少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)

薀蓄(うんちく)2流、腕3流。ゴルフへの愛情だけは1流のゴルファーのブログ。ゴルフギア・メカの薀蓄や練習場の評価など、好き勝手書いてみます。

チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト2016 【ゴルフ書籍 17】

投稿日:2016年6月19日  カテゴリ:ゴルフ雑誌・書籍


プチマニゴルファーの皆様、大変お待たせである。
あの恒例のプチマニゴルフ雑誌が、気付いたら発売されていた。



リシャフト2016CIMG8977
チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト2016

例年は秋ごろに発売されていたのだが、今回は約半年遅れの春(4月)に発売されたようだ。
プチマニは昨年の秋ごろに発売をチェックしていたが発売情報がなかったので、発刊を見合わせているのかなーと勝手に解釈していた。

発売が遅れた理由は、前回までは発売元が学研であったのに対し、今回はプレジデント社に変更になっていることも影響していると推測される。



なお、今回の記事は今までの記事の焼き直し感が強すぎるが、気にしないでほしい(^^;) 
 



リシャフト2016CIMG8978 
右から2015年版、2014年版、2013年版、2012年版、2011年版、2010年版、2006年版
2006年版はブックオフで500円で販売されていたため即購入した笑



本年版(2016年版)は2016年4月に発売された。

今年は、ドライバー、FW(フェアウェイウッド)、UT(ユーティリティクラブ)、アイアン、ウェッジ用の、定番~最新モデルシャフト132本が紹介されている。

昨年は120本が分析対象だったので、若干数は増加している。


各シャフトは手元側~先端側までの5つのポイントの硬さを計測する方法(5点剛性測定法)で分析されており、シャフトのどの部分がどれくらい硬度なのかが視覚的にわかりやすくなっている。

2011年版までは3点剛性分析だったのだが、2012年版からは5点剛性分析になった。 



  




紹介されているシャフトには、重量のバリエーションやつかまり度合い、弾道やオススメH/S(ヘッドスピード)層、表示フレックス、全長インチ、チップ径、バット径、トルク、キックポイントなどのスペック情報などが掲載されている。

また、テスターが試打したときのインプレッション(感想・印象)も掲載されているので、参考になるだろう。

実際にクラブを組んだ時のデータ(カット前・カット後の重量、総重量、振動数(cpm)、スイングウェート(バランス))も掲載されている。

さらに、テスターが実際に試打したときの打ち出し角度、バックスピン量(rpm)、トータル飛距離まで一覧になっている。

なお、一覧表にあるデータの数値は、純粋にシャフトだけの違いを比較できるようにクラブヘッドやボールなどは同一のものを使用している。



【本書の価値】

ぶっちゃけてしまうと、私はゴルフクラブにはこだわりはある方だと思うが、リシャフト自体にはほとんど興味がない。
最大の理由は、リシャフト料金がシャフトと工賃を含めると、新しい中古ドライバーが購入できてしまうほど高いからだ。

そんな私がこのリシャフト本を毎年買うのは、ゴルフギアの薀蓄が趣味であるのが最大の理由だが(ブログネタになるというのが最大の理由かもしれないがw)、中古のカスタムシャフトが刺さったゴルフクラブを検討する際に、客観的な数値データが欲しいからという理由もある。

この本では、毎年100本以上のシャフトが紹介されているが、アイアンのスチールシャフトなどの定番の商品以外は、新商品を中心に紹介されている。なので、昨年は掲載されていたが、今年版には掲載されていないというシャフトが少なくない。

一方で、新商品を買い続けられるリッチなゴルファーはそれほど多くなく、世間の大多数のゴルファーは、限られた予算の中で、少し型落ちした中古のゴルフクラブを検討せざるをえないのではなかろうか。

しかし、何世代か型落ちしたシャフトの情報は、最新のゴルフ雑誌には当然載っていなし、インターネットで探しても個人のフィーリングの記事など、参考となりにくい情報が比較的多いのが現状だ。

そんなとき、シャフトを毎年同じ基準で分析している書籍を持っていれば、安心して検討することができるだろう。
だから、ある程度ゴルフクラブを頻繁に買い替えしている人や、カスタムシャフトに興味がある方は、毎年継続して購入し、データの蓄積をオススメしたいのである。
(この書籍も、アマゾンでは昨年分くらいまでは在庫があるものの、2年前の本は在庫が尽きてしまっていて購入することができない。)


リシャフト2016CIMG8979
例えば、USTマミヤの人気シリーズ ATTAS(アッタス)。
過去のシャフトは最新号には掲載されないが、毎年データ蓄積しておけば同じ条件で比較された客観的なデータが手に入る。(一番上は2012年版、真ん中が2015年版、一番下が2016年版)



よくわからないシャフトに何万円も投資して失敗するよりも、毎年1,000円ちょっとの出費で、あらゆるシャフトの情報を網羅的に保有するほうが良いと私は思うのだが、いかがだろうか。


【改善点】

一方、本書に対し改善を要望する点を2点挙げておく。
(毎年書いている改善点だが、何一つ改善されないので継続して書いておく)

①5点剛性分析の数値を、各シャフトのページの「硬」「軟」などの記号のすぐ下に書いてほしい

2012年版までは、5点剛性測定値を各ページに掲載してくれていたのに、昨年版からその表記をやめ一覧表の中でしか確認できなくなってしまった。
正直、非常に見にくいので、来年版こそ2012年版の表記に戻すよう対応していただきたい。
(重量のバリエーションなどが見やすくなったのは大変良いことだと思う。)

②飛距離データだけではなく、ヘッドスピードのデータも記載してほしい

確かに試打をするテスターの関氏はプロゴルファーであるし、アマチュアよりは格段にミート率が良いはずである。

しかし、試打マシンではなく人が行うテストなので、少なからず打点がズレてしまう恐れがあり、その場合は飛距離やスピン量のデータはあまり意味を持たなくなってしまう。
(もっとも、あまりにもひどいミスショットは、データから除外しているとは思うが)

一方、ヘッドスピードはミート率にかかわらず「ある程度は」一定している数値である。
(「ある程度」と書いたのは厳密には異なるため。しかし飛距離ほどバラツキはない。)

よって、各シャフトの試打時のヘッドスピードデータもあわせて記載すべきであると思う。


~総評~

【オススメ度】   ★★★★★(改善点が反映されたら+αをつけます)
【プチマニ度】   ★★★★★
【CP(コスパ)】  ★★★★★



「チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト2016」は、ゴルフクラブに興味が出始めた入門者のみならず、ゴルフクラブに相当詳しい方でも満足できるような幅広い層に受け入れられる内容に仕上がっている。

自分1人では物理的・金銭的・技術的にも到底得ることができない貴重なデータが1冊に凝縮されているにもかかわらず、1,426円(8%税別)というお手頃価格でもある。

ということで、「チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト2016」は、リシャフトを予定していないゴルファーにも強くオススメできる良書である。

