初めてこのデジカメの存在を知ったときは、衝撃的であった。


それまで使っていたデジカメ(ソニーの普通のデジカメ)では、スイ
ングの動画を撮影しても、カックンカックンな動きで、スイング動画と呼ぶには程遠いものであった。

パソコンに落として動画を見ても殆ど参考にならなかった。


以前からテレビのゴルフ中継でスロー再生されるハイスピードムービーを見て、自分のスイングもこういう動画で撮れたら便利だなーって思っていたのだ。


そんな中、このハイスピードデジカメの発売。
当時使っていたデジカメもちょうど古くなっていたので、即購入した。


ハイスピードカメラを使用すれば、トップの位置やスイング軌道はもちろん、フェースの向きまで撮影できるのだ。 自分のスイングを客観的に見るのに大いに役立つだろう




CASIO EXLIM FC400S 石川遼プロ・スイングチェック(後方)  YOUTUBEを転載



CASIO EXLIM FC400S 石川遼プロ・スイングチェック(前方)  YOUTUBEを転載




ところで、デジカメにはフレームレートといって、1秒間に撮影(処理)できるコマ数がある。


これはFPS(Frames Per Second)と呼ばれるが、このフレームレートによって、動画の滑らかさが決まってくるのだ。


通常のデジカメは30FPS程度である。


しかし、このEX-FC200Sは、30FPSの他、120FPS、240FPS 480FPS、1000FPSを選択できる。

1000FPSであれば、通常のデジカメの約33倍のフレーム数となる。


これで昔の「はごろもフーズ」のCMでお馴染みのミルククラウンも撮影できるのだ。
(わかるかな?(^^;))


ミルククラウン動画


実際はFPS数を上げれば上げるほど動画が暗くなるし容量も大きくなってしまうので、ゴルフのスイング撮影には240FPS程度で十分かと思われる。



カシオのHPによると、「ゴルフ上達に有効なスペシャル機能」として、以下のものが挙げられている。


①スイング分析に有効な3つのライン表示
②スローモーション再生できる最大1000fpsハイスピードムービー
③最大30枚/秒の高速連写※2
④逆光も、動く被写体も手軽にきれい。プレミアムオート
⑤カメラの中で動画編集
⑥連写画像を1枚の写真にプリント
⑦ワイドに撮れる広角28mm※3
⑧光学7倍ズーム & 14倍プレミアムズーム
.



実は、私はカシオのハイスピードデジカメを購入するのは2台目である。最初に購入したのは、3年ほど前だっただろうか、EX-FC100Sという機種であった。

しかし、最近「レンズエラー2」というエラー表示がでてしまい、写真などがボヤけてしまうようになった。このエラーは、デジカメ本体に強い衝撃を与えたときに表示されるということらしいが、修理するのには多額の費用がかかるということで、新規購入に踏み切ったのだ。



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
「レンズエラー2」修理は諭吉君単位でお金がかかるようだ。。。




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
二個並べてみる(左:EX-FC200S、右:EX-FC100S)


 


使用上の注意点として、ハイスピードムービーは通常の動画よりも遥かに容量を喰うので、SDカードは容量が大きめのものをオススメする。


また、撮影した画像を見て、「わー、こんなにクッキリ写るんだ!すごーい♪」で終わってしまったら何の意味もないので、注意されたい。


ちなみに、ゴルフの動画を撮影する際には、腰の高さから撮影すると良いとのことだ。





さて、これだけ動画動画といっておきながら、このレポートに動画がアップされていないことに疑問を持っていらっしゃる方もいるだろう。


私のゴルフの動画は・・・










































プチマニ君は単なるウンチク三流ゴルファーで、世間様に公開できるようなスイングではないのよ~(^^;)



【カシオ計算機株式会社について】


思えばカシオには、良いイメージしかない。

カシオ計算機公式HP
http://casio.jp/
(社長が樫尾さん・・・同族企業なんだぁ!)


中学生の頃のG-SHOCK、社会人になってから購入した電波時計のOCEANUS(オシアナス)、現部署に異動した際に購入した電卓など、満足度が高い商品を提供し続けている。


社名に「計算機」と謳うだけあり、特に電卓は素晴らしいと思う。

現部署に異動になった際、道具にはこだわろうと色々な電卓を比較しまくった結果、カシオの電卓に落ち着いた。
EPON(エポン)やドクターフットの記事でも述べたが、私はこういう信念のある職人的な企業が大好きである

電卓についてもレポートを1つ書けるくらいネタはあるのだが、需要が少なそうだしゴルフとも結び付けにくいので判断に悩むところだ(^^;)



~最後に~

ハイスピードムービーは、自分のスイングを正確に把握し、理想と現実、自分の認識と現実を埋めるのに、一役も二役も買ってくれるだろう。

このハイスピードデジカメは、普段の生活では自分を客観的に見つめることは難しいということを気付かせ、ゴルフのみならず日常生活にまでプラスの影響を与えてくれそうな神器である。


既にデジカメを持っていてもゴルキチの方には必携、デジカメの買い替えを考え中のお父さんゴルファーにも強くオススメ、特にデジカメにこだわりがない方にも普通にオススメできる万能デジカメである。


ということで、ハイスピードデジタルカメラCASIO EXLIMは、プチマニゴルファーならずとも、真剣に上達を目指すゴルファーには必携のゴルフメカである。


こんな高性能なデジカメが特別高価な訳でもなく、他のデジカメと同価格帯で販売されている。
10年前であれば、テレビのゴルフ中継の中でしか見ることができなかった映像が、自分でも簡単に撮影できる時代になったのだ。