プチマニゴルファー及びこれを目指す?読者の皆様にも是非所有していただきたい究極の1冊である。


~今年版(2016年版)~




~書籍データ~
【書籍名】 チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト2016
【著者】  パーゴルフ編集部
【出版社】 株式会社プレジデント社
【価格】  1,426円(税抜き)
【発売日】 2016年4月11日

「ゴルフ雑誌・書籍」のカテゴリ一覧に戻るにはコチラから
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-11.html
 
感想 評価 評判 批評 評論 インプレッション レビュー 口コミ クチコミ



ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事

チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト2015 【ゴルフ書籍 11】

投稿日:2014年11月4日  カテゴリ:ゴルフ雑誌・書籍


プチマニゴルファーの皆様、大変お待たせである。
今年もついに、あのプチマニゴルフ雑誌が発売された。

CIMG7530.jpg 
チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト2015 (GAKKEN SPORTS MOOK パーゴルフ)
今年は昨年版まであった「チューン」の表題は、なくなったようだ。


CIMG7531.jpg
目次




CIMG0678.jpg
左から2013年版、2012年版、2011年版、2010年版、2006年版
2006年版はブックオフで500円で販売されていたため即購入した笑

なお、今回の記事は今までの記事の焼き直し感が強すぎるが、気にしないでほしい(^^;)




本年版(2015年版)は11月4日に発売された。

今年は、ドライバー、FW(フェアウェイウッド)、UT(ユーティリティクラブ)、アイアン、ウェッジ用の、定番~最新モデルシャフト120本が紹介されている。

昨年は104本が分析対象だったので、若干数は増えたものの、数年前の本数と比較するとだいぶ減っている。
(組み立て及び撮影の労力が大きすぎ、また時間もかかりすぎるためだと思われる。)
CIMG0677.jpg
昨年版(2014年版)の分析対象シャフトは104本であった。

各シャフトは手元側~先端側までの5つのポイントの硬さを計測する方法(5点剛性測定法)で分析されており、シャフトのどの部分がどれくらい硬度なのかが視覚的にわかりやすくなっている。

4年前の2011年版までは3点剛性分析だったのだが、3年前の2012年版からは5点剛性分析になった。 



CIMG7532_20141104224312782.jpg  
シャフトの5点剛性計測の紹介ページ


紹介されているシャフトには、重量のバリエーションやつかまり度合い、弾道やオススメH/S(ヘッドスピード)層、表示フレックス、全長インチ、チップ径、バット径、トルク、キックポイントなどのスペック情報などが掲載されている。

また、テスターが試打したときのインプレッション(感想・印象)も掲載されているので、参考になるだろう。

実際にクラブを組んだ時のデータ(カット前・カット後の重量、総重量、振動数(cpm)、スイングウェート(バランス))も掲載されている。

さらに、テスターが実際に試打したときの打ち出し角度、バックスピン量(rpm)、トータル飛距離まで一覧になっている。

なお、一覧表にあるデータの数値は、純粋にシャフトだけの違いを比較できるようにクラブヘッドやボールなどは同一のものを使用している。



【本書の価値】

ぶっちゃけてしまうと私はゴルフクラブにはこだわりはある方だと思うが、リシャフト自体にはほとんど興味がない。
最大の理由は、リシャフト料金がシャフトと工賃を含めると、新しい中古ドライバーが購入できてしまうほど高いからだ。

そんな私がこのリシャフト本を毎年買うのは、ゴルフギアの薀蓄が趣味であるのが最大の理由だが(ブログネタになるというのが最大の理由かもしれないがw)、中古のカスタムシャフトが刺さったゴルフクラブを検討する際に、客観的な数値データが欲しいからという理由もある。

この本では、毎年100本以上のシャフトが紹介されているが、アイアンのスチールシャフトなどの定番の商品以外は、新商品を中心に紹介されている。なので、昨年は掲載されていたが、今年版には掲載されていないというシャフトが少なくない。

一方で、新商品を買い続けられるリッチなゴルファーはそれほど多くなく、世間の大多数のゴルファーは、限られた予算の中で、少し型落ちした中古のゴルフクラブを検討せざるをえないのではなかろうか。

しかし、何世代か型落ちしたシャフトの情報は、最新のゴルフ雑誌には当然載っていなし、インターネットで探しても個人のフィーリングの記事など、参考となりにくい情報が比較的多いのが現状だ。

そんなとき、シャフトを毎年同じ基準で分析している書籍を持っていれば、安心して検討することができるだろう。
だから、ある程度ゴルフクラブを頻繁に買い替えしている人や、カスタムシャフトに興味がある方は、毎年継続して購入し、データの蓄積をオススメしたいのである。
(この書籍も、アマゾンでは昨年分くらいまでは在庫があるものの、2年前の本は在庫が尽きてしまっていて購入することができない。)

よくわからないシャフトに何万円も投資して失敗するよりも、毎年1,000円ちょっとの出費で、あらゆるシャフトの情報を網羅的に保有するほうが良いと私は思うのだが、いかがだろうか。


【改善点】

一方、本書に対し改善を要望する点を2点挙げておく。
(昨年も書いた改善点だが、何一つ改善されないので継続して書いておく)

①5点剛性分析の数値を、各シャフトのページの「硬」「軟」などの記号のすぐ下に書いてほしい

2012年版までは、5点剛性測定値を各ページに掲載してくれていたのに、昨年版からその表記をやめ一覧表の中でしか確認できなくなってしまった。
正直、非常に見にくいので、来年版こそ2012年版の表記に戻すよう対応していただきたい。
(重量のバリエーションなどが見やすくなったのは大変良いことだと思う。)

②飛距離データだけではなく、ヘッドスピードのデータも記載してほしい

確かに試打をするテスターの関氏はプロゴルファーであるし、アマチュアよりは格段にミート率が良いはずである。

しかし、試打マシンではなく人が行うテストなので、少なからず打点がズレてしまう恐れがあり、その場合は飛距離やスピン量のデータはあまり意味を持たなくなってしまう。
(もっとも、あまりにもひどいミスショットは、データから除外しているとは思うが)

一方、ヘッドスピードはミート率にかかわらず「ある程度は」一定している数値である。
(「ある程度」と書いたのは厳密には異なるため。しかし飛距離ほどバラツキはない。)

よって、各シャフトの試打時のヘッドスピードデータもあわせて記載すべきであると思う。


~総評~

【オススメ度】   ★★★★★(改善点が反映されたら+αをつけます)
【プチマニ度】   ★★★★★
【CP(コスパ)】  ★★★★★



「チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト2015」は、ゴルフクラブに興味が出始めた入門者のみならず、ゴルフクラブに相当詳しい方でも満足できるような幅広い層に受け入れられる内容に仕上がっている。

自分1人では物理的・金銭的・技術的にも到底得ることができない貴重なデータが1冊に凝縮されているにもかかわらず、1,426円(8%税別)というお手頃価格でもある。

ということで、「チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト2015」は、リシャフトを予定していないゴルファーにも強くオススメできる良書である。

プチマニゴルファー及びこれを目指す?読者の皆様にも是非所有していただきたい究極の1冊である。


~今年版(2015年版)~




~昨年版(2014年版)~
アマゾンでは過去1年分程度しか在庫がないようである。
毎年データを蓄積していきたいという方は、是非昨年版も合わせて購入されることをオススメする。






~書籍データ~
【書籍名】 チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト2015
【著者】  パーゴルフ編集部
【出版社】 学研 マーケティング
【価格】  1,426円(税抜き)
【発売日】 2014年11月18日 (ただし、アマゾンでは11月4日から入手可能)

「ゴルフ雑誌・書籍」のカテゴリ一覧に戻るにはコチラから
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-11.html
 
感想 評価 評判 批評 評論 インプレッション レビュー 口コミ クチコミ


ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事

チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト&チューン2014 【ゴルフ書籍 8】

投稿日:2013年10月30日  カテゴリ:ゴルフ雑誌・書籍


プチマニゴルファーの皆様、大変お待たせである。
今年もついに、あのプチマニゴルフ雑誌が発売された。

CIMG0677.jpg
チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト&チューン2014(パーゴルフ編集部)

この雑誌、一部のギアオタ(←ギアオタクの略)からは熱烈に支持されており、私も過去5年買い続けている。





CIMG0678.jpg
左から2013年版、2012年版、2011年版、2010年版、2006年版
2006年版はブックオフで500円で販売されていたため即購入した笑



なお、今回の記事はかなり昨年版と重なる記述があるが、気にしないでほしい(^^;)

(ご参考:昨年版) チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト&チューン2013 【ゴルフ書籍 2】
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-100.html





本年版(2014年版)は10月29日に発売された。

今年は、ドライバー、FW(フェアウェイウッド)、UT(ユーティリティクラブ)、アイアン、ウェッジ用の、定番~最新モデルシャフト104本が紹介されている。

昨年は146本が分析対象だったので、数は大幅に減っている。
これはシャフトメーカーの減少というより、同誌が紹介するシャフトの本数自体が減ったようだ。
(組み立て及び撮影の労力が大きすぎ、また時間もかかりすぎるためだと思われる。)



各シャフトは手元側~先端側までの5つのポイントの硬さを計測する方法(5点剛性測定法)で分析されており、シャフトのどの部分がどれくらい硬度なのかが視覚的にわかりやすくなっている。

3年前の2011年版までは3点剛性分析だったのだが、2年前の2012年版からは5点剛性分析になった。



CIMG0682.jpg
シャフトの5点剛性計測の紹介ページ





紹介されているシャフトには、重量のバリエーションやつかまり度合い、弾道やオススメH/S(ヘッドスピード)層、表示フレックス、全長インチ、チップ径、バット径、トルク、キックポイントなどのスペック情報などが掲載されている。

また、テスターが試打したときのインプレッション(感想・印象)も掲載されているので、参考になるだろう。





実際にクラブを組んだ時のデータ(カット前・カット後の重量、総重量、振動数(cpm)、スイングウェート(バランス))も掲載されている。

これらは、わざわざクラブを1本1本組んでデータを収集しているため、正確な数値が取れるのである。

さらに、テスターが実際に試打したときの打ち出し角度、バックスピン量(rpm)、トータル飛距離まで一覧になっている。


なお、一覧表にあるデータの数値は、純粋にシャフトだけの違いを比較できるようにクラブヘッドやボールなどは同一のものを使用している。





試打のテスターは、2010・2011年はマーク金井氏だったが、2012年版から3年連続でQPこと関雅史氏が務めている。

ちなみに私がEPONのAF-502アイアン及びMYSTERYのMW-102ウェッジを購入したのも、この関氏が運営するゴルフフィールズである。

エポンAF-502購入記目次
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-1.html

MYSTERY MW-102ウェッジ
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

ゴルフフィールズを紹介した時の記事
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-20.html



そして、クラブデータの計測を行っているのは、EPON及び三浦技研のクラブを様々なシャフトで試打できるアクテックゴルフを運営する遠藤仁史氏である。


アクテックゴルフを紹介した時の記事
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-4.html


この他、2014年版では、「シャフトの歴史を俯瞰する」や「シャフトの重さはこう選べ」や、シャフトに装着する「グリップ」についてなど、興味深い特集が満載である。


CIMG0685.jpg
「シャフトの歴史を俯瞰する」

→プチマニゴルファー必見!



CIMG0686.jpg
「シャフトの重さはこう選べ」 
→シャフトの重量フロー、非常に重要である。いつかこれについても記事を書かないと・・・。





CIMG0687.jpg
「グリップでパッティングは大きく変わる」 
→個人的には一番面白い特集だった




【改善点】

一方、本書に対し改善を要望する点を2点挙げておく。

①は昨年も指摘したが改善されないので、引き続き書いておく。
②は今年新たに追加した改善を希望する点である。


①5点剛性分析の数値を、各シャフトのページの「硬」「軟」などの記号のすぐ下に書いてほしい

2年前の2012年版までは、5点剛性測定値を各ページに掲載してくれていたのに、昨年版からその表記をやめ一覧表の中でしか確認できなくなってしまった。
正直、非常に見にくいので、来年版こそ2012年版の表記に戻すよう対応していただきたい。
(重量のバリエーションなどが見やすくなったのは大変良いことだと思う。)




②飛距離データだけではなく、ヘッドスピードのデータも記載してほしい

確かに試打をするテスターの関氏はプロゴルファーであるし、アマチュアよりは格段にミート率が良いはずである。

しかし、試打マシンではなく人が行うテストなので、少なからず打点がズレてしまう恐れがあり、その場合は飛距離やスピン量のデータはあまり意味を持たなくなってしまう。
(もっとも、あまりにもひどいミスショットは、データから除外しているとは思うが)

一方、ヘッドスピードはミート率にかかわらず「ある程度は」一定している数値である。
(「ある程度」と書いたのは厳密には異なるため。しかし飛距離ほどバラツキはない。)

よって、各シャフトの試打時のヘッドスピードデータもあわせて記載すべきであると思う。





なお、同じシャフトの試打データでも、2013年版と2014年版は違う数値が記載されていた。
これは1本1本のシャフトを毎年試打して実測値を取っている証拠でもあろう。
今後も、マーク金井氏が試打していた時代の提灯記事雑誌に戻ることがないようにしていただきたい。


~総評~

【オススメ度】   ★★★★★(改善点が反映されたら+αをつけます)
【プチマニ度】   ★★★★★
【CP(コスパ)】  ★★★★★



「チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト&チューン2014」は、ゴルフクラブに興味が出始めた入門者のみならず、ゴルフクラブに相当詳しい方でも満足できるような幅広い層に受け入れられる内容に仕上がっている。

自分1人では物理的・金銭的・技術的にも到底得ることができない貴重なデータが1冊に凝縮されているにもかかわらず、1,470円というお手頃価格でもある。

ということで、「チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト&チューン2014」は、リシャフトを予定していないゴルファーにも強くオススメできる良書である。