この技術の進化を享受しないのはあまりにももったいない。

このすばらしい技術の進化に敬意を表し、このたび現代ゴルフメカにおける三種の神器の一つに認定させていただいた次第である。



さて、残る最後の神器は何か?
もうお分かりの方も多いだろうが、次回のレポートを待ってほしい。


現代ゴルフメカにおける三種の神器(2)ハイスピードデジタルカメラ CASIO EXLIM (カシオエクシリム) EX-FC200S 終わり


↓テーマ別 「三種の神器(ゴルフメカ)」の記事一覧はコチラ↓
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-5.html


~関連記事~

スイング撮影時における三脚の使用のススメ
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-137.html


ハイスピードデジカメ ④ 最新のカシオエクシリムFC500Sと、FC400S、FC300S、FC200Sの比較表と価格の推移 【現代ゴルフメカ三種の神器 (2)-④】
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-205.html

今は、激安になっているFC400Sがオススメですよ~(^^)ノ




検索用)カシオ CASIO  XLIMエクシリム ハイスピードカメラ ハイスピードデジカメ ハイスピードムービー ハイスピードエクシリム ゴルフ ブログ 価格 オススメ 感想 評判 評価 口コミ EX-FC200S FC300S

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事
月別アーカイブ
最新記事
ポチっと応援よろしくです!
プロフィール

TOMO

Author:TOMO
ゴルフ業界とは無関係なサラリーマンゴルファーです。
よろしくお願いします(^^)ノ
【居住地】 埼玉県さいたま市
【出身地】 石川県金沢市
【年齢】 35歳(1980年生まれ)

Twitter(ツイッター)
アメブロの「なう」みたいに使ってみます
タグ

評価・評判・口コミ・感想 おすすめ商品 ゴルフコース ☆意外とオススメ記事 東京都の練習場 アイアン 千葉県 23区内の練習場 AF-502 アコーディア・ゴルフ関連 石川県 地元 遠藤製作所(エポンゴルフ) EPON(エポン) 金沢市 購入記 ☆マニア向け記事 ゴルフ業界・ニュースの考察 筋トレ・飛距離アップ・ダイエット 正月 ゴルフの小物・アクセサリー 千葉県のゴルフ場 PGM オススメ度5つ◆の練習場 実測100ヤード以上の練習場 YUPITERU(ユピテル) 実測150ヤード以上の練習場 シャフト コンペの賞品(景品)にお薦め 実測200ヤード以上の練習場 TOB 埼玉県の練習場 ヘッドスピード測定器 痛い HS計測器 アルバトロスビュー 食べログ 足裏マッサージ・足ツボマッサージ 2ピースレンジボール採用のゴルフ練習場 ゴルフ社会学 東京都港区 人間ドック タイトリスト(TITLEIST) バリウムと胃カメラ アクアライン アニメのキャラクターのヘッドカバー ドクターフット(Dr.foot) ゴルフコンペ 六本木ヒルズクリニック GPSナビ計測器 会社の人とのラウンド 友人とのラウンド GPSゴルフナビ測定器 芸能人が来ると噂の練習場 石川遼 ゴルフフィールズ(QP) 朝日ゴルフ グリップ カシオエクシリムFC300S ダイナミックゴールド(DG) AGN3400 ハイスピードデジタルカメラ ショットナビアドバンス(Shot ゴルフのリスクマネジメント スパイン調整 ウェッジ 振動数 イーグルビジョン(EAGLEVISON) MODUS3(モーダス3) 目黒区の練習場 江東区の練習場 エポン(EPON)のアイアン比較 石川県の練習場 ゴルフ福袋 千葉県の練習場 トラックマン AF-tour 川崎市の練習場 プロアバンセ ロイヤルグリップMW ブリヂストン 三浦技研 ゴルフと麻雀の共通点 東京都のゴルフ場 910F カシオ(CASIO)のハイスピードデジカメ 栃木県 キャディ PING(ピン) ゴルフフィールズ(QP) PING(ピン) アイアン選びの5か条 宮里藍 虎屋(とらや)のホールインワン最中 バイク 和光市の練習場 学生時代 東京都 GST-2とGST-3とGST-4 AF-302 AF-702 PRGR(プロギア) オススメ度5つ◆のショートコース AF-503 本当の飛距離 試打 高津区の練習場 神奈川県の練習場 金沢市の練習場 木更津市のゴルフ練習場 栃木県のゴルフ場 千葉県のショートコース ショートコース ゴルフ練習場の閉鎖 木更津市 埼玉県のゴルフ場 フェアウェイウッド(FW) トリビア 大田区の練習場 コンペの幹事 立体で見えやすいボールマーカー WGSL さいたま市南区の練習場 ハーフラウンド 河川敷ゴルフコース GST-5GとGST-5GLとGST-5WとGST-6Wの違い(比較) QP 早朝ラウンド 神奈川県 長野県 軽井沢 東京都江東区 世田谷区の練習場 さいたま市中央区の練習場 大井町 調布市の練習場 ふじみ野市の練習場 千葉ゴルフフェスタ 野々市市の練習場 野田市の練習場 品川区の練習場 埼玉県 墨田区の練習場 港区の練習場 GST-2 石川県のゴルフ場 江戸川区の練習場 新宿区の練習場 北区の練習場 レッドアイズポケット GST-3AとGST-3BとGST-3Gの比較(違い) 諸藤正次 ボールラインマーカー NO1グリップ ゼクシオ 福島晃子 新座市の練習場 練馬区の練習場 所沢市の練習場 Nsプロ950 タイガー・ウッズ 長野県のゴルフ場 コンペの賞品(景品)にお勧め 松山英樹 ゴルフクラシック 新潟県 株主優待 価・評判・口コミ・感想