プチマニゴルファー及びこれを目指す?読者の皆様にも是非所有していただきたい究極の1冊である。


~本年版(2014年版)~




~書籍データ~

【書籍名】 チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト&チューン2014
【著者】  パーゴルフ編集部
【出版社】 学研
【価格】  1,470円(税込)
【発売日】 2013年11月12日 (ただし、アマゾンでは10月29日から入手可能)




なお、アマゾンでは過去分は、1年分程度しか在庫がないようである。
毎年データを蓄積していきたいという方は、是非昨年版も合わせて購入されることをオススメする。

~昨年版(2013年版)はコチラ~ 

 



「ゴルフ雑誌・書籍」のカテゴリ一覧に戻るにはコチラから
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-11.html
 
感想 評価 評判 批評 評論 インプレッション レビュー 口コミ クチコミ
ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事

チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト&チューン2013 【ゴルフ書籍 2】

投稿日:2012年11月2日  カテゴリ:ゴルフ雑誌・書籍

プチマニゴルファーの皆様、お待たせである。


いよいよ、あのプチマニゴルフ雑誌の登場だ。


少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト&チューン2013(パーゴルフ編集部)


この雑誌、一部のギアオタ(←ギアオタクの略)からは熱烈に支持されており、私も過去4年買い続けている。




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
左から2012年版、2011年版、2010年版、2006年版
2006年版はブックオフで500円で販売されていたため即購入した笑



本年版(2013年版)は10月下旬の発売だったのだが、発売当初はamazonで売切れていたため店頭で購入した。(11月2日時点では、アマゾンでも7点の在庫があるようだ。)



本年版(2013年版)では、ドライバー、FW(フェアウェイウッド)、UT(ユーティリティクラブ)、アイアン、ウェッジ用の、定番~最新モデルシャフト146本が紹介されている


各シャフトは手元側~先端側までの5つのポイントの硬さを計測する方法5点剛性測定法)で分析されており、シャフトのどの部分がどれくらい硬度なのかが視覚的にわかりやすくなっている。

2年前の2011年版までは3点剛性分析だったのだが、昨年の2012年版からは5点剛性分析になった。



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
シャフトの5点剛性計測の紹介ページ




紹介されているシャフトには、重量のバリエーションやつかまり度合い、弾道やオススメH/S(ヘッドスピード)層、表示フレックス、全長インチ、チップ径、バット径、トルク、キックポイントなどのスペック情報などが掲載されている。


また、テスターが試打したときのインプレッション(感想・印象)も掲載されているので、参考になるだろう。




少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
各ページのイメージ


また、実際にクラブを組んだ時のデータカット前・カット後の重量、総重量、振動数(cpm)、スイングウェート(バランス))も掲載されている。


これらは、わざわざクラブを1本1本組んでデータを収集しているため、正確な数値が取れるのである。


さらに、テスターが実際に試打したときの打ち出し角度、バックスピン量(rpm)、トータル飛距離まで一覧になっている。



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
貴重なデータが凝縮されている


一覧表にあるデータの数値は、純粋にシャフトだけの違いを比較できるようにクラブヘッドやボールなどは同一のものを使用している





テスターは、2010・2011年はマーク金井氏だったが、2012年版からはQPこと関雅史氏が務めている。


ちなみに私がEPONのAF-502アイアン及びMYSTERYのMW-102ウェッジを購入したのも、この関氏が運営するゴルフフィールズである。


エポンAF-502購入記目次
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-1.html


MYSTERY MW-102ウェッジ
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-67.html


ゴルフフィールズを紹介した時の記事
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-20.html




そして、クラブデータの計測を行っているのは、EPON及び三浦技研のクラブを様々なシャフトで試打できるアクテックゴルフを運営する遠藤仁史氏である。


アクテックゴルフを紹介した時の記事
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-4.html


この他、シャフトの基礎知識コーナー、飛ばしのシャフトチューニング術、グリップ特集、関氏とマスダゴルフの増田雄二氏、鹿又芳典氏の鼎談記事など、読みどころ満載な雑誌に仕上がっている。



少しだけマニアックなゴルフレポート (プチマニゴルフレポート)
シャフト選びの素朴な疑問特集



【改善点】


一方、本書に対し改善を要望する点を2点挙げておく。


①振動数の表記


以前にも書いたが、振動数については手元側の硬さを測る指標であり、シャフト硬度を測るには万全な指標ではないという意見もあることは理解している。


現代ゴルフメカ三種の神器(3)ヘッドスピード測定器(下)本当のH/S値と日本のゴルフ業界の問題点
petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-85.html


しかし、この雑誌で紹介されている5点剛性は、緻密で正確な分析であるものの一般的な指標ではない。


また、紹介されている以外のシャフトの5点剛性分析を自分で行うことは不可能である。


よって、万全な指標ではないかもしれないが、やはりシャフトの硬さの一般的な指標である振動数の表記があると大変参考になると思う。



②5点剛性分析の数値を、各シャフトのページの「硬」「軟」などの記号のすぐ下に書いてほしい


昨年版(2012年版)では各ページに5点剛性測定値を掲載してくれていたのに、本年版ではその表記をやめ、一覧表の中でしか確認できなくなってしまった。


正直、非常に見にくい。


来年度版では、2012年版の表記に戻すよう対応していただきたい。



【注意点】


どのゴルフ雑誌でもそうだが、雑誌では商品の悪い点はおおっぴらに書けないものである。


この雑誌についても、シャフトに対してのネガティブな表現は一切みられない仕上げとなっている。したがって、文脈や行間を読む力が必要となるだろう。



余談だが、試打の数値は関氏がテスターを務めるこの二年間は、本当の実測値(←変な言葉ですねw)を使っていると推測される。


逆に、2011年版までの試打結果数値は極めて疑わしいと私は考えている。


例えば2010年・2011年版のドライバーの全シャフトの試打結果数値は、最大飛距離と最小飛距離が5~6ヤード差しかない。


確かにマーク金井氏は素晴らしいテスターなのだろうが、5~6ヤード差なんて同じシャフトを機械で試打して出る誤差というレベルだろう。


また、あれほど結果に差が無いのであれば、この雑誌で推奨するリシャフト行為自体を否定することにもつながりかねない。


これはおそらく、2年前(2011年版)までは飛距離が少なく計測されてしまったメーカーへの配慮から、どのメーカーもあまり差が出ないように適当な数値を掲載していたのだろう。





一方、昨年版(2012年版)では56種類のシャフトで最大16ヤード、本年版(2013年版)では66種類のシャフトで最大20ヤードの飛距離差がある。(全てドライバーのシャフトの計測値)


飛距離を求めるシャフト、方向性を求めるシャフト、いろいろなシャフトがあってよいと思う。
読者が知りたいのは生の、本当の情報である。
提灯記事は誰も必要としていないのだ。




おそらくパーゴルフ編集部も一昨年(2011年版)までのいい加減な数値の掲載をマズイと自覚し、昨年版(2012年版)から実測値を掲載しはじめたのだろうと私は推測している。


もし昨年版(2012年版)がテキトーなデータと判断していれば、私はこの雑誌は買い続けていなかっただろう。


今後も実測値を誠実に掲載するという当たり前の行為をし続けることを強く望む。



~総評~


【オススメ度】   ★★★★★
【プチマニ度】   ★★★★★
【CP(コスパ)】  ★★★★★


「チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト&チューン2013」は、ゴルフクラブに興味が出始めた入門者のみならず、ゴルフクラブに相当詳しい方でも満足できるような幅広い層に受け入れられる内容に仕上がっている。


自分1人では物理的・金銭的・技術的にも到底得ることができない貴重なデータが1冊に凝縮されているにもかかわらず、1,470円というお手頃価格でもある。


ということで、「チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト&チューン2013」は、リシャフトを予定していないゴルファーにも強くオススメできる良書である。


プチマニゴルファー及びこれを目指す?読者の皆様にも是非所有していただきたい究極の1冊である。




~書籍データ~


【書籍名】 チャレンジ!ゴルフクラブ リシャフト&チューン2013
【著者】   パーゴルフ編集部
【出版社】 学研
【価格】   1,470円(税込)
【発売日】 2012年11月12日
 
ちなみに・・・この本を実際に購入したのは2012年10月30日なのですが・・・本の発売日って、なんで実際の発売日よりも後日付のことが多いんでしょうか(^^;)?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてもらえると嬉しいです(^^)ノ

感想 評価 評判 批評 評論 インプレッション レビュー 口コミ クチコミ

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事

エポン(EPON) AF-502アイアン購入記【完】 (5) 雑感 アイアン選びの5箇条 (後編)

投稿日:2011年11月25日  カテゴリ:エポン(EPON)

さて、後編である。
まだ前編を読んでいない方は、先に前編を読んでほしい。

EPON AF502購入記 (5)雑感(前編) アイアン選びの5か条
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

では、アイアン選びの5か条の④から続けよう。

④調整できるクラブを買うこと。

これはスーツにたとえれば解りやすい。
一度でもオーダーで作ったことがある人は、あのフィット感を体験すればもはや吊るしのスーツは買えなくなるだろう。

ゴルフクラブも自分がクラブにあわせるのではなく、間違っていない範囲でクラブを自分に合わせるほうが上達は早い。

吊るしで買ったスーツがブカブカだからといって、太ろうとする人はいないはずだ。

また、オーダースーツが多少の体型の変化を生地で調整できるように、軟鉄鍛造のアイアンであればロフト角やライ角の多少の調整が可能だ。



私がお勧めする調節できるアイアンは以下の通りである。

★遠藤製作所(EPON)

さんざん紹介したのでもういいだろう 笑。

諸事情あるのだろうが、取扱い店舗が少ないのが難点だ。

エポンゴルフ  ショップリスト 
epongolf.co.jp/ja/#/ShopList
(判りにくいが、HPの下側の「Shoplist」から取扱店舗が確認できる。)


★PING(ピン)

PING(ピン)ゴルフ 公式HP
http://www.ping.com/

PINGのクラブは多くのモデルがステンレス製だが、ロフト角やライ角が調整可能な点が大きな特徴だ。

クラブフィッティングの思想がブレない素晴らしいメーカーである。
ライ角はもちろん、シャフトの種類、長さ、グリップなど、細かにカスタムできる。
また、価格も良心的で初めてのオーダークラブに強くオススメできる。

PINGは、日本ではパターのイメージが強いが、アメリカでは、一番売れているメーカーである。「遠藤はちょっと・・・」という人には、PING(ピン)を勧めたい。

ただ、EPONに比べると製品精度は落ちる。
購入後1回目のクラブの調整は無料なので、積極的に利用してほしい。

現在は北区の浮間でフィッティングスタジオを開設しているようなので、興味がある方は是非訪問してみてほしい。
(なお、拍子抜けするほどセールストークが無いので、安心して訪れることができよう。)

ピンについては、ピンフリークの方のHPもあるので、参考にされたい。

PINGでゴルフな日々
http://blog.pinggolf.info/


三浦技研は所有したことが無く10球程試打しただけなので評価は保留したい。

この他、共栄ゴルフや藤本技工をよく耳にするが、試打したことがないので三浦同様コメントは控える。


大手メーカーが好きな方には、軟鉄鍛造のアイアンを購入することをオススメする。
そして、購入後は必ずクラブの測定をし必要に応じて調整してもらってほしい。

その調整は腕のよいクラフトマンにやってもらう必要がある。

⑤信頼できる工房を探すこと。

腕は3流の癖に私がここまでクラブにこだわる理由は、「ミスショットをクラブのせいにしたくないから」の一言に尽きる。

今回は0.5度や1gの単位までうるさく言って、一流のクラフトマンに調整してもらったクラブ。だからミスショットは全部自分のせいだと納得できる。

購入価格は、ヘッド(サテン仕上げ含む)、シャフト(スパイン調整含む)、グリップ全てにこだわった結果、量販店や激安輸入ショップのアイアンセットなら2~3セットほど買えるような金額になった。

しかし、自分の中では非常にいい買い物ができたという満足感で一杯だ。
数年で何度も型落ちする心配もないし、アフター体制も万全である。

今回の購入先は何度も登場しているゴルフフィールズさんであるが、あらかじめ事情を話していたためか色々配慮してもらい、非常にありがたかった。

ここで、少しゴルフフィールズを紹介しておこう。

ゴルフフィールズは、QPのあだ名で親しまれている関雅史さんが店長を務めるクラブフィッティングやレッスンを行っている、文京区の本駒込にあるゴルフショップだ。

ゴルフフィールズ

私の一押しは関店長のクラブ(シャフト)フィッティングだ。

関店長はプチマニゴルファー必携の書、パーゴルフのリシャフト本「リシャフト&チューン2012」で、テスターを務めるシャフトのプロだ。

ワインで言えば超一流のソムリエだ。

これほどの人から約1時間弱、知識とアドバイスをもらい、その間に腕利きのクラフトマンにクラブの計測までしてもらえて5,000円だ。お買い得すぎる!!!

1球単価の高い練習場でマン振りしてバナナボールを連発しているそこのあなた!(あっ、呼ばれてしまったw) 

そこで5,000円使うなら一度見てもらってはいかがだろうか?
きっと新しい発見があるだろう。

ちなみに、私がプチマニゴルファーとしての道を歩き始めるキッカケになったのもゴルフフィールズだ。
(ゴルフフィールズを薦めてくれたのは、例の同期のO君。ありがとね。)

blog_import_50c3f5706e550.jpg
無数に用意されたシャフト。
シャフトの違いだけを純粋に比較できるように、シャフトの先端に特殊な処理が施されている。1つのクラブヘッドで異なるシャフトを次々と打てる、貴重な体験ができる。
自分に合った一本を教えてもらおう。



これだけ商品が溢れる現在社会では、自分に何が合っているかを知ることが大切になる。これはビジネスの場面でも役立つ大事な視点だろう。

blog_import_50c3f571b5971.jpg
EPONの他、ロマロやマスダゴルフなど、プチマニメーカーのクラブも多数用意されている。
興味がある方は、是非訪ねてみて欲しい。



又、小さくてもいいから自分のことを良く理解してくれる、腕のよいクラフトマンがいる工房を探して欲しい。(ゴルフフィールズの場合は工房も同じ店内にある。)

工房という選択は1円でも安いほうがいいという人には向かないが、精度の高い自分に合ったものが欲しいという人には最善の選択肢であると思う。

東京近郊でない方も地元で信頼できる工房を見つけて欲しい。
自分が知らないだけで、きっと近くに名クラフトマンが存在するだろう。

これからは、吊るしのクラブを適当なセールストークで販売する大手量販店ではなく、自分に合ったクラブをカスタムしてくれるゴルフ工房の時代が来る、と私は考えている。

こんなプチマニレポートに興味を持ってくれる読者の皆さんには、是非、時代の一歩先を行くクラブ選びを実践してほしいと思う。

~終わりに~

ココまで読んでいただき本当にありがとうございます。
長文だったのでお疲れのことと思います 笑。

今回で「EPON AF502購入記」も終わりです。

最後は辛口になってしまいましたが、こういうことを考えている下手くそゴルファーがいるんだと思う程度にとらえてください(^^;)

これでエポンに関しては言いたいこと、全部ぶちまけることができました。
このレポートを書く前は、周りに話しを聞いて(聞き流して?)くれる人が少なくてウズウズしていましたが、一通りスッキリしました。

ネット社会万歳です。




でも・・・





まだ言いたいことの3分の1も言えていないので書き続けます 笑。

今後ともご愛読よろしくお願いいたします(^^)ノ

(EPON AF-502購入記 完)

(目次一覧)EPON AF-502購入記
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-1.html

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事

エポン(EPON) AF-502アイアン購入記 (4)-⑥ 手術を終えて・・・

投稿日:2011年11月16日  カテゴリ:エポン(EPON)

さて、シャフトカットの手術により、AF502は6本それぞれ、0.5インチ短くなった。(5I:38.5⇒38インチ、以下0.5インチごと同じ)

ところで、アイアンのシャフトをカットする場合、チップ(先端)側とバット(手元)側、どちらをカットするのが一般的かご存知だろうか?

答えは【シャフトの形状】と、【ヘッドのホーゼル径】から、必然的に導かれる。

【シャフト形状】
まず、シャフトは大きく2種類に分類される。

1つ目は、バットからチップにかけて少しずつ細くなる「テーパー」。

この場合、2番用~SW用といったように、番手ごとにシャフトが作られている。

2つ目は、太さが変わらない「パラレル」。


この場合は、番手ごとのシャフトは作らず、同じ長めのシャフトを、カットする長さで○番手用という調節をする。


今回私が選んだmodus3を含め、多くのメーカーのアイアン用シャフトは、「テーパー」が多い。(もちろん、パラレルをラインナップしているメーカーも複数存在する。)

【ホーゼル径】

一方、クラブヘッドにはシャフトを刺すホーゼルという穴がある。

一般的なこの穴の直径(ホーゼル径)は、9.0mm~9.5mm前後である。

穴を削って広げたりできるものの、そうするとヘッド重量が変わってしまうので、あまり好ましくない調整である。


さて、勘の良い読者の方はお気づきだと思うが、だんだん先が細くなるシャフトと、直径が決まっているヘッドのホーゼル、これを一度決めると差し込み位置は、それほど大きく動かすことはできないことになる。

よって、アイアンのシャフトカットは「バット側が一般的」が正解である。

詳しい方には当たり前の話だろうが、私としては、今回のシャフトカットで得ることができた新しい知識であった。



ところで、バットカットということは、まだ新品に近いMWⅡグリップを切らないといけないことになる。(モッタイナー(><))

こういう理由で、まだ5回程度のリハーサルしか行っていない「MWⅡ48」の第1期生6本は強制的に卒業となり、第2期生6本が結成されたのだった。


さて、38インチになったAF502は、カット前に比べて格段に振りやすくなった。
プッシュ球が出る回数も極端に減り、高弾道のストレートボールを打てる回数が増えた。

とにかく非常に満足のいく仕上がりである。


以前の使用アイアンと、カット前後のスペックの比較をしておこう。


【1】PING i10アイアン(前使用アイアン)
①シャフト     ダイナミックゴールド(DG)S200
②長さ(5I)    38.25インチ
③グリップ    ピンオリジナル アクア(やや細) 約48gの1重巻き
④バランス    D3
⑤総重量     426g
⑥振動数    330cpm
⑦ロフト角    カタログ値、リアル値共に27度
⑧ライ角     カタログ値60.75度、指定値63.75度(+3)、リアル値61.5度(+0.75)


【2】AF502 38.5インチ時(カット前)
①シャフト     MODUS3(モーダス3) 硬度X
②長さ(5I)    38.5インチ
③グリップ    ロイヤルグリップMWⅡ 約50gの2重巻き
④バランス    D7
⑤総重量     425.6g
⑥振動数     314cpm
⑦ロフト角    カタログ値25度、指定値(=リアル値)24度
⑧ライ角     カタログ値61度、指定値(=リアル値)61.5度

【3】AF502 38インチ(カット後)
①シャフト     MODUS3(モーダス3) 硬度X
②長さ(5I)    38インチ
③グリップ    ロイヤルグリップMWⅡ 約50gの2重巻き(【2】と同じ)
④バランス    D3
⑤総重量     424.4g
⑥振動数     320cpm
⑦ロフト角    カタログ値25度、指定値(=リアル値)24度
⑧ライ角     カタログ値61度、指定値(=リアル値)62度


いかがだろうか?
こういうデータはネットでもあまり落ちていない、レア情報だと思う。
(特に【2】のD7のアイアンのデータなんて、探してもまず見つからないですよ~笑。ん?要らない(^^;))


0.5インチのシャフトカットで、振動数が6cpm硬い方向に、バランスが4ポイント軽い方向に動いた。

ここで、「DGのS200とMODUS3(X)のシャフトの重量差は9gと言っていたのに、【1】と【2】は、なぜ殆ど同じ重さになってしまった?」という点に気づいた、記憶力のよい読者の方もいるだろう。

これは、シャフト重量は同じでも、ヘッド、グリップ、テープの重量が、少しずつAF502のほうが重いためである。

また、modus3のXの方が、DGのS200より低い振動数(軟らかい)ということに気づいた方もいるだろう。

これは、日本のメーカーの硬度表記は、総じて外国メーカーのものよりも軟らかい傾向にあるためである。(これも色々な諸事情があってのことだが、別の機会に話そう。)

書きました!(記事の中ほどでシャフトの硬度表記について述べています)
現代ゴルフメカ三種の神器(3)ヘッドスピード測定器(下)本当のH/S値と日本のゴルフ業界の問題点
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-85.html


ライ角は0.
5インチ短くなるごとに、0.5度ずつ立てる調整をするのが一般的であるため、カット後はさらに0.5度アップライトの調整をしてもらった。(この結果、カタログ値よりも、全番手1度アップライトになった)

ここで、「以前のPINGの時には、3度アップライト(5Iで63.75度)が適切だと診断されたのに、今回は1度しかアップライトにしないの?」という疑問をもった、鋭すぎるデキリーマン(ウーマン)な読者の方もいるだろう。この答えもまた今度話そう。

書きました!(記事の中ほどでライ角調整の考え方について述べています)
ライ角の調整を考える
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-189.html

「別の機会」「また今度」ばっかりだと思われるかもしれないが、正直、書きたいことが多すぎて、追いつかない状況である(^^;)


blog_import_50c3f549122cd.jpg
エポン AF-502子。
最初はそうでもなかったが、だんだん可愛く見えてきた。




満足のいくクラブに仕上がるまで、すごい遠回りをした。
しかし、そのおかげで知識も深まり、スイングも改造され、以前より弾道も安定した、という大満足の結果を得ることができた。

本来、ブログなんて書くつもりはなかったのだが、この遠回りこそ私にキーボードを叩く決意をさせた最大の要因であった。

こういうネット社会で、顔の見えない誰かが、少しでも「参考になった」と思ってくれれば、大変幸いである。

長々と続いた「(4)クラブスペック編」も今回で終わりだが、最後に今回の購入を通じて感じたことを、雑感としてまとめておきたいと思う。

(続き)EPON AF502購入記 (5)雑感(前編)アイアン選びの5か条
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

(目次一覧)EPON AF502購入記
http://petitmanigolf.blog.fc2.com/blog-category-1.html(検索用)遠藤製作所 EPON エポン 試打 評価 評判 口コミ 感想 比較 飛距離 ゴルフ ブログ

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事

タイトリスト 910Fが届きました!

投稿日:2011年11月12日  カテゴリ:タイトリスト(Titleist)

Titleist(タイトリスト)のフェアウェイウッド(以下FWとします)、910F(19度)が到着!


「今までさんざんアイアンの記事で大手メーカーのクラブを批判しておいて、FWはタイトリスト?」というご指摘がありそうですね(^^;)

ただ、自分なりにはこだわったつもりなので、その辺の弁解は後日させてください~。

blog_import_50c3f5231600d.jpg
新品のクラブを開ける瞬間は、なんともいえない快感があります。

10月上旬に発注したのに、ヘッドの在庫が切れており、1ヶ月以上の納期待ちとなりました。



このご時世に、なんとも景気のいい話です(^^;)
タイトリストについては、色々書きたいことがあるので後日レポートします~。


シャフトは、グラファイトデザイン(以下「GD社」とします・・・ダイナミックゴールド(DG)と紛らわしいですね)のTourAD(ツアーAD)DIで、硬さは8Xです。

このクラブを選んだ経緯やシャフトの話も、今度レポートしますね。


blog_import_50c3f52492366.jpg
シャフト Tour AD DI 8X



それから、グリップは早速、以前オススメした「ロイヤルグリップMWⅡ」にリグリップしてきます!重量や振動数などの詳細なスペックは、リグリップの際に計測してもらう予定です。

EPON AF-502アイアン購入記 (4)-②グリップ (プロアバンセ ロイヤルグリップMW)


blog_import_50c3f525dd989.jpg
純正グリップとはすぐにお別れなので、記念にパチリ。 購入しました。




今回はインターネットで購入しました。
色々探した結果、タイトリストのカスタムを一番安く扱っている正規取扱店ということで決めました。

スピンラインゴルフ


「こだわりのある一品を追い求める」という謳い文句が好きです

タイトリストだけではなく、ROYAL COLLECTION(ロイヤルコレクション、通称ロイコレ)や、Fourteen(フォーティーン)、三浦技研など、ちょっとゴルフギアにこだわりのある人(プチマニゴルファー?笑)向けメーカーのカスタムを多数取り扱っていますので、ご興味のある方は見てみてくだ


価格、スタッフの対応、梱包等、総合的に勘案して優良店だと思います。

あと、別売りと思っていたトルクレンチは付いていました!


blog_import_50c3f526e3f7a.jpg
正規品を証明するシール。もちろん保証書もついてきます。

タイトリストの正規代理店はタイトリストのHPで確認できます。


タイトリスト 正規代理店検索
http://www.titleist.co.jp/htm/shop/

近年、タイトリストも含む有名ゴルフメーカーの偽物が多く出回っているようなので、ご注意ください。


(追記) 910Fのスペック書きました!
X’masプレゼント! Titleist(タイトリスト) 910Fのスペック

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事

エポン(EPON) AF-502アイアン購入記 (4)-① シャフト (MODUS3とスパイン調整)

投稿日:2011年11月6日  カテゴリ:エポン(EPON)

ここまでで、ヘッドはAF502に絞ったものの、シャフトがまた悩みのタネだった。
ダイナミックゴールド(以下DG)は、多少重く感じていたし、つかまりの悪さも感じていた。
しかし、ヘッドスピードや希望の弾道(これ以上高くなって欲しくない)から、DGが一番合っているのではという意見が多かった。

しかし、ここで先述のゴルフフィールズの店長、関さんにフィッティングを受けたときの「モーダススリーもいいかもしれませんね」という一言を思い出した。


「もーだす?(@@)」

ネットで検索してみると、日本シャフト社の新商品であった。

日本シャフト modus3

私の中で日本シャフトといえば、ゼクシオに入っていたNs950の中折れ感あるヘナヘナシャフトメーカーのイメージであった。

しかし調べてみると、どうやらこの「modus3」はDGがほぼ独占している重量級シャフト(カット前120g以上)市場のパイを、本気で奪いにいくために開発された商品らしい。これは期待大だ。

モーダス3のカット前重量はSで114g、Xで120g、TXは126gである。DGのカット前重量がS200で129gなので、Xなら約9g、TXでも約3g軽いことになる。

またシャフトのButt径は、15.24mmと一般的な太さであり、NS950のように太くはないのでグリップ選びの際は要注意である。

Modus3はS→X→TXという順に硬くなるのだが、SはNS950からのステップアップにちょうどよい固さ、重さのスペックである。5Iの振動数は305程度で出ることが多く、SよりもRに近いイメージ。

XはDGのS200よりも、重量で約10g、振動数も10ほど低くなるモデルである。

よって、DGのS200がちょっとキツイと思っている人には、このXがちょうどよい硬度となる。

アンダースペックに感じた場合には硬い方への番手ずらしという選択肢もあるだろう。

TXはDGのS200より硬くなる点と、つくばエクスプレスではない点に注意されたい。



なお日本シャフト社の商品は、DGの製造元であるTRUETEMPER社のものよりも、製品精度が高い。
一番解りやすい違いは検品方法。日本シャフト社は、特殊な機械を使うのに対し、TRUETEMPER社は肉眼で確認している。

良心的な工房であれば精度の悪いシャフトは返品するのだが、中にはそのまま組んでしまう店もあるかもしれない。

ましてや量販店の吊るしやワゴンセールのクラブのシャフト精度は推して知るべしだろう。


そもそもDGは、プロ向けの精度が高い「ツアーイシュー」をラインナップしている時点で、「普通のDGの製品精度は低いです」と公言しているに等しい。


それでも多くのゴルファーに長く愛用されているのは、独特の手元調子でありプロ好みの低く抑えた弾が打ちやすい点と、似た特性(重量、しなり)のシャフトがない、つまり他に乗り換える選択肢がなかったためとも言われている。

その対抗馬として、modus3が登場したのだ。


実際にmodus3を打ってみても手元側に適度なしなりを感じ、DGよりは捕まりもよく、少しだけ弾道が高くなる。

特に苦手だった5Iにこの違いを顕著に感じられた。

安定した飛びを期待できる、コントロール性能に優れたシャフトといえよう。
中・重量級のシャフトを検討している方には、個人的には強く推奨できる逸品である。



シャフトへのこだわりのトドメとして、スパイン調整を依頼をした。

スパインについては、こちらのサイトが詳しいので参考にされたい。

ゴルフクラブ数値.com

カーボンシャフトほどではないが、スチールシャフトにもスパインは存在する。
スパイン調整をすることでダウンスイング時のトゥダウンを抑制でき、スイング軌道がブレにくくなるのだ。

スパイン調整で抑制できるトゥダウンは1mm未満らしいが、この1mmが重要なのだ(キリッ)。

なお、毎回のスイングがその都度何センチもズレていることには触れてはいけない。

RCIMG0190 - コピー
シャフトのロゴ方向がバラバラなのは、スパイン調整された証。スパイン調整を知っている同伴プレイヤーに「こいつ上級者か?」というプレッシャーを与えられるかもしれないが、そんな場面は無いだろう。なお、左の2本はエポンではない。(詳細は後日)



~左の2本のウェッジについて書きました!~
謎・不思議(1) ウェッジの謎・不思議

(続き)EPON AF-502アイアン購入記(4)-② グリップ プロアバンセ ロイヤルグリップMWⅡ

(目次一覧)EPON AF-502アイアン購入記 目次 
(検索用)エポンゴルフ ブログ 遠藤製作所 エポン MODUS3 モーダス3 スパイン調整 試打 感想 比較 口コミ クチコミ 評価 評判

ポチっと応援よろしくね!




ゴルフ場予約は楽天GORAで!
関連記事

月別アーカイブ
最新記事
ポチっと応援よろしくです!
プロフィール

TOMO

Author:TOMO
ゴルフ業界とは無関係なサラリーマンゴルファーです。
よろしくお願いします(^^)ノ
【居住地】 埼玉県さいたま市
【出身地】 石川県金沢市
【年齢】 35歳(1980年生まれ)

Twitter(ツイッター)
アメブロの「なう」みたいに使ってみます
タグ

評価・評判・口コミ・感想 おすすめ商品 ゴルフコース ☆意外とオススメ記事 東京都の練習場 アイアン 千葉県 23区内の練習場 アコーディア・ゴルフ関連 地元 石川県 AF-502 金沢市 EPON(エポン) 遠藤製作所(エポンゴルフ) 購入記 筋トレ・飛距離アップ・ダイエット ゴルフ業界・ニュースの考察 ☆マニア向け記事 千葉県のゴルフ場 実測100ヤード以上の練習場 PGM オススメ度5つ◆の練習場 ゴルフの小物・アクセサリー 正月 実測150ヤード以上の練習場 シャフト コンペの賞品(景品)にお薦め YUPITERU(ユピテル) ヘッドスピード測定器 TOB 痛い 埼玉県の練習場 実測200ヤード以上の練習場 HS計測器 アルバトロスビュー 2ピースレンジボール採用のゴルフ練習場 ゴルフ社会学 タイトリスト(TITLEIST) バリウムと胃カメラ 食べログ 人間ドック 足裏マッサージ・足ツボマッサージ 東京都港区 アクアライン 六本木ヒルズクリニック ゴルフコンペ 会社の人とのラウンド ドクターフット(Dr.foot) GPSナビ計測器 友人とのラウンド アニメのキャラクターのヘッドカバー GPSゴルフナビ測定器 芸能人が来ると噂の練習場 ゴルフフィールズ(QP) 石川遼 ハイスピードデジタルカメラ 朝日ゴルフ カシオエクシリムFC300S ダイナミックゴールド(DG) 振動数 グリップ イーグルビジョン(EAGLEVISON) スパイン調整 ゴルフのリスクマネジメント ウェッジ ショットナビアドバンス(Shot トラックマン AGN3400 MODUS3(モーダス3) 目黒区の練習場 江東区の練習場 千葉県の練習場 エポン(EPON)のアイアン比較 ゴルフ福袋 石川県の練習場 AF-tour 910F 三浦技研 高津区の練習場 和光市の練習場 カシオ(CASIO)のハイスピードデジカメ 栃木県 プロアバンセ ロイヤルグリップMW ゴルフと麻雀の共通点 東京都のゴルフ場 ゴルフフィールズ(QP) 虎屋(とらや)のホールインワン最中 PING(ピン) 宮里藍 PING(ピン) アイアン選びの5か条 キャディ バイク ブリヂストン 学生時代 東京都 GST-2とGST-3とGST-4 AF-702 PRGR(プロギア) AF-503 オススメ度5つ◆のショートコース 大田区の練習場 本当の飛距離 AF-302 神奈川県の練習場 川崎市の練習場 金沢市の練習場 木更津市のゴルフ練習場 試打 栃木県のゴルフ場 千葉県のショートコース ショートコース ゴルフ練習場の閉鎖 埼玉県のゴルフ場 トリビア コンペの幹事 木更津市 立体で見えやすいボールマーカー フェアウェイウッド(FW) GST-5GとGST-5GLとGST-5WとGST-6Wの違い(比較) QP 軽井沢 千葉ゴルフフェスタ さいたま市南区の練習場 早朝ラウンド 河川敷ゴルフコース ハーフラウンド 大井町 東京都江東区 世田谷区の練習場 神奈川県 長野県 WGSL 調布市の練習場 さいたま市中央区の練習場 タイガー・ウッズ 野田市の練習場 野々市市の練習場 野田市のゴルフ場 品川区の練習場 諸藤正次 墨田区の練習場 GST-2 レッドアイズポケット 石川県のゴルフ場 江戸川区の練習場 新宿区の練習場 北区の練習場 GST-3AとGST-3BとGST-3Gの比較(違い) 港区の練習場 埼玉県 ボールラインマーカー NO1グリップ ゼクシオ 新座市の練習場 福島晃子 練馬区の練習場 所沢市の練習場 Nsプロ950 新潟県 コンペの賞品(景品)にお勧め 松山英樹 長野県のゴルフ場 ゴルフクラシック ふじみ野市の練習場 株主優待 価・評判・口コミ・感想